失恋を手放して幸せなパートナーシップを手に入れる(4)~自己価値の回復と感謝によるゴールの再設定~

感謝は許しを、許しは手放しを、手放しは本当のゴールを見せてくれる

失恋は自分の価値に気づくチャンス。あなたの応援者に価値を教えてもらいながら、それを取り戻していきます。そして元の恋人への感謝を思い出すことが許しと更なるあなたの価値を感じさせてくれます。
それは「幸せなパートナーシップとは何か?」という本当のゴールの再設定につながっていきます。

***

◇自己価値の回復と感謝によるゴールの再設定

失恋は、自己価値を激しく下げます。
それは当然のことですが、彼に選ばれなかった自分の魅力のなさを感じて自分の価値を感じられないだけではありません。
もともと自分に価値を感じられないところがあったり、自信が持てなかったりしていた、この恋以前から持っている自己価値の低さがクローズアップされることになるのです。

しかし、これは自己価値を回復するチャンス。

自分には価値がないという誤解からやってきた自己価値の低さを、今回のことをきっかけに取り戻していきましょう。
取り戻す方法は、私が度々、いろいろなところでお伝えし、今回の連載では2回目に書かせていただきました
「あなたの応援者に価値を教えてもらう」
ことです。

まずは、友人等に失恋の相談を聴いてもらう時に、あなたの価値(才能・魅力・長所)を教えてもらってください。
それを紙に書いて、あなたの価値リストを作りスケジュール帳などに入れて持ち歩きましょう。
これを朝起きた時か夜寝る前に音読します。
辛くなった時にもこのリストを見て自分の価値を思い出します。

ただ読むのではなく、教えてくれた友人等の顔とその人に言われている様子を思い浮かべながらリストを見るのがコツです。

そうやって、自分の価値に気づき、自分も捨てたもんじゃない、から始めていきます。

すぐに自信や自己価値は取り戻せるものではありませんが、現在進行形で学び成長し取り組んでいく意欲と姿勢を持つことができたら、それだけで「今までの自分とは違う」ことになります。

 

◇元彼への感謝と許しが自分を変えていく

自分の価値を取り戻すことを積み重ねながら、次のステップとして「元彼への感謝」というやり方を試してみましょう。

・あなたが元彼にしてもらって嬉しかったこと、感謝していること
・あなたが元彼にしてあげたこと、感謝されているだろうこと

こんなリストを作っていきます。
一人でやるのは大変なので、これも友人等と一緒に作るのをオススメしています。

その上で、
「今回の恋愛であなたが学べたこと成長できたこと」
のリストを作っていきます。

彼への感謝の流れで、今回の恋愛が教えてくれたことをリストにしていくと
「彼のおかげでわたしは学べ、成長できた」ことを感じやすくなります。

感謝には許しのエッセンスが含まれていると言われます。
感謝の気持ちを感じられると、許しも進むのです。

最初は難しいし、段々としか進んでいきませんが、元彼のおかげで自分が変われたと感じられる時、この変化に対して元彼に感謝できるようになります。

この時のあなたの心は、元彼に執着しにくくなっています。
元彼と寄りが戻っても、新しい恋に進んでいっても、どちらにせよ、あなたは今回の恋愛で新しい自分になれた。
この姿勢は、誰と付き合っても、あるいは問題に直面しても、それを学びにしていけます。
これはとても大きな自信になり、そんな自分に価値を感じてもいいかもしれない、と思えるきっかけになります。

こんな風に自分の魅力・価値・自信を少しずつでも感じられるようになり、まだまだ足らないとはいえ、今できるベストを尽くして取り組んでいる、そんな時に、また 元彼と再会するような機会があったとしたら。

そこで元彼に対するあなたの醸し出す雰囲気はきっと変わっているはずです。

その中で、彼と接点を持ち、会話をするような機会があれば、元彼はあなたのことを以前と変わったと感じるはずです。

この時、あなたは前向きな心を持って彼に接することができます。
元彼に捕われていない自由なあなたの雰囲気は、その印象を大きく変えて、寄りがもどる可能性を与えてくれるかもしれません。

この状態で、彼とやり直すことになれば、前とは意欲と姿勢が違うわけですから、もう一度付き合っても同じ過ちをは繰り返さない可能性が出てきます。
そして、こうした時には、あなた一人でパートナーシップは築けないと実感しているはずですから、二人で学び成長しあいながら作り上げていこうと彼に伝えていけるはずです。

もし、その時に彼がこのことに同意してくれないようなら、あなたの方から彼への気持ちが冷めていくのに気がつくでしょう。

 

◇あなたにとっての幸せなパートナーシップとは?

こうして手放しを進めていくと、手に入るのは「幸せなパートナーシップの意味」ではないでしょうか。

執着している時は「元彼と寄りを戻すこと」がゴール。
手放し=心が自由に選択できている時は「幸せなパートナーシップ」がゴール。

あなたは、手放しを進めていくのに、応援者の存在、様々な人への感謝、自分の価値への気づき、この失恋からの学び、などを通ってきました。

そんなあなたなら、今までとは違う「幸せなパートナーシップ」が思い描けるはずです。
どんな人がパートナーだったら幸せか、お互いにどんな風に学び成長し合える関係を気づきたいか、そんな視点で考えてみてください。

この新たなゴール設定は、あなたのこれからのパートナーシップを幸せにしていくとても大きな力になります。

(完)

この記事を書いたカウンセラー

About Author

池尾 昌紀

名古屋を軸に東京・大阪・福岡でカウンセリング・講座講師を担当。男女関係の修復を中心に、仕事、自己価値UP等幅広いジャンルを扱う。 「親しみやすさ・安心感」と「心理分析の鋭さ・問題解決の提案力」を兼ね備えると評され、年間300件以上、10年以上で5千件超のカウンセリング実績持つ実践派。