2015年を振り返って、2016年におもうこと。

皆さま、こんにちは。
今回、初めてコラムを担当させていただきます、はたのえり です。
どうぞよろしくお願いいたします。
今年も残すところあと3日となりました。
2015年は皆さまにとって、どんな1年だったでしょうか。
一番嬉しかったことは何ですか?一番楽しかったことは?びっくりしたこと、一番悲しかったことは?もう、振り返りを終え、来年に意識が向いている方もいらっしゃるかも知れませんね。
私にとって、2015年は、大きな変化の年でした。
その影響か、ここ数日は自分の今まで、を振り返って考える事が多く、多忙な年末を更にややこしいものにしています。
私の今年一番の変化はやはり、カウンセラーとして活動を始めたことです。
ちょうど3年前の今頃、私は真っ暗闇のどん底におりました。
半ばヤケ気味に、それでも勇気を振り絞って、藁をもすがる思いでカウンセリング予約センターに電話をし、勢いで心理学を学び始めました。
この状況を変えたい、何とか変わりたい、その一心で夢中になって突っ走り、たくさんの人に助けてもらった3年間。今年はそれがひとつの形になって、実現した年でした。
もう一つの大きな変化は、40歳になったこと。
自分の意志では全くコントロールできない、時間の経過によってもたらされる変化です。
年齢もですが、卒業、就職など、環境が変わることによって変化せざるを得ないときもありますね。
40歳くらいになったら、こんな女性になっていたいな、と20歳の頃に漠然と描いていた「大人の女性」のイメージに、何となく合っている所もあり、それってどう?と当時の私に思われるであろう、情けない私もあり。でも、当時描いた40歳の私が、いま叶えている現実もいくつかあります。
例えば、おかげさまで子供達も大きくなり、反抗期真っただ中。健やかに成長していること。
当時はどんな仕事をしていたいかもわからず、ただ好きな仕事を楽しくやっていると考えていましたが、今こうして好きなお仕事もできていること。当たり前の毎日が幸せだな、と感じられるようにもなりました。
そう思うと、人はやっぱり、願ったように進んでいくのだな、と思います。
あぁそういえば、辛い事も色々あったけれど、それを乗り越えて幸せに生きている、とか何とか考えていたような気もします。
じゃあ、3年前のどん底も20歳の私の願ったこと、ということになりますね。
“未来の自分のイメージを具体的に持っておくといいですよ。”
カウンセリングや学びの中で、幾度となく、そう教えてもらいました。
人のこころって、願った事を実現するよう、ちゃんと働いてくれるみたいです。
だから、「来年の私は○○をしています。
」「**ができる様になり、誰かの役に立てている幸せを感じながら、充実した毎日を送っています。
」こんな風に、来年の計を立ててみると良いかもしれません。
○○ができたらいいな、とか、○○になったらいいな、ではなく、○○をしています。
と肯定形・現在進行形で自分のこころに言ってあげることがとっても大切です。
できたらいいな、はできないが前提にある言葉なんですね。すると、こころはできない方を理解し、進めていきます。
辛い事があったけど、とくっつけるのもやめておいた方が良いですね(汗)。ちゃんと実現しちゃいますから。
あと3日で年が明けます。
皆さまは、来年、どんな年にしたいですか?今年1年を振り返って、頑張ったこと、できたことをたくさん認め、自分をいっぱいほめてあげたら。
来年に思いをはせてみてください。
もっともっと、ワクワクがいっぱいの、楽しくて充実した1年にしたいな、と私もワクワクしてきました。
カウンセラーとして、41歳の女性として、母として、妻として。他にもいっぱい(笑)。
来年はもっともっと、大きく成長しています。
皆さまの1年が、幸せに包まれ、キラキラ輝く光に満ちた、素敵な1年でありますように。
今年1年、本当にありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。
どうぞ、良いお年をお迎えくださいませ。
はたのえりのプロフィールへ>>>

この記事を書いたカウンセラー

About Author

はたの えり

不倫・浮気問題からの夫婦再生プログラム、自己嫌悪や劣等感からの自己再生のサポートを中心に“変化・進化”を実感できるカウンセリングを提供。 「ひとはみんな、問題を乗り越えていく勇気と、こころの底から笑えるチカラを持っている。お客様の笑顔と未来を信頼し、一緒に歩く」をモットーに活動している。