傷ついた女性性と男性性を癒すにはどうしたらいいですか?

相談者名
アラクネ
私は生まれてすぐに父親がいません。
母の親(祖母)も離婚して母子家庭でした。
その祖母が再婚して連れてきた男性(以降Aとします)が、母に手を出しました。
もともと母と祖母は仲が良くなかったので、Aさんを取り合う形でさらに母と祖母の関係が悪くなりました。
母はAさんの子を妊娠しました。
Aさんは母が妊娠したので、当時小学2年の私に手を出してきました。
それから10年性的虐待を受け続けてきました。
その家庭環境で過ごしてきたので恋愛だったり仕事、人間関係がうまくいかないことも多々ありましたが、耐えて今まで生きてきました。
お陰様で結婚して子どももいます。
ですが最近になってずっと蓋をしてたツケが回ってきたようで、生きづらいです。
自己肯定感が低いので高めるようなワークをしたり、罪悪感をなくすようにいろんな事をしてみましたが、何か満たされないです。
女性性を傷つけられて、男性性も傷ついて、生きる事も死ぬ事も喜ぶ事も悲しい事も、もう何もしたくないです。
無になりたいと願うほど涙が出ます。
何もしない事は不可能なので、どうしていいのか、どうしたらこの憂いが晴れるのか、何をしたらいいのか、わかりません。
教えてください。
カウンセラー
高塚早苗
アラクネさん、こんにちは。
今回アラクネさんのご相談を、担当させていただきます、高塚早苗です。
どうぞよろしくお願いします。
 

アラクネさんは、傷ついた女性性と男性性を、癒すにはどうしたら良いのか、どうしたらこの憂いが晴れるのか、何をしたらいいのか、お悩みなのですね。
 

アラクネさんは、とても愛情深く、お優しい方だと私は思います。

辛い経験があった時、人は自分を責めるか、他者を責めるか、どちらかになりますが、多くの場合、他者を責める気持ちが、勝ってしまうのですが、アラクネさんは、誰も責めていません。
そこがとても愛情深い女性だと、私は思うのです。

>> ですが最近になってずっと蓋をしてきたツケが回ってきたようで、生きづらいです。

アラクネさんは、蓋をしていたツケが回ってきたと、思っているかもしれませんが、心理学的にはそうではありません。

今まで、耐えてきた気持ち(感情の蓋)が開いて、やっと自分自身を大切にしようと、思えるようになった状態が、考えられます。

それは何故か?
ご結婚された事で、アラクネさんにとって、安心を感じられる環境が出来たと、捉えられます。
人は安心を感じられるからこそ、様々な感情、特にネガテイブな感情を、感じられるのです。
生きづらい自分を、感じられるようになったと思っていいかもしれません。

人は悲しみが、深すぎると、出来事をまるで他人事のようにしてしまうか、ネガテイブな感情を感じたくないが故に、その出来事を無きものにしがちです。

ただ、感情を無きものにしても、その感情が無くなる事はなく、心の奥底にたまっていくだけです。
その出来事に対して、向き合えるだけの心の準備が出来たら、感情を感じる事が、出来るのです。
今、正にアラクネさんは、その状態が起きているのです。

お辛いかもしれませんが、その出来事に対して、心が癒されていくチャンスと思ってもいいと思います。
 

>> 自己肯定感が低いので高めるようなワークをし、罪悪感をなくすようにいろんな事をしてみましたが、何か満たされないです。
>> 女性性を傷つけられて、男性性も傷ついて、生きる事も死ぬ事も喜ぶ事も悲しい事も、もう何もしたくないです。
>> 無になりたいと願うほど涙が出ます。

満たされない思いがある、生きる事、死ぬ事、喜ぶ事、悲しい事をしたくないなど、これはアラクネさんが、素直な感情を感じている状態です。

やっと自分の気持ちを自分で感じ、自分の人生を選択していいと思えているのです。
自分の気持ちの自覚があるのなら、そう思う自分がいるのよねと、難しいかもしれませんが、自分を許そうと思ってみて下さい。
アラクネさんは、きちんと自分が何を感じているのか、わかっている、この状態がとても大事なのです。

自分の気持ちがわかるからこそ、ポジティブな気持ちにもシフトする事が出来るのです。

ネガテイブな気持ちは無視せずに、でもどうにかしたい自分がいるのよね、そういう自分を許そう!大目に見ていこうと、意識してみて下さいね。
 

>> 何もしない事は不可能なので、どうしていいのか、どうしたらこの憂いが晴れるのか、何をしたらいいのか、わかりません。
>> 教えてください。

アラクネさんに質問しますね。

自己肯定感を高めるワークや、罪悪感を無くすようにしてきたのはどれくらい前からでしょうか?
やり始めた頃、もしくはやり始める前の自分と、今日現在の自分を比べてみてほしいのです。
昨日の自分と今日の自分を比較しても、変化がないように思いますし、満たされない思いも出てくるかなと思います。
ただ、数か月前、数年前、のアラクネさんと、今日のアラクネさんは違うのではないでしょうか?
 

憂いを晴らす為には、出来ていない自分探しではなく、出来ている自分探しをする事をお勧めします。
もしくは、人に優しくしてもらった、出来事探しでも構いません。
それは、些細な事でかまいません。

朝起きて、「おはよう」と家族に言えている自分がいる、それだけでも素晴らしい自分なのです。
挨拶が出来ている自分は素晴らしいのです。

家族を承認する事を、されてもいいと思います。
ご主人さんが、家事を手伝ってくれたら「〇〇を手伝ってくれてありがとう!とても助かった!」と感謝と告げてもいいと思います。
お子さん、ご主人にたいする感謝の気持ちを、言葉にどんどん出していく事もいいと思います。
「ありがとう!」は魔法の言葉ですよ!

挫けても、何度でも何度でも、気持ちの仕切り直しをして行きましょう!
 

アラクネさんが、少しでも心が軽くなり、穏やかな気持ちになれます事、お祈りしております。

この記事を書いたカウンセラー

About Author

高塚 早苗

恋愛、人間関係全般のカウンセリングを得意とし、安心感と受容をクライアントに常に提供し、何でも話せると好評。より楽に心が軽くなるカウンセリング。感受性が高くクライアント本来の輝きを導き出すことも得意。カウンセリング信条は「諦めなければ願いは必ず叶う」である。