お問合せカウンセリングサービスって?サイトマップトップページに戻る
 

 

Lecture.130 自立と依存が逆転するとき 〜平準司の「恋愛心理学講座」〜
講師:平準司taira
Keywords
自立と依存 対人関係 熟年離婚 

こんにちは 平です。

すべての対人関係は、自分が「自立的な立場」をとるか、「依存的な立場」をとるかに区別することができます。

たとえば、子ども時代は、親が自立的な立場となって子どもの面倒を見て、子どもは依存的な立場で親と接します。が、弟や妹ができると、そのとき、あなたが何歳であったとしても、弟や妹に対しては自立的になっていきます。

そして、その自立的なやり方は、自分にとって自立的立場の見本である親のようになっていくものです。小さな子どもが、まるでおとうさんかおかあさんになったかのような口調で弟や妹に文句を言ったり、しつけをしようとしたりするわけです。

男女関係でも同じように、惚れられた側が自立的な立場、惚れた側が依存的な立場となります。惚れた弱みとでもいいましょうか、好きになったほうが依存的になってしまうのです。

が、しかし、すべての依存と自立の関係は、いずれ関係性が逆転します。

親子関係でいうと、あれだけ強く、支配的だったり、権威的だったりした親も、いずれ年をとって弱ってきたら、あなたが面倒を見てあげなければいけなくなるわけです。

さらに、足腰が弱り、動けなくなったり、オムツをしたりと、まるで赤ちゃんのように、全面的に介護しなければいけないときがくることもあります。

このように立場が逆転したとき、依存的立場だった人は、自立的立場だった人が自分を扱ってくれたとおりに、その人にお返ししようとします。

つまり、自立的だった人が「依存的だった自分にひどいことをした」という思いがあれば、相手が弱り、自立の座から依存に落ちたとき、「過去の復讐をいま果たしたい」と思います。

逆に、「ほんとうに自分は愛された」という思いが強いと、それだけの愛をお返ししたいと思うわけです。

仏教用語に“因果応報”という言葉がありますが、あなたがしたことは、最後には結局、あなたに返ってくるようなのです。

パートナーシップでも、あなたがパートナーに与えつづけたものは、いずれかならず、形は違うかもしれませんが、あなたに返ってきます。

それは、いますぐではなく、もう少し先の未来かもしれません。

いわゆる熟年離婚とか、定年退職をして退職金をもらった途端に奥さんから離婚を宣言される定年離婚という話を聞くことがありますよね。これもまさにその一例です。

ご主人側にはほとんど問題意識がなく、うまくいっていると思ってきました。しかし、それはひとえに奥さまがご主人に合わせてきたからなのです。

あるいは、ご主人にも多少は自分がワガママだったという自覚があるので、反省とお詫びをこめて、退職金でハワイ旅行をプレゼントしようと考えたりしています。

が、奥さまとしては、それは欲しいけれど、「あなたとは行きたくないわ」、「お詫びもこめて、私のお友だちのぶんの旅費まで出してくれたら好感度アップなんだけどな‥‥」と思ったりしています。

離婚まではいかないにしても、つまり、そんなことぐらいでは、長年の恨みは晴れないわけです。

ご主人にしてみれば、そんなにひどいことをした憶えはありません。自分はただ一生懸命、家族のために働いてきたと思っています。

が、しかし、奥さまの話を十分に聞かずに放っておいたツケを、定年退職後、こんどは自分がほったらかしにされるという形で払う運命にあったとは、まったく気づいていなかったわけです。

奥さまからすれば、「長年、私をひとりぼっちで淋しい思いをさせたあなたは、余生は淋しい思いをして、それがどのような気分か思い知るがいいわ」というわけです。

自立と依存は、いつか必ず逆転する。

だとしたら、いま、自立的な立場にいるあなたは、いつか、あなたがしてもらいたいような方法で、相手のことを徹底的に愛してあげてくださいね。


さて、お読み頂いている「恋愛心理学」で扱っているパートナーシップの秘訣や心の力学は、耳で聞いて頂くことも可能です。

心理学講座音声配信サービス「きくまる」では、私どものいろんな講師の講座やレクチャーを無料試聴頂けます。

私、平も無料で聞いていただける講座をたくさん配信しておりますので、1度ご試聴下さい。

では、次回の恋愛心理学もお楽しみに!!


『九州方面の皆さまへ』
2月22日(水)19時より 平が全く初めて会う皆さんと 交流会を持ちたいということで 2時間の講座をいたします。 平をよく知ってる人も 全く知らない人も堪能して見てくださいね。

ミーツタイラ





kikumaru

毎月15日は「心理学講座音声配信サービスきくまる」新作アップの日です

★☆ここでしか聞けない無料音源リリース中!毎月「7のつく日」にアップ!☆★
2/17に新作UP! みずがきひろみの『愛されて生きる〜与えることは受け取ること〜』

2017年2月の新作リリースは以下の通りです!

平準司「失恋から学ぶ」
平準司「自我の崩壊」
原裕輝「恋愛のカウンセリング」
大門昌代「 自分を好きになることの大切さ〜すべての問題をクリアにするために〜」
みずがきひろみ「セクシャリティ」

心理学講座音声配信サービス・きくまる」を、是非チェックしてみてくださいね♪


この心理学講座をメールマガジン『まぐまぐ』で購読しませんか?
(マガジンID:0000100067) サンプルはこちら

※土曜更新・「平準司の恋愛心理学講座」はメールマガジン配信されずWEBのみでご覧いただけます。何卒ご了承ください。

◆購読
◆解除
Powered by
まぐまぐトップページへ

●すぐに役立つ心理学が「耳」で聴けます!
  >>>心理学講座音声配信サービス きくまる

当社のカウンセラーが各種講座で話したレクチャーの内容を録音。
講座の臨場感そのままに、時には笑え、または、胸がじーんと熱くなり、なるほど!と目からうろこが落ちる話が満載!

ダウンロードサービス きくまる

●カウンセリングを使ってみませんか?(初回無料電話カウンセリング/面談カウンセリング/電話カウンセリング有料コース)

カウンセリング予約センター>>>
   06-6190-5131 (受付時間:12:00-20:30/月曜定休。月曜祝日の場合は翌火曜日)

無料カウンセリングのご案内・・・80名以上のプロカウンセラーとの初回無料電話カウンセリング!
面談カウンセリング、電話カウンセリングセットコースのご案内
カウンセリングルーム(東京/大阪/名古屋/福岡/高崎/前橋)のご案内

●心理学講座をライブで体験!!(心理学ワークショップ)
心理学ワークショップ(東京/大阪/名古屋/福岡)で毎月開催中!
心理学ワークショップ

●取材・執筆・講演・研修・企画などのご依頼・ご相談は・・・
TEL:06-6190-5611/ FAX:06-6190-5612 / E-Mail(お問合せフォーム) よりお願いします。
※過去の雑誌・テレビ・ラジオ・講演会などの実績につきましては「会社案内ページ」にて紹介しています。
私達がお役に立てることがございましたら、ぜひ、ご相談下さい!

●リンクフリーですが、記事の無断転載を禁止します。

 

 

>心理学講座の目次へ戻る<


■ カウンセリングサービス ■
カウンセリング予約センターTEL:06-6190-5131 / 06-6190-5613 :: TEL 06-6190-5611 :: FAX 06-6190-5612
〒153-0041 東京都目黒区駒場4-6-8 : :〒564-0063 大阪府吹田市江坂町1-23-17-602(郵便物はこちらへ)
電話>月曜定休12:00〜20:30 :: FAX / E-Mail>無休24時間受付  collaborated by 神戸メンタルサービス(資) & カウンセラー養成スクール