母の1周忌にて思う事。

母が亡くなり、1周忌を、行いました。

葬儀の時は、冷たい雨が降っていましたが、1周忌の時は晴天となりました。

冬の晴天は、寒さが厳しくもありましたが、それにも勝る、思いを感じる事が出来ました。
 

母の1周忌の時は、下の娘の、大学入試と、重なりました。

下の娘は、もちろん1周忌より、大学入試が優先です。

「ばあちゃんの、写真をスマホに、送って欲しい」と、私は、娘に頼まれました。

娘は、美大を目指していまして、「デッサンの課題が、人物だったら、ばあちゃんを描くよ」、なんて言っていました。

私が、離婚して一人でいる時、子供たちの面倒は、私の母が、見ていてくれました。

その時、下の娘と、私の母の関係は、最悪でした。

母は、マイペースな娘の言動が、我慢ならずに、下の娘を、叱る事が、かなり多かったようです。

朝は起きないし、宿題もなかなかやらない、とにかく、母のいう事を全く、聞こうとしない孫に、孫というよりは、子供として叱っていた、そのような状況だったようです。

でも、母がガンになり、入院している、母のお見舞いに、下の娘と、行ったりすることで、娘と私の母との関係性は、少しずつ良く、なっていきました。

病院で、母が、娘に、お小遣いをあげていまして、私の娘はとても嬉しかったようで、「孫は喜ぶ事が、仕事だね」なんて、話していたりもしました。

お小遣いの効果は、絶大なる効果ですね。

それだけで、良い、ばあちゃんに、なってしまう、そのように思いましたし、祖父母にとって、孫の笑顔は、最高の喜びでもあると思います。

それでも、母が亡くなった時、下の娘は泣く事は、ありませんでした。

無理して、涙を流す事はないと思いますが、涙を流さない娘を見ていて、どれほどの母に対する憤りが、あったのか、私は、母として、複雑な思いでした。

私が離婚しなければ、母と下の娘の関係は、悪くならなかったかもしれないと思うと、私は、胸が痛みました。

母も、娘も、私にとっては、大事な家族です。

1周忌の時、参加できないけれども、娘なりに供養したい思いがあることに、私は、ほっとすると同時に、嬉しい気持ちになりました。

下の娘の、母に対する、愛が出てきたように、私は思いました。

「きっと、ばあちゃんも、デッサンで描いてもらえたら、嬉しいよ」と私が、話すと、「そうだといいね」なんて会話になりました。

因みに、デッサンの課題は、静物画でしたので、祖母を描くことはありませんでした。

物理的に、母は存在しませんが、空から私達家族を、見ていてくれているのならば、私の娘の思い、母は、とても幸せで、嬉しい思いなのだろうなと、思ったのです。

私が、家族に対して、罪の意識を持つ事よりも、そこにある愛に気づき、喜びを見出すだけでよかったのですね。
 

最後までお読みくださりまして、ありがとうございました。

この記事を書いたカウンセラー

About Author

高塚 早苗

恋愛、人間関係全般のカウンセリングを得意とし、安心感と受容をクライアントに常に提供し、何でも話せると好評。より楽に心が軽くなるカウンセリング。感受性が高くクライアント本来の輝きを導き出すことも得意。カウンセリング信条は「諦めなければ願いは必ず叶う」である。