エナジーバンパイアに振り回されない心理学(2)~流されないようにする為の2つの心構え

「ここで終わり」としっかり伝えることが大切です

エナジーバンパイア(エネルギーバンパイア)は自分の依存心が満たされるまでに話を終わらせないようにするのが上手い人が少なくありません。
その話の持って行き方に流されてしまいエナジーバンパイアに付き合うはめにならないようにする為に2つの心構えをご紹介します。

* * *

●エナジーバンパイア(エネルギーバンパイア)の終わらない依存

エナジーバンパイア(エネルギーバンパイア)に狙われないようにする為に、あなたの時間の都合、体力の都合、心の都合、予定の都合などなど、自分のことも大切にしましょうということを前回は書きました。

狙われてしまう人は良い人が多いです。

そして、もうこれ以上エナジーバンパイア(エネルギーバンパイア)付きまとわれないようにしようと気を付けながらも、結果的にエナジーバンパイア(エネルギーバンパイア)にの要望に付き合ってしまう形になってしまったという展開になってしまうケースがあります。

+++

例えば、
ある人にエナジーバンパイア(エネルギーバンパイア)が話を聞いて欲しいと言ったとします。
その人は「明日は仕事で早起きしなければいけないから、今日は話を聞くのは難しい」と断ったとします。

ところがどっこいエナジーバンパイア(エネルギーバンパイア)は、
「ほんのちょっとだけ、ちょっとだけでいいんで、話を聞いて一言だけでいいんでアドバイスを頂戴」
と食い下がったとします。

毎回そう言いながら、ちょっとだけで済むことは今までなかったよなぁ・・・・と思いながらも、しぶしぶ「じゃあちょっとだけなら」と、話を聞くことをオッケーしたとします。

しかし、案の定ちょっとで済む雰囲気ではなく1時間ほど経過したとします。

『まだまだ終わりそうにないなぁ・・・。明日は朝が早いからここで終わらしてもらおう』
と思い、自分なりのアドバイスを言って、それで話を切り上げようと試みました。

「明日、朝起きるのが早いから話の途中だけど、今日は話はこれで終りにさせてもらうね。一言アドバイスが欲しいと言っていたので、最後に私からの意見を言わせてもらうね」
と、アドバイスを伝えて話を終わろうとしました。

そうすると、エナジーバンパイア(エネルギーバンパイア)は、
「ひどい!なんでそんなことを厳しい言い方をするの?そんなこと言われると不安になって今日は寝れないかも・・・。今日はこの後どうすればいいの?」
と、ものすごく落ち込んだトーンで言うのです。

話を切り上げようとしていたお相手の方は、
『き、きまずい・・・。ちょっと落ち込んだのをフォローしなくちゃ』
と思い、そんなに不安にならなくてもいいと思うよと慰めだしたとします。

「でも、でも、そんなこと言っても不安になるよー、だって・・・・・」
と、そこから話が続きだし、話が終了しお別れしたのが、それから3時間後。

「やっと終わった、もう睡眠時間がほとんど取れない・・・」

 

●私が割ける時間はここまでという気持ちをしっかり持つ

このケースでは、どうやったら早々に話を終わらせて、話に付き合わずに済んだのでしょう?

ここでのポイントは、“私が割ける時間はここまで”という気持ちをしっかり持つこと。
と、
No(断る意思)をしっかり持っておくこと。

エナジーバンパイア(エネルギーバンパイア)は相手の都合や、相手の状況、相手が困っているとかは考えずに、自分を満たすために相手に依存するので、多くの方はその依存の仕方に困ってしまい、嫌厭(けんえん)するようになります。

その為、エナジーバンパイア(エネルギーバンパイア)は、話をきりあげられるとか、距離を取られるとか、拒絶されるなどの経験が多くなります。

その経験からなのか、話をきりあげられるとか、距離を取られるとか、拒絶されるなどの雰囲気に敏感に察知して話を終わらせないような展開に持っていくのが上手なエナジーバンパイア(エネルギーバンパイア)は少なくありません。

先程の例も、
話を切り上げようとしたところ、「そんなこと言われると不安になって今日は寝れないかも・・・。今日はこの後どうすればいいの?」と言われて、話に付き合うことになった展開でしたね。

そのような展開になった時に雰囲気に流されてエナジーバンパイア(エネルギーバンパイア)のニーズ(欲求)に付き合い続けることがないように、“私が割ける時間はここまで”という気持ちをしっかり持っていきましょう。
そして、話に付き合うのは今日はここまでと伝えて終わりにしましょう。

もちろん、その人のために話に付き合ってあげたいと心から思えばそれに付き合うのは良いと思います。
心からその人のためにと思ってした事は、たとえ寝る時間が少なくなっても、体が疲れても後に充実感や納得感が残るでしょう。

でも、本当は嫌だなぁと思いながら付き合うのであれば、私が割ける時間はここまで、今日はここで終わりという気持ちをしっかり持って「悪いけど、これで話を終わらしてもらうね」ときっぱりこれで終わりの意思を伝えることをお勧めします。

それでもエナジーバンパイア(エネルギーバンパイア)タイプは、更に話を終わらせないような展開に持っていこうとしたり、あとちょっとだけと食い下がるかもしれません。
(自分の依存心を満たすまで、相手の都合を考えず依存するのがエナジーバンパイア(エネルギーバンパイアの特徴なので、こういうことをしがちなのですね)

優しい人は、「ほんとに後ちょっとだけだよ・・・」その展開に付き合ってしまったりするんですね。

だから、No(断る意思)をしっかり持つこともポイントなんですね。

そういう展開になっても、ここで終わりとしっかり伝えること!
電話だったら電話を切ってしまう、会って話だったら席を立ち上がるのも一つの方法ですね。

エナジーバンパイア(エネルギーバンパイア)の話の持って行き方に流されて、結果的にエナジーバンパイア(エネルギーバンパイア)にの要望に付き合ってしまう形にならないように、この2つの心構えを持ってみるのをオススメします。

>>>『エナジーバンパイアに振り回されない心理学(3)~タイプ別エナジーバンパイア対策~』へ続く

この記事を書いたカウンセラー

About Author

原 裕輝

若年層から熟年層まで、幅広い層に支持されている、人気カウンセラー。 家族関係、恋愛、結婚、離婚、職場関係の問題などの対人関係の分野に高い支持を得る。 東京・名古屋・大阪・福岡の各地でカウンセリングや心理学ワークショップを開催。また、カウンセラー育成のトレーナーもしている。