◇やりたいことをやってみよう

 自分のやりたいことよりも、やらねばならないことが増えてきて自分を縛り
 付けてしまう。そんなことはありませんか?
 やらねばならないことをやる、このこと自体はお仕事をバリバリできたり、
 何事もテキパキ処理できたりとすばらしいことです。
 でも、やらねばならないことが増えすぎると時おり、窮屈な感じがして
 きます。
情熱的になれず、義務と役割で動いてる感じも・・・
 
 義務と役割にはまってしまうと、心が持っている情熱的なエネルギーや
 活き活きさがしおれてて元気が無くなってきます。
 水分が足りずしおれかけたお花のようなに心もしおれてきます。
 
 そんな時、僕たちは自分のやりたいことを忘れがちになってしまいます。
 やらねばならないことに追われて、自分のやりたいことをほったらかしに
 なっています。
 
 そんな時は、しおれかけたお花にお水をあげて生き返らせるように、
 あなたの心にもお水をあげてみましょう。
 あなたのやりたいこと、してみたいことを思い出してみましょう。
 あなたのやりたいこと、してみたいことをしてみましょう。
 心がもともと持っていた活き活きとしたエネルギをよみがえらせて
 みましょう。
 
 心にみずみずさを取り戻せば、もっともっと輝けるはず。
 心の花を綺麗に咲かせてあげましょうね。
 by 原裕輝

この記事を書いたカウンセラー

About Author

原 裕輝

若年層から熟年層まで、幅広い層に支持されている、人気カウンセラー。 家族関係、恋愛、結婚、離婚、職場関係の問題などの対人関係の分野に高い支持を得る。 東京・名古屋・大阪・福岡の各地でカウンセリングや心理学ワークショップを開催。また、カウンセラー育成のトレーナーもしている。