恋愛することに対する嫌悪感

相談者名
まゆ
私はこれまで付き合った経験というのがありません。26歳です。
学生時代は共学で、同性しかいない環境という事はなかったです。
いつも気になる人がいても話すことも何もできませんでした。

原因としては、まず容姿。
容姿のコンプレックスから、そんな自分が恋愛というのを想像すると嫌悪感が出ます。
相手を好き、とか距離を縮めたいという思いよりそっちの嫌悪感の方が勝ってしまいます。
でもこの歳になって人生で一度でもそういう経験をしてみたいなと思う反面、もし本当に機会が訪れたら…?と想像してみるも、嫌悪感に疲れてしまってこのままでいいやとも思います。自分でもどうしたいのか板挟みのような感じです。
それにこの歳でいたことがないとなると世間的には引いたりする人もいるみたいだし、さらにこの歳からもう恋愛始めるのもなぁ…という思いもあります。

そして人にオープンになるのが苦手です。
例えばちょっとしたことでも恥をかくのが嫌です。
こう言ったら変に思われる等色々考えてしまったりして、友人に対してもあまり心を開けなかったりします。そんなだから、将来他人である誰か相手と住むというのも無理だろうなと思います。

これだけの事が思いつくので、どんどん恋愛に対してハードルが上がっています。なぜ、皆普通にできるの?と思うのと同時に、普通にできるという普通も自分はできないのか、と劣等感もあります。
自分には克服すべきものがたくさんあって、それをしてるうちにもう恋愛なんて言ってられる年齢が過ぎてしまうかもしれません。

なにか助言をお願いします。

カウンセラー
中村きよの
まゆさん、こんにちは。
今回ん担当させていただきます中村きよのと申します。
どうぞよろしくお願いします。

まゆさんは今恋愛に対して色々な思いを抱えて過ごされていらっしゃるのですね。

まゆさんから頂戴いたしましたご相談内容を拝読し、まゆさんが今まで恋愛に対して何度も何度も向き合って、そしてそれを克服しようと頑張ってこられたように感じました。

その頑張りはとても素晴らしいもので、今までまゆさんがまゆさんご自身の思いや考え、そして心とたくさん向き合ってきたからこそ今、この無料相談にご相談をくださったのかなと感じました。

もしかしたら、この無料相談にご相談を寄せられるのもとても勇気が要ったチャレンジだったかもしれません。

まゆさん、本当にこの無料相談にご相談いただきましてありがとうございます。

まゆさんがこれから先笑顔でいられるためのお手伝いができればと強く思っております。

それでは、私の感じた事をお伝えさせてくださいね。

まゆさんより頂戴いたしましたご相談内容を拝読し感じた事は、自分自身をオープンにする事がとても強いという想いをとても強く感じられていらっしゃった事でした。

恋愛も友人関係等その他人間関係を構築していくコミュニケーションの中で必ずと言って良いほど出てくるテーマの1つが『自分自身の事をオープンにする』という事なのではないかなと、私自身も感じております。

しかしながら、色々な理由があって自分自身をオープンにする事を難しく感じてしまったり、強く感じてしまう事はとても多くの人が悩んでしまったり、そこで苦しい想いをしていらっしゃるようにも感じます。

そして、その悩みを抱えていらっしゃる方の多くはとても真面目でしっかりとしたタイプの方が多く、自分に厳しいタイプの方が多いんですね。

だからこそ自分に厳しいしっかりとしたタイプの方は、自分自身をオープンにする事は、自分自身の弱みを相手に差し出す事になりかねないという想いが多かれ少なかれ出てきて、目の前の人との距離を開けてしまうという行動を無意識にとってしまいがちになってしまいます。

でもそれってとても無意識に距離をとってしまう人自身にとってもとても辛くてしんどい事でもあります。

だからこそ、今感じている想いや、過去感じていた想いを自分自身の心の中で整理整頓を行う事がとても大切なんじゃなかな、と考えております。

そこでまゆさんに提案です。

もしよろしければ今まゆさんが感じられている事を、まゆさんが『伝えても良いかな・・・』と感じられたところを私たちカウンセラーにお伝えいただけませんか。

自分自身の心と向き合って整理整頓を行うのは時にしんどい作業になってしまう事もたくさんあります。

だからこそ、今の気持ちを信頼できる誰かに話す事で、自分自身の心に感じていた事を再確認したり整理整頓をする事をまゆさんにお勧めしたいなとご相談内容を拝読し感じました。

だからこそ、信頼できるカウンセラーに自分が伝えても良い範囲からゆっくりと伝える事で、今抱えていらっしゃる恋愛についてのお悩みも少しづつ解消できるきっかけになるかもしれません。

今感じていらっしゃるお辛い気持ちを一人で抱えずに、もしよろしければ私たちカウンセラーにまゆさんの抱えているお辛い気持ちを軽くするお手伝いをさせてくださいね。

まゆさんにとって、これから先素敵な恋愛ができるための一つのきっかけとなれば幸いです。

この度はご相談いただきましてありがとうございました。

中村きよの

この記事を書いたカウンセラー

About Author

恋愛や仕事などの人間関係を始め、キャリアアップなどのやりたいことを実現するサポートまで幅広いジャンルを扱う。 特に失恋に対するカウンセリングを得意としお客様より好評を得ている。 また自身の両親が障害者であり、家族の介護経験から、心身のハンデキャップに関するサポートも行っている。