セックスに対しての嫌悪感

相談者名
ここやま
結婚9年、娘が1人います。
実は、娘を出産してからセックスに対して嫌悪感が強くなってしまいました。
そのことで夫婦関係にも影響が出てしまっています。
私が小学校に上がる前から母子家庭でした。
母親には交際相手がおり、週末は私も交際相手の自宅で過ごしていました。
その際に母親と交際相手は私がいる部屋と違う部屋でセックスをしていました。
また、母親から交際相手を誘っているのが聞こえたりもして、さすがに小学生になってくれば状況は理解できるようになり、同時に母親に対してもこの人は母親ではないんだな、気持ち悪いなと思っていました。
この体験が今になって影響されているのでしょうか?
また、カウンセリングで改善できるのでしょうか?
カウンセラー
安池泰子
ここやまさん、はじめまして。こんにちは。
今回、担当をさせて頂きます安池泰子と申します。
よろしくお願いいたします。

出産されてからセックスへの嫌悪感が強くなってしまったとのことですが、ご結婚されてお嬢さんを授かるまでの間は、今と同じくらい嫌悪感はあったけれど、お子さんを持ちたい!という気持ちの方が強くて、嫌悪感が薄れていたような感じだったのでしょうか?

妊娠・出産を経て、女性は肉体的にも精神的にも母親になっていくと、自分の身体=子供だけが触れてもいいという気持ちになってしまうことが多いそうです。
身体に触れられるのが嫌という気持ちになれば、セックスに対しても嫌悪感は生まれやすくなります。

そして、ここやまさんが子供の頃にお母様に感じた気持ち悪さもプラスされていて、セックスに対する嫌悪感が強くなっているように思います。

お子さんが女の子ということもあるので、お嬢さんを通してご自身の子供の頃の記憶を振り返ることが多くなっていて、嫌悪感が増幅していることもあると思います。
お嬢さんからご自身の子供の頃に感じたように見られたくないという気持ちもあるのではないでしょうか?

夫婦関係に影響が出てしまっているのは、ここやまさんがセックスに対して嫌悪感が強くて、パートナーからの誘いを拒絶してしまっているような状況だからでしょうか?
それとも、嫌悪感が強いけれど仕方なく応じてはいるものの事務的な感じになってしまっていて、パートナーが嫌われていると勘違いして当たりが強くなったり、あまり会話をしなくなってしまったりでしょうか?

ここやまさんも、パートナーのことが嫌いだからそうなっているわけではないので、とてもしんどいだろうなと思います。

ご相談で書いてくださっている内容を、パートナーにお話しされたことはありますか?
もし、ないようでしたら、「あなたのことが嫌いでそうなってるわけではない」と、きちんと伝えてみるといいかもしれません。

パートナーにしてみたら、出産した後何もしていないのに突然拒絶されたように感じて、よくわからなくなってしまったり、自分の事が嫌いだからなんだ!と思ってしまって、悪い態度になってしまうこともあります。

ここやまさんが子供の頃に体験したことも、多少セックスへの嫌悪感につながっていることもあると思います。

その当時体験されたことや感じたことなどはなかなか人に話せる内容ではないので、ここやまさんの心の内に秘めてこられたんだと思います。
そして、お母様のことを気持ち悪いと思うご自分のことも責めてこられたのではないでしょうか?
今までここやまさんが心の中に留めてきたものが容量オーバーになっていませんか?

カウンセリングは、安全な場所です。
なかなか人に言えないようなお話も外に漏れることはありません。
そして、否定されることもありません。
今までたくさん溜めてきた感情や気持ち、ここやまさんがずっと長いこと言えずにいたこと。
心の中の重い荷物を全部降ろしてみませんか?

カウンセリングでセックスに対する嫌悪感が改善されますよ!とは言い切れないですが、心の中を整理することによってここやまさんの感じ方や見え方が変わりますので、状況が変化してパートナーとの関係性がよくなることもあると思います。

ご相談ありがとうございました。

この記事を書いたカウンセラー

About Author

安池 泰子

鋭い洞察力とユニークな分析から、その人に合ったわかりやすい例え話を用いて、悩みが解決したように感じるパワフルさや、深刻さを笑いに変える明るさが人気を得ている。 どうしたらいいかわからずモヤモヤする事などに通訳者のようなアプローチを信条とし、本音の部分を引き出すお手伝いを特に得意とする。