失恋を手放して幸せなパートナーシップを手に入れる(3)~より良い魅力ある自分に変わる成長と学びのチャンスと捉える~

より良い自分に変わる成長と学びのチャンスという視点を持つところから始めよう

あなたの雰囲気が良い方向に変わる時、あなたの心の内面は変化しています。それは失恋を「より良い魅力ある自分に変わる成長と学びのチャンス」と考えていくことで得られます。すぐには難しくても、まずこの視点を学ぶところから始めましょう。その意欲を持った時、あなたはすでに違う自分に変化しつつあります。

***

◇より良い自分に変わる成長と学びのチャンスという視点を持つところから始めよう

あなたの雰囲気が良い方向に変わる時。それは、あなたの心の内面が変化した時。

それは失恋を「より良い魅力ある自分に変わる成長と学びのチャンス」と考えていくことで得られます。

すぐには難しくても、まずこの視点を学ぶところから始めましょう。

その意欲を持った時、あなたはすでに違う自分に変化しつつあります。

様々な理由があっての別れ。

これは「今まのままでは二人はうまくいかない」ことを表しています。

もし、今、願い事を叶えてくれる呪文があったとします。

そこで「どうか彼と寄りを戻してください」とその呪文を唱えたところ、

その呪文のおかげで彼が戻ってきてくれましたとしましょう。

しかし、戻ってきてくれた彼が、いつまでたっても笑ってくれなかったらどうでしょう。

戻ってきたことが嬉しいんだけれど、幸せは感じられません。

執着していたものが戻ってきてくれたとか、付き合いが継続できたとしても、それだけでは幸せには慣れないのです。

これは、別れた時と同じ状態で戻ってきてくれたとしても意味がないことを示しています。

改めて付き合っても、また同じ過ちや、うまくいかないパターンを繰り返してしまう可能性が高くなってしまうから。

そう考えてみれば、大切なのは寄りが戻ることではなくて、「再び付き合い始めたら幸せになれる自分になっておくこと」なのです。

パートナーシップはお互いの関係性が作り出すものですから、相手にだってもちろん問題やテーマがあります。

しかし、他人は変えられませんから、取り組むことができるのは自分を変えることです。

そのために大切な考え方が「今回の失恋で何を学びどう成長できるか」ということなんですね。

執着を手放すということは、誰かや何かを忘れることができて楽になれるということではありません。

別れを経験することで、そこから学び、成長していくことで、新しい自分が手に入るということなのです。

その結果、執着していた苦しみから楽になれる、ということなんですね。

別れた彼を思う時、別れ話をされた時、いずれの場合も苦しみの元は「後悔」です。

  • もっと彼の話を聞いてあげればよかった。
  • 私がわがままを言いつづけなかったらよかった。
  • 拘束するようなことをしなければよかった。

そんな彼にしてしまった後悔。

それだけではなく、当時は気づかなかった自分自身に対する思いに気づけることもあります。

  • 自分の気持ちを素直に話せなかったんだ。話しておけばよかった。
  • 私が我慢しすぎていたなんて気がつけなかった。それで彼に負担をかけてたなんて。
  • 彼を頼りにできなかったから、彼は自分が役に立てないと感じ、それが辛くて離れていったのかもしれない。

こうした振り返りは次の恋愛では同じことを繰り返さない学びになります。

大切なのは振り返りの時に自分を責めないこと。自己攻撃は苦しみしか生み出しません。

あなたが心から望んでいるのは自分を責めて苦しむことなのでしょうか。

本当の願いは

「彼も私も幸せであること」

ではないでしょうか。

ここにいつも戻ってみてください。

そうすると、執着している事よりも、お互いにとって一番何が大切なのか、最良なのか、という視点が生まれてきます。

 

◇失恋の学びが自分を変えてくれる

私のクライアントさんの中には、失恋や離婚の苦しみからカウンセリングを使い始めて、自分が癒され、自己価値が戻って魅力を取り戻しながら、新しい恋や再婚に至った方が何人もみえます。

そうした方が必ず言われるのが

「あの別れがあったから今の自分になれた」

という言葉。

 

ただ別れたのではなく、別れを経験し、そこから学び、成長していこうという思いがあったからこそ得られた体験です。

この思いを元に「後悔」を振り返った時には、

「そこにどんな意味があり、次からはどんな自分になっていこうか」

という思いで見直すことができます。

すると自分を責めることを減らせるし、責めてしまう自分に寄り添えます。

 

もちろん、すぐにはうまくできません。

後悔したり、自分を責めたり、悲しかったり苦しかったりが波のように繰り返しやってきます。

しかし、前向きな気持ちも折々にやってくるようになります。

そうした波と付き合いながら、段々と変化していくものなのです。

何よりも、こんな風に失恋を学びと成長にしようと思える自分を見てあげてください。

こうした考え方を持てることは、人として心が大きな証、また、失恋したあなたの周りの誰かのモデルになれるような存在です。

なかなか自分のことは評価できませんが、うまくやれているかより、この姿勢を持てている自分を認めてあげてください。

すでに、あなたは今までのあなたではなく、成長した新しいあなたです。

別れを経験することで、そこから学び、成長していくことで、新しい自分が手に入るというのは、こうした意味なのです。

後悔を振り返り、これからの恋愛の学びにしていくことは、自分の自己価値を取り戻すことにつながっていきます。

次回は具体的に今回の学びと成長を知る方法についてお伝えしていきます。

>>>『失恋を手放して幸せなパートナーシップを手に入れる(4)~自己価値の回復と感謝によるゴールの再設定~』へ続く

この記事を書いたカウンセラー

About Author

池尾 昌紀

名古屋を軸に東京・大阪・福岡でカウンセリング・講座講師を担当。男女関係の修復を中心に、仕事、自己価値UP等幅広いジャンルを扱う。 「親しみやすさ・安心感」と「心理分析の鋭さ・問題解決の提案力」を兼ね備えると評され、年間300件以上、10年以上で5千件超のカウンセリング実績持つ実践派。