連絡削除したことをものすごく後悔しています。

相談者名
さっちゃん
2年ほど前の話になりますが、当時私はシドニーにいました。
そして、当時住んでいたアパートで出会った韓国人男性と付き合うことになったのです。
お互い話が弾み、どんな話をしても楽しかったし、相手はたくさん尽くしてくれました。
たとえば、私が仕事をしているときに雨がふったら、私が猫好きであると知った彼は街中でかわいい猫の傘を買い、職場まで届けてくれました。
ほかにも、いつも荷物を持ってくれたり、車道側を彼は歩いてくれたり、ちょこちょこプレゼントをくれたり、いろいろなことをしてくれました。
私はそういう彼のことが大好きでした。
しかし、唯一嫌いだったのが、彼からのLINEメッセージがしつこいことでした。だから、結構メッセージを無視していたりもしていました。
二人の間に喧嘩は一回もなかったのですが、ある日彼は、何の相談もなく「ブリスベンに行く」と言ってきたのです。
そのことがショックだったのかどうか、私は彼の連絡先を衝動的に消してしまいました。
LINEの連絡先しか知らないので、もうお互い連絡がとれない状況です。
しかし、少し時間がたったあとで、当時の楽しかった写真を振り返り、なんであんなことしたんだろうと思うと同時に、まだ自分が彼のことを好きであると気付きました。
だから必死になって、彼と連絡がつかないか考えましたが、無理でした。
それでも、彼のことは毎日考えてしまい、毎日家族にもその話をしています。
「早くいい人を見つけないさい」と周りからは言われるのですが、彼とは本当に気があったので、なかなか彼以上の人に出会えません。出会ったとしても、都合よく相手もこちらを好きになるかなんてわかりません。
最近では、どうやったらタイムスリップすることができるかとか、くだらないことを本気で考えたりします。
あのとき消さなければ、と毎日後悔しています。どうやったら私は気持ちに区切りをつけることができるのでしょうか。
カウンセラー
中村きよの
さっちゃんさん、こんにちは。
今回担当させていただきます中村きよのと申します。
どうぞよろしくお願いします。さっちゃんさんは今、2年ほど前にシドニーにいた頃におつきあいしていた韓国人の彼の事で今お辛い気持ちでいっぱいな状態なんですね。

頂戴いたしましたご相談内容を拝読し、さっちゃんさんが今でもシドニーにいた頃におつきあいしていた彼の事が大好きで、心の中も彼の事でいっぱいという事がとても伝わってきました。

その当時、さっちゃんさんがLINEの連絡先を消した事で、彼との連絡もその時からできなくなり、今でもその時に行った自分自身の行動に対してさっちゃんさんは
その当時のご自身を今でも
『なぜあの時に理由があったとはいえLINEの連絡先を消去してしまったんだろう・・・』
と責めていらっしゃるのかもしれないと、そう感じました。

私たちは多かれ少なかれなのですが、ずっと心の中で我慢してきた事がとある事をきっかけで我慢できなくなり感情を爆発させてしまう、という事があります。

そして、その我慢していた分だけ感情を爆発させてしまった時の瞬間的な大きな行動を取ってしまう事があります。

頂戴いたしましたご相談内容を拝読し、さっちゃんさんは彼とおつきあいしていた時のLINEのやりとりが少々しんどいと感じられていて、その一つ一つのしんどさは小さなものだったのかもしれませんが、急に彼が
「ブリスベンに行く」
と伝えられたときにもしかしたら
『なぜ彼女である私に相談なしに勝手に決めて勝手に行く事を決めたの?』
と寂しい気持ちと悲しい気持ちが生まれ、それがきっかけでずっと蓄積されていたしんどさも重なってのLINEの連絡先消去をされたのかもしれないなと感じました。

そして、さっちゃんさんの心の中でずっと彼に伝えたくて伝えられなかった思いがたくさんあるようにも感じました。

その思いは

ありがとう
とても嬉しい
私とっても幸せなの
ちょっとしんどい
少し怒っている
そして
私寂しいの

等のさっちゃんさんが彼の側にいるときに感じられていたちょっとした想いや感覚、感情だったのかもしれません。

今、さっちゃんさんにお伝えしたい事は、あの当時のさっちゃんさんは彼とのおつきあいを本当に大切にされていて頑張っていたし、彼の事が大好きだったという事を頑張っていた当時のさっちゃんさんをLINEの連絡先を消してしまったさっちゃんさんも含め優しく抱きしめてあげるような想いで受け入れてあげる事なのかなと感じました。

そして、そのシドニーにいた頃のさっちゃんさんを受け入れた後に当時おつきあいしていた彼に『大好き!本当にありがとう!!』とさっちゃんさんの手の中にいる小鳥を空に飛ばす手放すイメージで感謝の気持ちと一緒に彼への想いを一旦飛ばしてみませんか。

想いをそっと手放した後、その想いは空高く飛んでいくかもしれませんし、もちろん空に飛ばした小鳥のようにさっちゃんさんの手元に舞い戻ってくる事もあります。

でも、一旦今の彼への想いを空に返すように手放してみて、そのときに色々と感じる事があると思いますので、そのお気持ちをよろしければ私たちカウンセラーにお伝えいただけませんでしょうか。

今まで彼の事が大好きだった事はさっちゃんさんにとってとても大切な事に違いありません。

だからこそ、そのさっちゃんさんの中にある大切な彼への想いとこれからどのように付き合っていっていくか。

そしてこれからのさっちゃんさんはどのように前を向いて歩いていかれるかの目標を設定するときのお手伝いができればと私たちカウンセラーは思っております。

さっちゃんさんにとって、これから先の未来笑顔でお過ごしになられるための一つのきっかけとなれば幸いです。

この度はご相談いただきましてありがとうございました。

中村きよの

この記事を書いたカウンセラー

About Author

恋愛や仕事などの人間関係を始め、キャリアアップなどのやりたいことを実現するサポートまで幅広いジャンルを扱う。 特に失恋に対するカウンセリングを得意としお客様より好評を得ている。 また自身の両親が障害者であり、家族の介護経験から、心身のハンデキャップに関するサポートも行っている。