恋活、婚活、好きになる人があらわれない(1)~心の仕組み~

好きになる人があらわれない理由とは

カウンセリングのご相談の一つとして、好きになる人が現れないというケースのお話があります。好きになる人が現れないことが続くと、自分はおかしいのかなぁ?と思われる人がいますが、そうではありません。理由があるだけです。その理由があることを理解していただく為に、まずは心の仕組みからの説明です。

***

●好きになる人が現れないというケースのお話

カウンセリングで恋活、婚活の話題がでることがあります。

「良い出会いが欲しいんですけど、なかなか現れないんですよね」という話題もあれば

「ちょっと気になる人がいたので、デートにお誘いに、このメールをだそうと思うんですけれど、原さん内容を見てくれません?」という話題もあれば

「自信の無さから好きになっても自分から押せなかったり、相手の好意を受け取れなかったりなど、損をしてしまうことがあるので、自分に自信をもてるようになりたいんです」という話題もあればと

いろんな話題(ご相談)がでてきます。

今日は婚活、恋活をしている皆様の応援をしたいと思い、カウンセリングで出てくる婚活、恋活のお話の一つを取り上げてご紹介していきたいと思います。

今回のケースは、好きになる人が現れないというケースのお話です。

何かのヒントになれば幸いです。

 

●まずは一般的な心の仕組みの話から

大きな本屋さんに行って、心のコーナーに行き、適当に本をとって開いてみると・・・
『心は氷山の一角のようなものである』
というような書き方をしている本と出会うことがあります。

結構の数、このような書き方をしている本があろうかと思います。

この、
『心は氷山の一角のようなものである』
というのは、どういう意味かわかります?

氷山というのは海に浮かんでいますね?

お船の上から、その氷山を見ると、見えるところは海面より上に浮かんでいる一部であり、海面より下の氷は見えません。

海面より下の氷は見えないのですが、海面より上の氷よりも大きい氷の塊があります。

しかも、はるかに大きいです。

タイタニックの物語も、海面より上の氷の大きさを見て、氷山を避けたつもりが、海面より下の氷が思いのほか大きくて、よけ切れておらず、船がぶつかっちゃったという物語でしたね。

それぐらい見えない部分である氷の大きさは大きいわけです。

人の心も、氷山の海面の上と、海面の下の氷の大きさの関係と、似たところがあります。

自分で、自分の心を観察したときに、自分で見えている範囲はごく一部で、見えていない範囲が結構あったりするのです。

この自分で自分の心のことを見えている範囲(認識している範囲)の部分を意識といいます。

意識とは、
“昨日は友達とご飯を食べに行った”
とか、
“私はあの人のことが好き”
など、
自分のことを認識できている心の範囲です。

実は、私たちは自分の心なのですが自分では認識していない部分も持っています。

この自分では認識していない心の部分を深層心理といいます。

氷山に例えると、
海面より上の見えている範囲が意識であり、
海面より下の見えていない範囲が深層心理になります。

船の上から氷山を見たときに海の下の氷は見えないけれど、見えている部分よりもずっと大きな氷があるように、自分で自分の心を見たときに認識はできていないのだけれども深層心理という心の領域は、意識という領域よりも、ずっと大きくあると言われています。

意識と深層心理の割合は、何対何くらいかご存知ですか?

軽いノリのクイズ位のつもりで、当てずっぽうでいいので、ちょっと答えてみましょう?

ヒントは、深層心理のほうが遙かに大きいです。

答えられましたか?

 

答えは、

4対96

ぐらいらしいのです。

重複しますが、心の仕組みとして、
意識が4%、深層心理が96%
という仕組みになっているらしいです。

意識という領域は割合としては、小さいのですね。

そして深層心理というところは心の中の大部分を占めていると言えますね。

そして、この深層心理は意識していないけれど、私たちの感じ方や、行動に影響を与えています。

この普段は意識することがない、深層心理に傷ついている気持ちが残っていたり、恋愛に対してネガティブなイメージがあったりすると、恋愛で自分でも意識していないマイナスな影響を受けてしまうことがあります。

そのマイナスの影響の一つのケースが、好きになれる人がなかなか現れないというケース。

恋活、婚活をしているのに良い出会いがないことが続くと、
「私は縁が無いんだろうか・・・」
「恋愛運に見放されているんだろうか・・・」
のようなことを思われるような人がいらっしゃいます。

「自分は人を好きになれない人なのかなぁ。自分はおかしいのかなぁ」
のようなことを思われる人もいます。

たぶん、そうじゃないです。

たぶん、
あなたに恋愛の縁がないわけではありません。
恋愛運に見放されているわけでもありません。
あなたがおかしいわけでもありません。

深層心理に傷ついている気持ちが残っていたり、
恋愛に対してネガティブなイメージがあったりして、
深層心理の影響力が恋愛に影響しているのだと思います。

次回は、深層心理の影響力が恋愛で好きなれる人が現れないというマイナスな影響を及ぼしていたというケースを具体的に例をあげてご紹介したいと思います。

>>>『恋活、婚活で好きになる人があらわれない(2)~深層心理にある理由を探るカウンセリングでのアプローチの方法~』へ続く

この記事を書いたカウンセラー

About Author

原 裕輝

若年層から熟年層まで、幅広い層に支持されている、人気カウンセラー。 家族関係、恋愛、結婚、離婚、職場関係の問題などの対人関係の分野に高い支持を得る。 東京・名古屋・大阪・福岡の各地でカウンセリングや心理学ワークショップを開催。また、カウンセラー育成のトレーナーもしている。