企業の性格、あなたの性格

私たち人間には、それぞれ「性格」という個性がありますね。
元気な人、穏やかな人、行動的な人、忍耐力のある人、楽観的、悲観的、協調性、マイペース、などなど。

性格は「個性」や「特徴」と言い換えてもいいですが、「他と比べてどんな風に違っているか」という、ある種の目印みたいなものです。
全く同じ人間はいませんから、全く同じ性格の人もいないという事になりますね。

人間以外の動物にも、性格(個性)はあるようです。
犬や猫などの動物を飼っている人は、「うちの犬と、友達の家の犬は性格が違うな」とか、「同じ種類の犬2匹でも、性格が違っているな」と感じた事もあるのではないでしょうか。
 

人間だけでなく動物にも個性があるように、実は「会社や企業」にも性格がある、と言ったらみなさんはどう感じるでしょうか?
性格、という言葉に違和感がある人は、「性質、個性、特徴」と言い換えてもらっても構いません。
さっきの、「同じ種類の犬2匹でも、性格が違っている」という事があるように、「同じ種類の会社でも、性格(特徴)が違っている」という事があるわけですね。

たとえばここに、「タナカ電気」と「スズキ電気」という、2つの家電メーカーがあったとします。資本金の額や従業員の規模などは、同じぐらいだったとしてみます。
しかし、創業者の「タナカさん」と「スズキさん」は、同じ人ではありませんから、性格が違っています。
働いている従業員も、同じ人はいませんから、職場の雰囲気なども全く同じではありません。

そうなってくると、社内規定や会社の経営方針なども、当然違ってくる事になります。
タナカ電気は「昔ながらの使いやすい家電を、安く提供する安定した会社」とか、
スズキ電気は「今までにない革新的な家電を作るが、値段が高く故障も多い」などの個性が出てきます。
同じ性格の人間がいない以上、同じ性格の会社というのもありえないので、かならず個性、特徴があるわけですね。

もうちょっと細かく見ていくと、一つの会社の中にも、様々な「部署」などがあったりしますね。営業部、経理部、企画部などなど。
当然、この「部署」もそれぞれに性格が違っている事になります。
一つの部署の中には、さらに細かい「班」や「グループ」などがあり、そこにもそれぞれの性格、特徴があるわけです。
 

さて、ここでみなさんに注目していただきたい部分は、「自分が所属している会社、部署、グループなどの性格」と、「あなた自身の性格」は、どの程度一致しているかな?というところです。

もし、あなたの性格が「仕事はなるべくマイペースにやりたい、稼ぎはそこそこでいいので、定時には帰りたい」という性格だったとします。
性格というのは単なる個性、特徴ですから、本来良いも悪いもありません。
しかし、もし所属しているグループの性格(雰囲気)が、「みんなで頑張って、少しでも売り上げを伸ばそう!」という感じだったりすると、マイペースな人は「やる気が無い」とか「みんなが頑張っているのに、協調性が無い」などと、非難されてしまう事があります。

反対に、もしあなたが「人よりも沢山働いて、トップの業績を出したい!」という性格なのに、所属している部署やグループがのんびりした性格(雰囲気)だったら、やっぱり「協調性が無い」とか、「あの人がいると帰りづらくなる」とか、厄介者扱いされてしまう事もあります。
本来、どちらの性格も良い悪いは無いのですが、「所属している集団の性格」に合っていないと、少数派、異端児になってしまい、居心地が悪くなったり、ひどい時には排除されてしまう事すらあり得ます。

集団の性格や雰囲気は、そのグループのリーダー(責任者)の性格と、メンバー(従業員)の性格、その双方の影響で変化をしていきます。パワーバランスが変化する、と言ってもいいかも知れません。
責任者が強い権限(パワー)を持っている場合は、従業員は責任者の性格に合わせる事になりますが、従業員からの不満の声が責任者の権限(パワー)を上回ると、反対に責任者が考えを変えるか、別の部署に異動するなどの必要性が出てきます。
 

集団には様々な規模がありますが、それぞれに性格があります。
数人のグループ、部署、企業、業界全体、そして「国家という巨大組織」にも、やっぱり性格があります。
個人の性格も年齢や環境と共に変化をしていくように、集団としての性格も、時代の流れと共に変化をしていきます。

でも、「大きな組織の性格」以上に重要なのは、「あなたが所属している、数人のグループの性格」と「あなたの性格」が、一致しているかどうかかも知れません。
あなたの性格に合った集団に所属するか、集団の性格に合わせてあなたが変化するか、あるいはあなたのパワーで集団の性格を変えてしまうか。
ぜひ、あなたの性格に合った変化をしてみて欲しいと思います。

この記事を書いたカウンセラー

About Author

樋掛 豪

恋愛パターンの改善を中心に、家族関係や職場の人間関係、浮気問題や離婚問題、うつなどの心の問題や男女の心理の違いなど、幅広いジャンルを扱う。 慢性的な不安や孤独感、自己否定や罪悪感などのネガティブな感情を癒し、心の中に安心感や充実感を作っていくカウンセリングを得意としている。