◇育むということ

4〜5年前、僕が右も左も知らない駆け出しだった当時、カウンセリングの先
生に僕は、
「お前は、絶っっっ対に、太る!!!」
と宣告されたことがあります。
自らの体験をともなったっぽい見解と確信に満ちたその迫力は有無を言わさぬ
ものがあり、当時の僕には権威をもって耳に響いてきたものです。
なんでそう思うんだろうとか、そういった深いことは考えずに生きてきたので
すが、カウンセラーとして活動させていただくようになり、最近、このことは
僕がカウンセラーである限りあり続ける問題なんだなぁ、という認識はできる
ようになりました。
というのも、気を抜くと太っちゃうんですよね…。
カウンセラーになる前は、こんなにひどくはなかったのですが。
まぁそれはそれとして、この現状をどうしてゆこうかと考えるわけです。
ダイ
エット、食事制限、運動などなど、いろいろな方法はあることと思います。
そんな時、ふと思ったんです。
贅肉になる分を筋肉にすればいいんじゃないか、と。
というわけで最近、筋トレをしています。
この時期に偶然知り合いから重さを変えられるダンベルをもらったりと、今の
ところ良い感じです。
ただ、筋肉が付くと以前よりお腹がすくような気がする
のですが…、きっと気のせいでしょう、いやそう思いたい(笑)。

この記事を書いたカウンセラー

About Author

高橋 大

自己イメージの変革・男女関係・人生の目的 を探す、などの分野を得意とする。 心の力学をわかりやすく説明する理性的な側面と、多くの臨床経験を通して培った直感的な把握能力をもってするカウンセリングに定評がある。 長期的な支持を受けることも多く、長い目で見守るスタンスを重視している。