主人から「愛情がなくなった」と言われて・・・

相談者名
あき
こんにちは。主人との夫婦関係で悩んでおります。
結婚して8年。二人の子供がいます。
2年前に、主人から、「愛情がなくなった。これからは、家族として親として
暮らしていこう」と言われました。
なぜ、愛情がなくなったのかという理由も話してくれました。
私の主人に対する、依存心や束縛が嫌になったようです。
主人に言われた後も、主人の考えが納得出来ず、同じ様に嫌味を
言ったり、悲しんだりしています。
でも、どうしても、主人が主人だけで楽しい事をするのが我慢出来ません。
女の子の友人達の事を、ことさら取り上げて、大騒ぎする私。
主人の前で、にこやかな態度をとれません。
子供達の為、といっていますが、自分に離婚に踏み切るだけのパワーがありません。
同じところから、一歩も抜けだせません。
どうしたら、気持ちを切り替えて、主人を他人として認め、
主人の自由を認められるようになれるのか
良いアドバイスが合ったらお願いします。
カウンセラー
根本裕幸(退会)
あきさん、こんばんわ。根本です。
ご相談ありがとうございました。まず最初に確認させていただきたいことがあるんです。
あきさんにとって、目標としたい家族像ってどのようなものでしょうか?
ご主人がおっしゃることをそのまま受け入れて、家族や親としてだけのつながり、
他人の関係を本当に求めていらっしゃるのでしょうか?

僕はそうだとしたら寂しいんじゃないかな?って感じたので、最初に確認させていただきました。

> 2年前に、主人から、「愛情がなくなった。これからは、家族として親として
> 暮らしていこう」と言われました。

それを聞いたときはすごくショックだったんじゃないでしょうか?
辛い気持ち、悲しみ、寂しさ。
いろんな感情が心の中を駆け巡っているのかもしれません。

8年も夫婦をしていると多くが「デッドゾーン」といわれる関係に突入します。
悪い人ではないんだけど愛情を感じない。
家族としか見られなくてセックスができない。

ちょうどあきさんとご主人もそんなところにいらっしゃるような気がします。
ここを抜けて、チャーミーグリーンカップルへと発展させていくには、そんな関係を絶対作りたい!何が何でも欲しい!そのためには何でもするぞ!というコミットメントが必要です。
これにはとてもパワーがいることですので、今のあきさんにはちょっとしんどいことかな?とも感じられます。
そのしんどさも解消していく方法を考えてみましょうね。

> なぜ、愛情がなくなったのかという理由も話してくれました。
> 私の主人に対する、依存心や束縛が嫌になったようです。

何かご主人の負担になってしまっていたのかもしれませんね。
それが彼にとってはしんどかったのかな。

ですから、あきさんの「自立したい」という目標には大賛成ですね。
でも、自立するの目的は彼を他人として扱うというよりも、自分の足で立って、一緒に夫婦関係を作っていける自分になるってことだと思うんです。

> 主人に言われた後も、主人の考えが納得出来ず、同じ様に嫌味を
> 言ったり、悲しんだりしています。

それはそうでしょう・・・。
あきさんは今もご主人への愛情を感じていらっしゃるのではないでしょうか。
それゆえに彼のその発言には傷ついてしまいましたね。

でも、どこかでそれに従うしかない自分がいらっしゃるのかもしれません。
ご主人の言う事は絶対、みたいな雰囲気もあるのかもしれませんし、
あきさん自身、自分をちっぽけに扱ってしまっているのかもしれません。

> 女の子の友人達の事を、ことさら取り上げて、大騒ぎする私。
> 主人の前で、にこやかな態度をとれません。

それは無理もないことですよ、本当に。
そんな状態であれば、ご主人に優しくしてあげたい、、、というよりも、イヤミを言いたくなるのが人間ってものです。
決して変なことではありません。

でも、ご主人にしてみたら、ますますあきさんから離れたくなってしまう事も確かですね。
できるだけにこやかに振舞えるようになることを第一の目標にしてみましょう。
そのためにはしんどい気持ちや辛い思いを抱え込まずに出していく場所を作ろうと思って下さい。
本当は夫婦間で、楽しい事も悲しい事も分かち合え、一緒に乗り越えていくのが理想ですが、今のあきさんご夫婦は残念ながらそれができる状態ではありませんよね。

子育ての最中でしょうから、なかなか時間の自由もきかないかもしれませんが、自分が昔から好きだったこと、楽しかったことを少しでも再現してみることでもいいですし、もちろん、カウンセリングを使ってしんどい感情を丸ごと処理していくこともお勧めです。
今は一人で抱え込んでしまっているそんなしんどい気持ちをどう処理していこうかな?
そんな自分をどう癒していこうかな?ってまずは考えて見てください。
(実はこれが自立への第一歩になりますよ)

そうすると徐々にあきさんの心の中に楽な部分、優しい部分が出来てきます。
それをご主人に与えてあげるんです。
そうすると、ご主人からしてみれば、今よりもずっと楽な気持ちであきさんと居られるようになりますから、徐々に心を再び開き始めることだって十分ありえる事です。

ご主人をもう一度自分に惚れさせるために、今は変化の時ですね。

頑張っていきましょう。
僕たちもできるだけ協力させてもらえたら、と思ってます。

それでは。

この記事を書いたカウンセラー

About Author

アバター

退会しました。