頑固な私を手放す方法(4)~負けを認めること、ごめんなさいと、ありがとう。~

頑固さを手放す方法の次なるアプローチは、よく自立を手放すために紹介する「負けを認める」という方法。屈辱的な気分も伴いますが、その後は荷物を下ろしたような軽さや解放感を味わえます。

また、「ごめんなさい」と「ありがとう」のこみゅんけーションはとても基本的でパワフルな言葉。この言葉とうまく付き合うことで、あなたの人生はごっと変わるでしょう。

また、負けを認める、というアプローチもよく取り入れるセラピーです。

これは頑固さなど、自立を手放すときに有効なアプローチで、よく使います。(そして、根本さんは「ドS」だと言われたりします(笑))

例えば、目の前に「お父さん」がいると思ってください。
そして、「私の負けでした」と告白してもらうんですね。

ものすごく屈辱的だったり、抵抗があったりすると思います。

そして、悔しくて、怒りに満ちた状態になるかもしれません。

でも、もしそれを感じられたとしたら、もうあなたは変化しています。新たな扉を開けています。

ガンコちゃんが最も嫌な感情、惨めさ、悔しさ、敗北感を感じてるわけですから、すでに新たな一歩を踏み出しているのです!

素晴らしいです!

そして、そのネガティブな気持ちが少し収まるころに、きっと気付くと思います。
少し軽くなっていることが、楽になっていることが。
ほんの少しかもしれません。

そうすると、あなたはその分だけガンコちゃんを手放せたのです。

「ごめんなさい」は大切なコミュニケーションです。

自分の過ちを認め、謝罪する意味だけでなく、謙虚さや素直さを呼び起こすカギとなり、あなたが抱えている罪悪感を解放してくれます。
すなわち、背中に乗せている荷物を軽くする言葉でもあるのです。

もし、あなたのお父さんがパパガンコちゃんで、あなたのガンコちゃんの“師匠”であるとすれば、最大の恩恵は、お父さんに対して「ごめんなさい」と言えたときに訪れます。

お父さんに対して負けを認めるだけでなく、謝罪し、許しを請うわけです。
しかし、それは“終戦”を意味する偉大な行動です。
平和をもたらすために、もう争いを辞めよう、という勇気ある選択なのです。

もちろん、相手はそれに応じるかどうかは分かりません。
そこはお父さんを信頼するほかありません。
でも、仮に謝罪を受け入れてもらえなかったとしても、あなたの心に平和はやってきます。

「ごめんなさい」という争いを辞める言葉には、あなたの“不戦の誓い”が含まれるからです。

他にも、あなたがガンコちゃんを発動して戦っている相手がいるとしたら、直接、あるいは、心の中で「ごめんなさい」を伝えて、不戦の誓いを結んでください。

脱力して気力を失うような気がする場合もありますが、それは戦いから解放された証拠。
あなたの心に平和が訪れた証です。

とても屈辱的な感じがして、惨めさでいっぱいになったとしても、平和な世界を創るための選択として、謝罪することはとても意味のあることなのです。

そして、最後は「ありがとう」。

感謝の言葉で締めくくりましょう。

ラグビーの試合が終わるときに「ノーサイド」の笛が吹かれます。それまでは敵同士だったものが、その笛と同時に敵ではなく、ともに戦った仲間になろう、という意味があるそうです。

“戦友”ですね。

その戦いがあなたにもたらしたもの、ライバルとも言える、その相手がもたらしてくれたものに感謝し、受け取るとともに、平和な世界の実現に感謝を捧げるのです。

「お父さんがガンコでいてくれたお陰で、あなたが学んだことは何?」

争いの不毛さを学んだ、ということもあるかもしれませんが、論理的に物事を考えるようになったり、感情について多くを学んだりした点もあるかもしれません。

そうしたあなたが受け取ったものに対し、成長した点について、感謝してみましょう。

(完)

この記事を書いたカウンセラー

About Author

アバター

退会しました。