お問合せカウンセリングサービスって?サイトマップトップページに戻る
 
Lecture.751-3

夫婦におけるセックスレスの男心(3)〜女性の思い以上に傷ついてしまう「男心」〜

講師:池尾昌紀

「妻にセックスを求められなくなってしまう男心」のひとつは「妻が母になって、女性と思えなくなる」夫の心理があります。しかし、そこには「妻自身が母モード」になって女性を感じられなくなる背景もあります。「母モード」の女性はセックスに意識が向きにくいため、求めてくる夫を受け入れならない場合も多い。すると、妻の感覚以上に、夫は「拒絶された」と傷ついてしまうことも多いのです。

Keywords
セックスレス 男性心理・女性心理 良妻賢母 コミュニケーション 絆 

「妻にセックスを求められなくなってしまう男心」の代表的なものは、以下の3つのケース

(1)育児中に放ったらかしにされたと「拗ねる」ケース
(2)母になった妻を「女性」と見られなくなるケース

(3)セックスを妻から拒絶された痛みから「拗ねる」ケース

前回に引き続き、今回は(2)と(3)についてお話ししていきます。


(2)母になった妻を「女性」と見られなくなる

育児中の女性は「母モード」です。

赤ちゃんに授乳をする、オムツを替える、抱っこするなど、目にする行動も母そのもの。

すると、夫も妻のことを「女性」というより「母」として認識することになります。

また、育児中の女性は本当に余裕がありませんから、服も化粧も後回しのなりがち。

こうした積み重ねは、夫が妻を「女性」ではなく「母」としてしか見られなくなる状況を作ります。

でも、これは、夫だけの視点ではありません。
女性も、自分のことを「妻」として、ではなく「母」として、認識していきます。

妻も、夫も、どちらもが「母」として認識していることが、妻を母にしていきます。

これが積み重なっていくと「妻=母」の図式が、お互いの意識の中で定着してしていきます。

「母」とセックスは対極なもの。

この感覚が、セックスは遠ざかってしまうことになる場合もあるのです。


(3)セックスを妻から拒絶された痛みから「拗ねる」男性

「放っておかれた寂しさ」から、夫が妻を受け入れられなくなるというお話を(1)で書かせていただきました。

同じように「妻からセックスを拒絶された痛み」があると、夫が妻を受け入れられない心理を作ります。

育児中の妻が、夫からセックスを求められても、受け入れられない。
これはある意味、自然なことです。
まず、身体が「母モード」ですから、セックスをしたいと思いにくい。

そして、心も「母モード」ですから、セックスをする気分になりにくい。

妻としては、自然なことなんです。

ところが、夫は違う。

それは(1)でも書かせていただいたように「子どもを産んでない」から、子どもが産まれる前と産まれた後に、身体も心も変化していないのです。

すると、妻にセックスを断られた時、頭では分かっていても「拒絶された」と感じます。

また、男性にとって「セックス」は「感情を解放していくれる行為」であることも多い。
男性は基本的に「感情を感じるのが苦手」な生き物です。

「男は泣くもんじゃない」と言われることが象徴しているように、「感情を出すことは男性として良くないこと」という思い込みがあります。

すると「セックス」の時だけは「感情を感じられる」ために、「感情を解放する行為」として、セックスを強く求めてしまうことも多いんですね。

期待が大きい分だけ、妻にセックスを断られたとき、「拒絶された」と感じます。

傷ついてしまうわけですね。

この「拒絶された」体験が積み重なると「もう、二度と傷つきたくない」と思います。
すると人の心は無意識に「二度と気づかない方法」を見つけていきます。

それは、「相手に近づかない」こと。

そんな風に、夫の気持ちが頑なになっていくことに、妻は気づきません。
なぜなら「育児は大変」だからです。

夫の気持ちを察する余裕がないのです。

そして、育児が一段落して、夫に気持ちを向けていった時には、夫の心は閉ざされている。

夫にしてみれば、ずっと自分は我慢してきたので「今更なんだ!」という気持ちになっています。

こうした心のすれ違いがセックスレスの原因になっていることも多いのです。

>>>『夫婦におけるセックスレスの男心(4)〜産まれた命の「守り方」が違うだけだとしたら〜』へ続く


関連する講座へのリンク集
21.セックスレスの心理
102.セックスレスの心理2〜仲はいいのになぜ?〜
751-1.夫婦におけるセックスレスの男心(1)〜夫がセックスレスになる3つのケース〜
751-2.夫婦におけるセックスレスの男心(2)〜育児中に孤独になる夫の心理〜
この心理学講座をメールマガジン『まぐまぐ』で購読しませんか? (マガジンID:0000100067) サンプルはこちら
◆購読
◆解除
Powered by
まぐまぐトップページへ

●すぐに役立つ心理学が「耳」で聴けます!>>>心理学講座音声配信サービス きくまる
当社のカウンセラーが各種講座で話したレクチャーの内容を録音。
講座の臨場感そのままに、時には笑え、または、胸がじーんと熱くなり、なるほど!と目からうろこが落ちる話が満載!

ダウンロードサービス きくまる

●カウンセリングを使ってみませんか?(初回無料電話カウンセリング/面談カウンセリング/電話カウンセリング有料コース)

カウンセリング予約センター>>>
   06-6190-5131 (受付時間:12:00-20:30/月曜定休。月曜祝日の場合は翌火曜日)

無料カウンセリングのご案内・・・90名以上のプロカウンセラーとの初回無料電話カウンセリング!
面談カウンセリング、電話カウンセリングセットコースのご案内
カウンセリングルーム(東京/大阪/名古屋/福岡/高崎/前橋)のご案内

●心理学講座をライブで体験!!(心理学ワークショップ)
弊社人気カウンセラーが講師として登場!心理学ワークショップは、東京/大阪/名古屋/福岡で毎月開催中!
心理学ワークショップ

●取材・執筆・講演・研修・企画などのご依頼・ご相談は・・・
TEL:06-6190-5611/ FAX:06-6190-5612 / E-Mail(お問合せフォーム) よりお願いします。
※過去の雑誌・テレビ・ラジオ・講演会などの実績につきましては「会社案内ページ」にて紹介しています。
私達がお役に立てることがございましたら、ぜひ、ご相談下さい!

●リンクフリーですが、記事の無断転載を禁止します。

 

>心理学講座の目次へ戻る<

■ カウンセリングサービス ■
カウンセリング予約センターTEL:06-6190-5131 / 06-6190-5613 :: TEL 06-6190-5611 :: FAX 06-6190-5612
〒153-0041 東京都目黒区駒場4-6-8 : : 〒564-0063 大阪府吹田市江坂町1-23-17-602(郵便物はこちらへ)
電話>月曜定休12:00〜20:30 :: FAX / E-Mail>無休24時間受付  collaborated by 神戸メンタルサービス(資) & カウンセラー養成スクール