自分を好きになる方法

あなたは自分のこと、好きでしょうか?自分の好きになるための色々な方法をご紹介します。

今回は私が先日、講演させていただいた内容から「自分を好きになる方法」に絞ってお話します。
自分を好きになることってみんなが大切なことだと分かっているのにとても難しいテーマですね。
これは講演会を前に主人と一緒に作ったもので、私や主人が実際に使ってみて、そして、クライアントさんの皆さんに試して頂いて効果のあったものばかりです。

私は昔からとても自己嫌悪が強く、どうしたら自分のことが好きになれるのかをずっと考えてきました。
これはコラム“自己愛”などでも紹介させていただきました。
(自己嫌悪については“自己嫌悪の心理学”を参照なさってくださいね。)
心理学を学び始めた時もこれが大きなテーマの一つだったんです。

ぜひ、皆さんも色んな方法を試して自分を好きになってみてください。

ただ注意点が一つ。
これはある意味ダイエットと同じなんですね。
だから、続けてみることが何よりも大切。
カウンセリングでも、講演会でも、まずは1ヶ月頑張って下さいって必ずお伝えするんです。
1ヶ月続けるとそれが徐々に自分の癖になってきます。
これが何より大切なことなんですね。

それでは頑張って下さい。

●プチ達成感を得る

自分の好きになるときに鍵になってくるのは「自分で自分を認めること」、自己承認と、自分にやさしくして愛してあげることです。

私が取り組んだ例を挙げると、とにかく自分を誉めてあげることから始めました。
自分を攻撃することはずっとしてきましたが、褒めるなんてこと今までしたことがなかったんですね。

例えば主婦の方。
家事をするにしてもただ、仕方ないからとか、習慣としてやるのではなく、一つ一つの作業を一生懸命やって、そしてがんばったなーって誉めて挙げるんです。
食器を洗うのも一生懸命自分が気持ちよくなるように洗って、そしてよくやったなぁって誉める。
洗濯をして、干す時も気持ちを込めて丁寧に干してみる。そしてその気持ちよさを味わうんです。
こういうのを流行の言葉で表現するとプチ達成感というらしいです。

やる前はやっぱり自分より、夫に誉めてもらいたいという気持ちもありましたが、実際自分で自分を誉めてあげると気分っていいもんなんですね。
誰かに褒めてもらうのと同じ位効果があります。やってみてびっくりしました。

この自分で自分を認めるというのは、本当に大事なんです。
私たちは自分で自分を認められない分、誰か他の人に認めてもらいたいって思うんですね。
そして虚勢を張ってしまったり、自慢をしてみたり、人目がすごく気になります。
人目を気にする余り、自分のしたくないことまで我慢して引き受けてしまったり、よく見せようとして肩肘をはったりで疲れてしまいます。

一生懸命というのもポイントなんですが、一生懸命何かをして、がんばったなーと自分で認めている時は、人目って気にならなくなるんですね。
その小さな積み重ねが大きな自信に繋がっていくと、私は思います。

●自分の嫌なところを丸ごと認めてみる。

これとは反対に、自分の嫌な部分も丸ごと認めるというのも大切なんです。
今現在の自分をそのまま受け入れてあげるということです。
私達は完璧ではありません。いい部分もあれば、悪い部分もあります。
でも自分で中々その嫌な部分というのを受け入れられないもんです。
で、自分に対してすら、隠そうとしてしまいます。
でも、この前提にあるのは、私という人間のこの悪い部分は性格なんだから未来永劫に
変えることはできない。ということなんです。
でも、そんなことはないんですね。意欲さえあれば、変えることってできるんです。
今はこういう嫌な部分がある、でもこれから変えていきたい。って思えばいいんですね。
変えることができると思えば、少し気が楽になりませんか?

これは別の言い方をすれば、今できることもあるし、今できないこともある、ということを受け入れて行くことにもなります。
今出来ることって限られていますね。
だから、出来ないことを責める必要はありません。
そして、出来ないものはさっきの自信をつける宿題同様、目標にすればいいんです。
変わることも同じで、変わりたいなあ、変えたいなあ、と思っているだけでいいんですね。
そうすると心が勝手にまず変わり始めます。

心の構造のお話、もう読んでいただけたでしょうか?
意識、潜在意識、無意識のお話です。
私が「変わるぞ!!」って強く意識で強く思ったとしても、心が「そんなん嫌だ」と言っていたら変わることはできないんです。
だから、心があまり抵抗しない方法が求められるわけですね。
先程の自信をつける宿題も、些細なことを選んでいただいたのはこのためです。
「変わりたいなあ、変われたらいいなあ」と思っていると、心も徐々にその気になってきます。
そうして心を味方につけたら、後は自動的に変わっていくものです。
「出来ない…」って責めるよりも「できるようになりたいな」と思えたとしたら、
それは目標ですから、今出来ていない自分を責める必要はなくなります。
その結果、今の自分をすべて受け入れられるようになっていくんです。

この自分の良い部分と悪い部分を両方受け入れるっていうのは、今現在の等身大の自分っていうのを客観的に知るのに役に立つんです。
まずは、ここからなんですね。

●感謝をする

感謝をするというのも役に立ちます。
例えば、バスを降りる時、運転手さんに「ありがとう」といってみたり、コンビニの店員さんに「ありがとう」と言ってみる。
旦那さんが物を取ってくれた時に「ありがとう」ときちんと言う。
何故感謝することが良いかというと、感謝をすると気分が良くなるからです。
「ありがとう」を言える自分っていうのは、気持ちがいいですよね。
例えば一日5回必ずありがとうを言う。と決めて実行するのも一つのやり方です。
とっても気持ちがいいので、是非やってみて下さい。
それがプチ達成感になり、自分を誉めてあげるきっかけになります。

そういう風に自分を誉めてあげるきっかけを作ることも自分を好きになるときに大切なことなんです。

●自分を楽しませてあげる

それと同様に、自分の好きなことを自分の為にしてあげる。というのも大切です。
誰かに楽しませてもらうのを待つのではなくて、自分で自分を楽しませてあげるんです。
例えば自由な時間がある時、さぁ何をして自分を楽しませてあげようか?って考えるんです。
ちっちゃなことでもいいんです。
今何が飲みたいだろう?おいしい紅茶かな?と思えば、きちんとおいしく紅茶をいれてあげるんです。

私がこのことに取り組もうとした時、愕然としました。自分がどうしたいのかがわからなかったんです。
如何に今まで自分の心に耳を傾けていなかったか?という事ですね。
これをするようになってから、自分の心の欲求にやっと繋がれるようになりました。
こんなちっちゃな事でも自分で自分を大事にしてあげると、すごく気分がいいです。
自分を愛してあげる練習なんですね。

●欲求と上手に付き合ってみる

欲求の心理学はもう読まれましたでしょうか?
私たちが誰かにこっちを向いてー!私を愛して―!って思う時っていうのは、大抵自分で自分を粗末にしている時なんです。
自分で大事にできないから、誰かに大事にしてもらいたいっていう欲求がすごく出てきます。
でも欲求というものには、限りはありません。
食欲と一緒で、一旦満たされても時間が経てば、また欲しくなります。
いつも欲しい欲しいでは、周りの人も大変です。

結婚前の女性のシンデレラ願望ってありますよね?
専門用語で言うとシンデレラコンプレックスって言います。
私の夫になる人はまるで王子様のようにかっこよくて、やさしくて、そしてお金持ちの人がいい。
この心理の裏にあるのは、自分はちっぽけでそして自信がなくて、自分で自分を幸せになんてできないから、まるで王子様のような完璧な男性と結婚して愛してもらいたい。って思うんです。
でも、もし自分に自信があって、自分で自分を幸せにできる、と思うことができれば、相手の男性へ求める完璧さというのは減ると思うんです。

そして深い部分では、本当に欲求を満たせるのは、実は自分自身しかいないんですね。

●自分のことが好きな人をイメージしてみよう。

ちょっと想像してみてください。
皆さんの周りで「あの人ステキだなー 魅力的やわぁ」って思う人っていますか?

その人ってどんな人でしょう?
どういうタイプの人でしょう?
何がそんなに魅力的なんでしょう?

一私もあんな人になりたい!って思う人が周りにたくさんいるんですが
何でそんな魅力的なんやろう?って観察したことがありました。
そして、感じたことは、私が魅力的やなって思う人達は自分に自信を持っている人なんですね。
自分を信じられて、自分を好きでいられる人です。

そういう人には何か独特の心の余裕みたいなものが感じられて、楽しそうなんです。
その人の側にいるだけで、何か楽しい気分になってしまいます。
その心の余裕っていうのは、自分を大切にしているから生まれるんですね。。
余裕がある分、他の人にやさしくしたり、大事にする気持ちの余裕が生まれると思うんです。

私達は一緒にいると楽しい人や、自分のことを大事にしてくれる人が大好きです。
自分を大切にして好きになってあげると、もれなく魅力的な人になれるというおまけもついてきます。

●魅力的な人と一緒に楽しむ

もし、あなたがそんな魅力的な人が近くにいるのであれば、とてもラッキーだと思って下さい。
なぜならば、あなたはその人の魅力を学び、自分を好きでいられるコツを間近に感じられるからです。

これは自分をより魅力的にする効果的な方法でもあるのですが、魅力的だなあ・・・と思う人の傍にいて、一緒にいるだけで、あなたはその人のものの見方や感じ方、考え方をまねることもできるようになります。
これは私たちが日本語を両親から真似て学んだのと同じ心理。
思春期の頃、好きなアイドルのヘアスタイルやファッションを真似たのと同じ心理。
好きな人、憧れを感じる人の真似からスタートしてもいいんです。
まずはカタチから、態度から。
それを楽しんでいれば、やがてそれが自分のものになっていきます。
気付かないうちに。

●終わりに

色々な方法をお伝えさせていただきました。
これは洋服に例えると既製品のようなものですから、これを下地にあなた仕様のオーダーメイド品を仕上げるのも私の大切なお仕事と思っています。
そんなときは気軽にカウンセリングなどを使ってみるのもいい方法です。

今よりもっと素敵なあなたになれますように・・・。

この記事を書いたカウンセラー

About Author

アバター

退会しました。