自分に自信を持つための4つの大切なアプローチ~(2)今あるものに感謝する~

今あるものに感謝をすることは私たちの心を落ち着かせ、地に足を着けてくれますから物事に動じることはなくなります。そして、余裕を持たせ、心を自由にしてくれるので、様々なインスピレーションを受け取れるようになるのです。

あちこちで言われる感謝ですが、なかなか意識してみると難しいものですね。
改めてそこに注目するエクササイズを紹介します。

(2)今あるものに感謝する

自信のある人はあらゆるものに感謝の思いを持っています。
一緒に仕事をしてくれる仲間、生活を共にする家族、友人はもちろん、自分の持ち物や体に入るもの(食べ物とか)にも感謝の思いを持っています。そして、自分に与えられている環境やその他すべてのものへの感謝の思いを持っているのです。

その感謝の思いが強いのでとても彼らは穏やかで余裕のある言動を取ります。
そして、感謝の思いを持つことで地に足を着ける(グラウンディング)ことが可能になりますから、物事に動じなくなるんですね。
もちろん、それは年齢には関わりません。

いわゆる「自信家」と言われる人は、むしろ自信のない人たちです。
自信がないからこそ、自信があるように自分を誇示しているのです。

だから、今自分に与えられているものに感謝の思いを持つことでそのような余裕や自信をあなたは受け取ることができるのです。

また、そもそも感謝は最高のヒーリングの言葉であり、究極のコミュニケーションの言葉です。

ある人は階段から落ちて骨を折った時に「ありがとう」と言い、
ある人はガンの宣告を受けた際、お医者さんに「ありがとう」と言い、
ある人は浮気した挙句離婚話をしてきた夫に「ありがとう」と言い、
ある人はクレームの電話をかけてきた顧客に「ありがとう」と言います。

感謝は許しの言葉であり、手放しの言葉です。
自分を自由にし、心を解き放ち、インスピレーションを受け取り、モチベーションを上げ、あなたに夢を与えてくれる言葉です。

今あるものに感謝することができればできるほど、あなたの心は大きく開かれ、自然と笑みがこぼれてくるのを感じられるでしょう。

 

Q1.今日、あなたが接した人に「感謝」の思いを持つとしたらどのような表現になるでしょう?特に、あなたを失望させたり、怒らせたり、悲しませたりした人がいたら、その人にこそ、感謝の思いを向けてみましょう。

Q2.あなたが今、“所有”しているものに感謝の思いを持ち、心が満たされていくのを実感してみましょう。体やカバンの中にあるものに意識を向けて、その存在によってあなたが受け取る恩恵を感じます。

この記事を書いたカウンセラー

About Author

アバター

退会しました。