いろいろ疲れました

相談者名
あかる
最近、自分さえ良ければみたいな人が多くなったような気がします。
電車でも道路でも自分の行きたい方向を死守し絶対譲らないとか、ポイ捨てとか、唾をその辺に吐いたり、電車で大声で話したり、小さい子を連れているから譲ってもらって当たり前みたいな人を見ると世も末だと思ってしまいます。
人に気を遣えたりする人が馬鹿を見ていると強く感じます。
こうゆう嫌な奴らを見ると「消えてしまえ」と心で叫びます。時に顔も不快感いっぱいの顔をします。
でもそうゆう人って自分が悪いってわかってないから、こっちがまた損をするような思いをして、やり切れません。
そうゆう奴らはどうしてそれをすると相手が嫌な思いをするということが分からないのでしょうか?いくら人それぞれ価値観があるとか受け止め方は色々だと言っても、そしたら際限がありません。私がおかしいのでしょうか?心理学では投影?になりますか?自分が我慢していることちゃんとしていることを目の前でされるのが許せないから私はイライラしているだけなのでしょうか。

ですが、私は家族が相手がどう思うか考えずに、酷い言動を多々してきました。私が外でイライラしている人たちは家族にそんな酷いことはしてない人もたくさんいると思います。そう思うと、他人の前では頑張って気を使って、結局どう思われるかだけを気にしている私より、他人にはそんなんでも家族を大事にしている人のほうがよっぽど良いのではないかとも思うようになりました。自分が一番醜いと思います。
なんでこんなんになってしまったのか・・どうしたらよいのでしょうか。

カウンセラー
中村きよの
あかるさん、こんにちは。
今回担当させていただきます中村きよのと申します。
どうぞよろしくお願いします。

あかるさんは今あかるさんの身の回りに起こる事にたいしてイライラしてしまわ
れていらっしゃるのですね。

頂戴いたしましたご相談内容を拝読し、あかるさんが今イライラしたりとてもやる
せない気持ちになっていらっしゃるのがとても強く伝わってきました。

今までずっとこの気持ちを抱えてこられた事、本当にしんどかったかと思います。

そして、もしかしたらこのご相談をされる際も色々と悩まれた上でご相談を寄せて
いただいたかもしれませんね。

色々な思いを抱えながらもご相談いただきました事本当にありがとうございます。

あかるさんより頂戴いたしましたご相談を拝読し、感じた事はあかるさんが今とて
も色々な事にたいして我慢をされているという事です。

そして、過去にあかるさんが周りに人たちに対して色々とされてきた事にたいして、
とても悪い事をしてしまったと過去のご自身に対してある一種の怒りに似た感覚
をもしかしたらお持ちではないかと、そう感じました。

私たちは過去、何らかの悪い事(今だからこそ分かるやってはいけない事)をして
しまった時、その過去にたいして相当悔やむ気持ちや、なぜそういう事をしてしま
ったんだろうかという過去の自分自身に対して怒りを感じてしまう事があります。

そして、私たちの心のメカニズム的に感情のベクトルは一方向にしか向く事ができ
ません。

ですので、これは頂戴いたしましたご相談を拝読させていただきました上での想像
となりますが、周りに対してイライラとされている状況になる以前にあかるさんご
自身で「なんとういう事をしてしまったのだ!」という気持ちを持ち、強くご自身
を責めてしまわれた時期があったかもしれません。

しかしながら、自分自身を責める事はとてもしんどく辛いことでもあります。

だからこそ、自分自身に向けていた怒りを、過去の自分と同じことをしている方、
もしくはそれ以上の行いをされている方にたいして、とてつもない怒りを感じてし
まう場合があります。

この状況は私たちにとっては本当にしんどい状況でもあります。

もし、あかるさんがこのような状況で周りの人に対してイライラされているようで
あれば、一つお伝えしたいことがあります。

あかるさんは、既に過去の自分に対しての思いにたいして振り返りを行い、悪かっ
たなと思い、これからはこのようなことをしないようにしようと努力し、それを行
動として行われました。

だからこそ、過去に行った事にたいして、あかるさんご自身が自分自身を許すとい
う事がとても大切となります。

もし、一人で自分自身を許すという事にチャレンジするのは難しいなと感じられ他
時は、よろしければカウンセリングという場所で私たちカウンセラーにそのチャレ
ンジをサポートさせてくださいね。

あかるさんにとって、今の状況から脱する事ができ、日々の生活がより楽に過ごさ
れるための一つのきっかけとなれば幸いです。

この度は、ご相談いただきましてありがとうございました。

中村きよの

この記事を書いたカウンセラー

About Author

アバター

恋愛や仕事などの人間関係を始め、キャリアアップなどのやりたいことを実現するサポートまで幅広いジャンルを扱う。 特に失恋に対するカウンセリングを得意としお客様より好評を得ている。 また自身の両親が障害者であり、家族の介護経験から、心身のハンデキャップに関するサポートも行っている。