夫が不倫、子供が産まれたら私と別れると言っている

相談者名
momo
 夫30歳、私31歳。
結婚2年目で共働き、現在妊娠7ヶ月です。
つわりがひどく毎日寝てばかりで、夫とまともに話すこともしていませんでした。
つわりが治まった4カ月目頃、気付けば夫との会話がなくなっていましたが、妊娠中の私を気遣ってくれているのかなと思っていました。
しかし徐々に夫の様子がおかしくなり、思い詰めた表情やイライラした様子などが目立ち始め心配になり「何かあったの?」と聞いても「何もない」と言うだけでした。
しかし、ある日「好きな人がいる。
(私への)気持ちはもう戻らないと思う。
身勝手だと思うけど一緒にいられない」「妊娠中で大事な時期だから、(別れるのは私の)育休が明けて子供を預けられるようになった時くらいにと考えてる」と言われました。
信じていたので頭が真っ白になりました。
私は「一緒に子育てしたい」「私もこの子もあなたが必要だから待ってる」と伝えましたが「一緒には育てられない。
お互い惹かれ合っている。
心は決まっている」とのこと。
つわりがピークだった時期に付き合い始めたそうですが本当かどうかわ分かりません。
以前は私にまとわり付いてきたり楽しかったのですが、今は話しかけても無視されたり突き放されたりして、悲しくていつも一人で泣いています。
夫は冷たく、休みの日や夜中に何も言わずに出て行ったりします。
子供のことは気になるようで、時々はお腹に触れて胎動を感じて笑います。
相手の女性も家庭があり、子供も2人います。
そこでは元々DVがあるそうで夫はどうしても好きな彼女を助けたいのだそうです。
私は毎日自分を責めることでしか救いがなく、家事や掃除が苦手なことや料理があまり上手ではないこと、夫に対して冷たい態度をとったことなどを後悔するばかりです。
私は子供が早く欲しくて、夫に急かしていました。
それは「嫌だった」と言われました。
私が一方的で、夫の気持ちを考えてなかったんだと思いました。
夫は仕事に対して誠実で能力が高くモテる人で、恋多き人というイメージでした。
こうと決めたらやり通す頑固な面もあるので、夫の気持ちはもう変わらないという思いもあります。
夫の態度にも心が押し潰されそうです。
今はできる限り家事など頑張っています。
この子を産んで一緒に家族になりたかった。
夫の父は浮気を繰り返し義両親は離婚しています。
何かアドバイスがあれば宜しくお願いします。
カウンセラー
池尾昌紀
momoさん

池尾昌紀と申します。
ご相談ありがとうございます。

最初にお話させていただきたいのは、妊娠・出産・そして子育てというのは、本当に大変だ、ということです。
僕は男性ですので、自分の奥さんの妊娠・出産・子育てを共に過ごしてきて、痛切に感じたのは、男性にはこの苦労や大変さは一生わからない、ということでした。
男性は子どもを生む事ができない以上、それを体感できません。
だから、どんなに共感できたとしても、どうしても、本当の大変さを知る事はできないのですね。

ですから、例えば、妊娠中のつわりの苦しみというのは、大変そうだな、と思っても、なかなか理解できないところがどうしてもでてきてしまうように思います。
つわりだけでなく、妊娠中の女性は、様々な身体の変化や、不安を抱えているものです。
そうすると、どうしても、お腹の中の子どものことに意識が集中します。
そうすると、夫の側からすると、今まで夫婦二人で愛し合っていた状態から、急に自分のほうに妻が意識を向けてくれなくなるので、愛がなくなってしまったような気持ちを感じてしまうことがあるんですね。

ところが、妻の側としては、夫への愛情がなくなったわけではないのです。
それどころではない、夫への気持ちを向ける余裕がなくなっていただけなんですね。

これは、その程度の大きさは個人差があっても、どんな夫婦にも起こる事です。
僕の場合も、そうでした。

ですから、まず、初めに大切なことは、こうしたことは、どんな夫婦にも起こる事なのだから、自分だけが悪いことをした、と思わなくてもいいということなんです。
みんなそうなんだ、と思う事は、自分への攻撃を減らす事ができます。
まず、ここから初めてみてください。

次に、ご主人の側の気持ちを少し掘り下げてみたいと思います。
「夫の父は浮気を繰り返し義両親は離婚しています。」と書いてくださっておられます。
この一文からの推測になってしまいますが、ご主人は両親から愛して欲しかったけれど、愛されなかった、という思いをお持ちなのかもしれません。
この状況では、ご自身のことを、愛し合っている夫婦から生まれた子ども、とは思えないでしょう。
自分は愛し合ってない夫婦から生まれたこどもなんだ、という思いは、自分は愛されていない、さらには、愛される資格がないという思いを生む事があります。
すると、こんな自分でも愛してくれる存在が欲しい、という気持ちを心の奥底に持つようになります。

こうした心理を持っていると、自分が愛されなかった思いの分、愛したいと思える存在には愛をたくさん注ぎたいという思いを持ちます。
しかしながら、逆に、愛がもらえないことに敏感になり、愛情が確認できないと不安になったり、その状態が長く続くのが我慢できないとったことも起こります。

もし、ご主人の心理がこうしたものだったとしたら、つわりの時にご主人が感じていたと予測される、愛されていないのではないか、という思いに対する不安や耐えられない思いが、大きかった、と推測されます。

愛されなかった、だから愛されたい、という思いが強ければ強いほど、愛されていないのではないか、という不安や耐えられない思いが強くなっていったのではないでしょうか。

ここまで考えてくると、ますます、momoさんはご自身を責めてしまわれるかもしれません。
そこには、子どもが早く欲しくて急かせてしまった、という思いや、夫への冷たい態度、夫の気持ちを考えていなかった、といった後悔がくっついてくるため、自分を責める思いは大きくなっていくかもしれません。

しかし、ここでもう一度、お話したいのは、「つわりの時は、誰だって大変なんだ」ということなんです。
考えてみてください。
もし、妊娠してから、毎日、体調もよく、気分も明るく過ごしていたとしたら、夫に冷たい態度を取るでしょうか。

相手の態度を変えたい時には、まず自分が変わる、というのは心理学ではよく言われることです。

相手が冷たい時、相手からの愛が不安になる時、誰もがどうしても自分を責めてしまいます。
けれど、自分を責めれば責めるほど、相手の態度は硬化します。
なぜなら、相手は苦しんでいる私の様子を見て、反応するからです。

誰も苦しい顔や悲しみにくれる様子をみて、うれしいと思う人はいません。
無意識な場合も多いですが、自分がこの目の前の人を苦しめているのだ、と相手も自分自身を責めてしまっているのです。

ですから、一番にやらなければならないことは、自分を責める事をやめる、ということなんです。

momoさんが自分を責めることが減っていけば、減っていくほど、ご主人の態度はやわらかくなっていく可能性が高くなります。

思い出してみてください。
もし、ご主人の生い立ちや愛への欠乏感が、今回の推測どおりだとしたら、ご主人は自分が結婚したら生まれてくる子どもには幸せになってほしいと思っていたはずです。
そして、こんな自分など愛されないと深層心理で感じていたご主人が、結婚しようと思った相手に出会えたことの大きさです。
ご主人にとって、momoさんは、自分を愛してくれる大きな存在だったのではないでしょうか。
それを信じてあげてほしいのです。

まずは、自分を責めることをやめる。
そのためには、心にいまよりも少しでも余裕をもたせることが大切です。
リラックスする時間を作ってみましょう。
緑が多いところを散歩するのがおすすめです。

また、こうした時は、おまじないのような言葉を心に言ってあげるのも方法の一つです。
「わたしはわたしを許します。自分を責めても誰も幸せになれません。」
こんな言葉を、苦しくなった時には、何度も何度も、自分の心に染み渡るように
ゆっくりと伝えてあげてください。

そして、今、苦しい心のうちを、誰かに相談してみましょう。
信頼できる知人など、心のうちを話すというのは、とても自分を楽にし、心に余裕をもたせます。
もし、よかったらカウセリングサービスの無料相談電話も使ってみてください。

少しでもmomoさんの心が軽くなるお手伝いができたら、これほどうれしいことはありません。

ありがとうございました。

この記事を書いたカウンセラー

About Author

池尾 昌紀

名古屋を軸に東京・大阪・福岡でカウンセリング・講座講師を担当。男女関係の修復を中心に、仕事、自己価値UP等幅広いジャンルを扱う。 「親しみやすさ・安心感」と「心理分析の鋭さ・問題解決の提案力」を兼ね備えると評され、年間300件以上、10年以上で5千件超のカウンセリング実績持つ実践派。