お問合せカウンセリングサービスって?サイトマップトップページに戻る
 


私たちが新たな価値感を身につけ、新たな自分に変化していくときに、頑固な自分がその変化を拒むことがよくあります。時にはきつく、甘い言葉で誘惑してあなたが新しい世界に飛び込めないようにブロックするんです。
そんな頑固さは多く心の傷が生み出すものであり、あなたの身近な人の影響を受けて生まれます。これ以上傷つかないように、自分を守るために存在しており、したがって頑固さを手放すことは、とても弱くなるような、無防備な気がして怖いのです。
そんな頑固さを手放して、柔軟さや自由を手に入れ、あなたがより生き易くするためのサポートをお話ししていきたいと思います。
例えば、あなたの心の中にいるインナーチャイルドを癒して笑顔を取り戻すアプローチや、負けを認めることで無理な力を抜くこと、、ごめんなさい、や、ありがとう、のコミュニケーションにより柔らかさを受け取る方法などをご紹介しています。
どうぞ、お楽しみに!

Keywords;頑固さ 自由 柔軟性 心の痛み 防衛

Lecture.636-1

頑固な私を手放す方法(1)〜頑固である理由と目的〜

講師:根本裕幸
問題が起こるのは新しい自分への成長が促されるとき。しかし、私たちの中には古い自分に執着している部分があって、それが頑固さです。その頑固さは私たちに様々な甘い誘惑やら叱咤を送って来て、頑なに変化を拒みます。しかし、なぜそんな部分が必要かと言うと過去の痛みから自分を守るためです。そして、この痛みを手放せると、頑固さは和らぎ、柔軟性や自由を得ることができるのです。
Keywords
頑固さ 変化への怖れ 否定 正義感 柔軟性

あなたの身に何らかの問題が起こるということは「今までの自分を変えましょう。新たな自分にステップアップしましょう」という意味です。
中学生になったら、ランドセルを背負わないように、自分に必要がなくなったものを手放し、新たなものを受け取る、その境目に「問題」がやってくるんですね。

ところが、そうした自分の成長に抵抗を示す奴が私たちの心の中には存在しているんですね。
それが「頑固な私」、通称、ガンコちゃんです。

ガンコちゃんはあなたの変化を頑なに拒みます。それどころか、様々な甘いセリフであなたを誘惑するのです。

「今の方がずっと楽だよ」
「今までもちゃんとやってきたじゃないか。わざわざ苦労することないって」
「今のままの自分でいいって言うじゃないか」

特に新しい価値観がやってきたときには全力で否定したりします。

「だまされてるんじゃないの?」
「大変だよ」
「ダメダメそんなことしちゃ」
「今までも信用して痛い目に合ってきたじゃないか」

そうすると、あなたの中で新しい価値観や方向性と、古いものが激突します。
それが「葛藤」と呼ばれるもの。

ところがガンコちゃんも何も悪さをしようとしているわけではなく、必要があってそこにいるのです。
頑固になることで何かを守っているのです。
その多くは生々しい傷跡です。これ以上傷つかないように、これ以上辛い思いをしないように、と自分を守ってくれているのです。
もし新しい自分に変化してうまく行かなかったら、また傷ついてしまう、と思い、自分を守ってくれているわけですね。

ガンコちゃんはそんな警備隊なわけですから、いなくなっては困る、というのが、もう一人のあなたの主張です。
だから、ガンコちゃんを手放すことに私たちは恐怖心を感じることも少なくないでしょう。

また、ガンコちゃんは時に「正義感」「正しさ」「きちんとした」「しっかりした」「信頼できる」「大人である」「信念がある」「まっすぐな」と言った“長所”として露見することがあります。

「自分は曲がったことが嫌い。間違ったことをしている人を見ると本当にむかつく」

これ、とてもいい人、正義感のあるまっすぐな人を表していると思います。
でも、見方を変えると、このセリフの中にとても頑固な人物像も見えてきませんか?
だとすると、ガンコちゃんを手放すのって、長所を無くすような気もするんです。

※ガンコちゃんの中に正義感がある、ということで、正義感がある人が必ずしもガンコちゃんではありません。

実際はガンコちゃんを手放すと、柔軟性が増します。

「自分は曲がったことは嫌いだし、むかつくこともあるけれど、それなりの事情があるんだろうと思う。」

なんて思いに変わっていくのです。

今回は、あなたの成長を阻む、そんなガンコちゃんと上手に付き合い、手放していく方法を考えていきたいと思います。

>>>『理想の自分と今の自分〜完璧主義が作るルール〜』につづく


関連する講座へのリンク集

59.変われない私〜頑固さとコミットメントの心理学〜
163.不信感の目的と信頼の力〜役に立たなくなった防衛機能は、もういらない〜
329-3.幸せを引き寄せる4つの力(3)〜解釈力〜

この心理学講座をメールマガジン『まぐまぐ』で購読しませんか? (マガジンID:0000100067) サンプルはこちら
◆購読
◆解除
Powered by
まぐまぐトップページへ

●すぐに役立つ心理学が「耳」で聴けます!>>>心理学講座音声配信サービス きくまる
当社のカウンセラーが各種講座で話したレクチャーの内容を録音。
講座の臨場感そのままに、時には笑え、または、胸がじーんと熱くなり、なるほど!と目からうろこが落ちる話が満載!

ダウンロードサービス きくまる

●カウンセリングを使ってみませんか?(初回無料電話カウンセリング/面談カウンセリング/電話カウンセリング有料コース)

カウンセリング予約センター>>>
   06-6190-5131 (受付時間:12:00-20:30/月曜定休。月曜祝日の場合は翌火曜日)

無料カウンセリングのご案内・・・90名以上のプロカウンセラーとの初回無料電話カウンセリング!
面談カウンセリング、電話カウンセリングセットコースのご案内
カウンセリングルーム(東京/大阪/名古屋/福岡/高崎/前橋)のご案内

●心理学講座をライブで体験!!(心理学ワークショップ)
弊社人気カウンセラーが講師として登場!心理学ワークショップは、東京/大阪/名古屋/福岡で毎月開催中!
心理学ワークショップ

●取材・執筆・講演・研修・企画などのご依頼・ご相談は・・・
TEL:06-6190-5611/ FAX:06-6190-5612 / E-Mail(お問合せフォーム) よりお願いします。
※過去の雑誌・テレビ・ラジオ・講演会などの実績につきましては「会社案内ページ」にて紹介しています。
私達がお役に立てることがございましたら、ぜひ、ご相談下さい!

●リンクフリーですが、記事の無断転載を禁止します。

 

>心理学講座の目次へ戻る<

■ カウンセリングサービス ■
カウンセリング予約センターTEL:06-6190-5131 / 06-6190-5613 :: TEL 06-6190-5611 :: FAX 06-6190-5612
〒153-0041 東京都目黒区駒場4-6-8 : : 〒564-0063 大阪府吹田市江坂町1-23-17-602(郵便物はこちらへ)
電話>月曜定休12:00〜20:30 :: FAX / E-Mail>無休24時間受付  collaborated by 神戸メンタルサービス(資) & カウンセラー養成スクール