お問合せカウンセリングサービスって?サイトマップトップページに戻る
 
Lecture.604

コミュニケーションの基盤を作ろう〜押しつけられる関係性からの脱却〜

講師:宮本恵
パートナーとの関係で、相手の意見を押しつけられたり、自分の考えが認められなかったりするとき、私たちは寂しさや怒りを感じるものです。実は、押しつける側にも、いろんな心模様があるんです。それは、以外にも自分の考えが認められないと感じている私たちと同じであることも多いんです。そういった意外な心の共通点から、押しつけられる関係性から脱却して、お互いを尊重できる関係性へ移行するヒントをお届けします。
Keywords
感情 伝える コミュニケーション 認める 与える

◎リクエストを頂きました◎
===================================
いつも心理学講座を楽しく拝見しております。
彼と私との価値観や考え方の違いをよく感じる様になりました。出来るだけ伝えたい事は伝えているつもりですが、結局相手の意見を押し付けられ、私の考えを認めてくれていない気がして最近は何もやる気がなくなってきました。
価値観の違いについて、お互いストレスなく歩み寄れる方法や、自分の意見を押し付けてくる人に対する対処法を教えていただけたら嬉しいです。
===================================

リクエストいただき、ありがとうございます。
パートナーとの関係の中で、相手の意見を押しつけられたり、自分の考えを認めてくれない感じがしたりすると、悲しさや寂しさ、時には怒りを感じますよね。これらの感情は、他の誰よりも自分を理解して欲しいパートナーだからこそ、より強く感じる感情や思いなのかもしれません。
今日は、パートナーと歩み寄るためのヒントをお届けしたいと思います。

■ 違いがあることにOKを出して見よう。

「今までは、彼といつも意見が合っていたのに、最近は、価値観や考え方に違いを感じることが多いなぁ…。
  私たち、相性が合わないのかしら??」
なんて、感じることはありませんか?
パートナーとの関係性が深まっていくとお互いの意見が表に出やすくなってきます。
それは、あなたと彼の関係性の中で、「本来の自分を出しても良い(大丈夫)」という許可が出てきたからこその状況なんですよね。それは、2人の関係性の中で信頼関係が築かれた証しでもあります。

しかし、私たちは“違い”を感じるとき、「どちらかが“○”で、どちらかが“×”」という見方をしてしまうことがあります。
彼から意見を押しつけられ、認めてくれていないと感じるとき、どこかで自分に×印をつけているところがあるのかもしれませんね。
「どちらかが“○”で、どちらかが“×”」といった見方があると、あなたと彼との中にあるお互いの違いを認めることが出来なくなってしまいます。
そうすると、「彼を認めると私が認められない。」,「私を認めると彼を認められない」といった状況が出来てしまい、どちらかを責めてしまう形が常になり、心が苦しくなってしまいます。
ここでは、「あなたもOK,私もOK。」というどちらにもOKを出せる状況を目指すことが効果的です。
言い換えれば、違いがあることにOKを出すということであり、違いがあることをOKすることで、彼とあなたの双方にOK出しやすくなります。

自分が否定される、責められると感じていたら、相手の気持ちを聴こうとしたり、自分のことを話そうとしたりする気にはなれません。
まずは、双方の違いにOKを出すところから、コミュニケーションする基盤が作られます。

■ 実は同じ気持ちを感じている!?〜押しつける人の心理〜

彼があなたに意見を押しつけるとき、彼の心にはどんな気持ちが存在していると思いますか?
人が自分の意見を押しつける場合の多くは、(それらの思いを持っていることを自覚しているかどうかは別として、)自分の意見を周りの人から聴いてもらえない、認めてもらえない、分かってもらえないという気持ちが存在します。
それらの気持ちは、必ずしも2人の関係性から生まれたものとは限らず、従来の人間関係や環境から作られた思いであることもあります。
自分の意見を聞いてもらえない、認めてもらえない、分かってもらえないと感じているときに自分意見を通す手段として、押しつけや強引さという形に出ます。逆を言えば、自分の意見が通るとは到底思えていないということなんです。
ですから、彼とあなたとの関係の中で、表面上に現れているお互いの態度は違っていても、「自分の考えを認めてもらえない」といった同じ思いを持っているのです。

もし、彼が自分の意見を聞いてもらえることや認めてもらえること、分かってもらえることが心のどこかで知っていたとしたら、彼もあなたや周りの人に自分の意見を押しつけたり、強引に話を進めたりする必要がなくなり、違った形でのコミュニケーションが出来るようになります。

■ 欲しいものをパートナーに与えてみよう

態度は違えど、同じ気持ちを持っている彼とあなたが欲しいものも同じであることが多いです。
あなたが「認めてもらえない」「分かってもらえない」「私の意見を聞いてもらえない」と感じているとしたら、あなたが彼から欲しいものは何でしょうか?

話を聞いてもらうこと?
寄り添ってもらうこと?
理解いしてもらうこと?
認めてもらうこと?…etc。

きっと、他にもいろいろありますよね?
まずは、あなたの中に思い浮かんだものを彼に与えてみましょう。
そして、彼の中にある「認めてもらえない」「分かってもらえない」「自分の意見が聴いてもらえない」が昇華された分だけ、押しつける要素が減っていきますし、あなたを受け入れる心のゆとりも出来ていきます。

(完)

関連する講座へのリンク集
30.お話をすることの大事さ
60.コミュニケーションの基本(その1)
61.コミュニケーションの基本(その2)
64.コミュニケーションの基本(最終回)
この心理学講座をメールマガジン『まぐまぐ』で購読しませんか? (マガジンID:0000100067) サンプルはこちら
◆購読
◆解除
Powered by
まぐまぐトップページへ

●すぐに役立つ心理学が「耳」で聴けます!>>>心理学講座音声配信サービス きくまる
当社のカウンセラーが各種講座で話したレクチャーの内容を録音。
講座の臨場感そのままに、時には笑え、または、胸がじーんと熱くなり、なるほど!と目からうろこが落ちる話が満載!

ダウンロードサービス きくまる

●カウンセリングを使ってみませんか?(初回無料電話カウンセリング/面談カウンセリング/電話カウンセリング有料コース)

カウンセリング予約センター>>>
   06-6190-5131 (受付時間:12:00-20:30/月曜定休。月曜祝日の場合は翌火曜日)

無料カウンセリングのご案内・・・90名以上のプロカウンセラーとの初回無料電話カウンセリング!
面談カウンセリング、電話カウンセリングセットコースのご案内
カウンセリングルーム(東京/大阪/名古屋/福岡/高崎/前橋)のご案内

●心理学講座をライブで体験!!(心理学ワークショップ)
弊社人気カウンセラーが講師として登場!心理学ワークショップは、東京/大阪/名古屋/福岡で毎月開催中!
心理学ワークショップ

●取材・執筆・講演・研修・企画などのご依頼・ご相談は・・・
TEL:06-6190-5611/ FAX:06-6190-5612 / E-Mail(お問合せフォーム) よりお願いします。
※過去の雑誌・テレビ・ラジオ・講演会などの実績につきましては「会社案内ページ」にて紹介しています。
私達がお役に立てることがございましたら、ぜひ、ご相談下さい!

●リンクフリーですが、記事の無断転載を禁止します。

 

>心理学講座の目次へ戻る<

■ カウンセリングサービス ■
カウンセリング予約センターTEL:06-6190-5131 / 06-6190-5613 :: TEL 06-6190-5611 :: FAX 06-6190-5612
〒153-0041 東京都目黒区駒場4-6-8 : : 〒564-0063 大阪府吹田市江坂町1-23-17-602(郵便物はこちらへ)
電話>月曜定休12:00〜20:30 :: FAX / E-Mail>無休24時間受付  collaborated by 神戸メンタルサービス(資) & カウンセラー養成スクール