仕事を辞めようか

相談者名
はる
仕事を辞めようか迷っています。
カウンセラー
原裕輝
こんにちは、はるさん。
カウンセリングサービスの原 裕輝です。
ご相談ありがとうございます。仕事やめようか迷っていられるですね。はるさんが今辞めたいと思われている状況はどのような状況なのでしょう?やりたい仕事が見つかって今の仕事をやめようか迷われている状況でしょうか?
今の仕事にやりがいを感じられなく辞めたいと思われている状況でしょうか?
介護などの家庭の事情で辞めようかどうか迷っておられる状況でしょうか?
職場の人間関係で嫌な思いをされていてやめようと思っていられる状況でしょうか?どんな状況があり仕事を辞めようと思われているのか、今回投稿いただいたご相談内容からでは詳しくわからない為、今回はカウンセリングで仕事を辞めたいと言うお話を頂いた時に、多々あるケースのことを用いて書かせていただこうかと思います。はるさんの取り巻く状況と違う内容で書いていたとしたらお許しください。
何かの参考になれば幸いです。

仕事を辞めたいとご相談いただいた時に、よくよくお話を聞かせていただいていると、仕事の内容が嫌で辞めたいというのではなく、職場で感じる感情が嫌で辞めたいという内容が多々あります。

職場で感じる感情が嫌で辞めたいという内容の一つで、職場で感じる無価値感や無力感や失敗感という感情を感じるのが辛くて辞めたいというケースがあります。

・自分はこの会社の役に立っていないのじゃないかなどの無価値感を感じる
・自分は人と比べて仕事ができていないんじゃないかと感じる
・チームの迷惑になっている気がする

等々のような、無価値感、無力感、失敗感を感じて辞めたいというケースです。

このような感情はとても辛く、この感情を感じているとしたら会社を辞めたくなってしまうという気持ちはわかる気がします。

しかし、職場で感じている無価値感、無力感、失敗感を癒したり、感じないようにすることで、職場を辞めたい気持ちに変化が訪れるケースも多々あります。

職場で感じている無価値感、無力感、失敗感を人に話を受け止めてもらいながら感情を外に解放してくことで心を癒していったり。

また、話している相手に肯定してもらったり、応援してもらったりすることで自己肯定感を高めていったり。

また、人に肯定してもらいながら、自分なりにがんばったこと、努力したことなどを肯定していけるようにトレーニングをしていき、自分で自分を肯定する力を養っていくのも無価値感、無力感、失敗感を感じない自分になっていくのに大切なポイントになってきます。
これは人に肯定してもらえているという環境があったほうが、自分で自分を肯定をしやすくなると思います。

そうやって、職場で感じている無価値感、無力感、失敗感を癒していきます。

心が癒され、自己肯定感が上がり無価値感、無力感、失敗感を感じなくなっていくと「やっぱり仕事は辞めないでおこうという風に気待ちが変わりました」と気持ちが変化していくというケースがあります。

また、
・職場の上司と折り合いが悪い
・同僚の出世に嫉妬してしまい苦しい
・お局さんが嫌い

等々の職場の人間関係で感じる感情が嫌で辞めたいというケースのお話をお聞きすることもあります。

この場合も職場の人間関係で感じている感情を人に話をして、話を受け止めてもらいながら感情を外に解放してくことで心を癒していったり、また話をしている相手に肯定してもらったり、応援してもらったりしていきながら感情が癒されていくと・・・・

「やっぱり仕事は辞めないでおこうという風に気待ちが変わりました」

と、こちらも気持ちが変化するケースがあります。

はるさんを取り巻く状況が今回は詳しくはわからないのですが、もし仮に職場で感じる感情が嫌で辞めたいと言う気持ちになっている場合であれば、誰かに話をして感情を解放して心を癒していくということを試みてみるのも1つの手かもしれませんね。

何かヒントになることが少しでもあれば幸いです。

ご相談ありがとうございました。

この記事を書いたカウンセラー

About Author

原 裕輝

若年層から熟年層まで、幅広い層に支持されている、人気カウンセラー。 家族関係、恋愛、結婚、離婚、職場関係の問題などの対人関係の分野に高い支持を得る。 東京・名古屋・大阪・福岡の各地でカウンセリングや心理学ワークショップを開催。また、カウンセラー育成のトレーナーもしている。