婚活で理想の相手を見つける心理学~誰かと一緒に探す自己価値の効果~

婚活に役立つ自己価値を知るには信頼できる誰かに聞くのが一番の早道

婚活で理想の相手を見つけるのに有効な方法は「自分の価値を知り表現していく」こと。才能・魅力・いいところがあるのかを知っておかないと、表現したり使ったりすることができません。自己価値を知るには信頼できる友人などに聞くのが一番の早道。お互いの価値を伝え合い、恋愛に役に立つところまで整理すると表現しやすくなります。今回の記事では自己価値の効果の心理と合わせ、友達と一緒に具体的に自分の魅力を知っていく方法についてご紹介していきます。

***

婚活をがんばっているのに、なかなかいい相手に巡り合わない。いいな、と思っている相手からは声をかけられない。そんな悩みを持つ方からのご相談をよく伺います。

自分にとって理想の相手を見つけるのに有効な方法は「自分の価値を知り表現していく」こと。才能・魅力・いいところがあるのかを知っておかないと、表現したり使ったりすることができません。逆に、知っていれば表現や使うことができるようになります。

◇自己価値を知るには信頼できる誰かに聞くのが一番の早道

しかしながら、自己価値を知るのは難しい。

なぜなら、自分で自分の価値を探そうとすると抵抗が出てくるからです。

自覚していない人も多いですが、私たちは自分にとても厳しいのです。しっかりしなければいけない、と自分を追い込んでしまうことが当たり前になっているので、自分の価値、才能・魅力・いいところを見つけることができません。

自分を褒めると、傲慢に、わがままに、自己中心的になってしまうのではないかという怖れを感じるために、それを止めるべく、自分に厳しくなってしまうのです。

では、どうしたらいいかといえば、自分のことをよく知る友人などに価値を聞いて教えてもらうことが最も効果的な方法になります。

他人の方が自分の価値を知っているものなのです。お互いの価値を伝え合って、リストを一緒に作るやり方がオススメです。

自分だけが教えてもらうのは気がひけるものですが、これでお互いのいいところを知ることができます。

◇見つけた自己価値を元に、婚活に役立つ自分の魅力を探していく

次に、婚活に具体的に役に立つ魅力の整理を進め、表現したり、使っていけるようにしていきます。

(1)自分の恋愛年表を作って見直す

今までの自分の恋愛について、時系列に並べて、その時々の相手との出来事を書いていきます。

その横の行には「自分ががんばったこと」さらに横の行に「相手にしてもらって嬉しかったこと、感謝していること」の欄を作り、書いていきます。

これを作ると、自分の価値が見えてきます。年表を見ながら、以下の視点で自分を褒めてあげてください。

1)自分ががんばったこと

あなたの努力を認めてあげてください。うまくいかなかったこと、後悔していることがあるかもしれません。しかし、その時々でベストを尽くしてきたのです。そんな自分を認めてあげます。

2)相手にしてもらって嬉しかったこと、感謝していること

相手があなたにしてくれたのは、あなたに価値があるからです。これだけのことをしてもらった価値が自分にあることを感じてみましょう。
以上のことを踏まえながら、最後に、さらにその横の行に「自分の価値、魅力、才能、いいところ」の欄を作り、それを書き込みます。この最後の行が、あなたの恋愛における価値です。

まずは、こうした価値を持っていることに自信を持ってみようと思ってください。次に、この価値をアピールポイントとして使っていけるとしたら、どんなことに使えそうか考えてみましょう。

(2)パートナーとのビジョンを描く

結婚相手とどんな風に結婚生活を送りたいかについて、具体的にしていくことは、自己イメージがインプットされて、将来に向けて心に方向性を持たせることになり、結果が伴いやすくなります。

次の3つの視点で将来のパートナーとのビジョンを具体的に描いてみましょう。

1)パートナーにあなたがしてあげたい具体的なこと
2)パートナーからあなたがしてもらいたい具体的なこと
3)二人で一緒にやりたい具体的なこと

これをそれぞれ50個リストアップします。

「毎日の夕食の後には30分は二人で今日の出来事を語り合える時間を作り、これがお互いのやすらぎのひと時になる」など、できるだけ具体的にすることがポイントです。

◇一人でやらないことがうまくやるコツ

これらのやり方は、一人でやるのはなかなか難しいものです。ここでも、一人でやるのは難しいので、信頼できる友人と一緒に作っていくことをオススメしています。

ポイントは楽しみながらお互いの価値を伝え合う、アドバイスし合うこと。

自分の価値を伝えてもらうこと、相手に価値を伝えることは、心がワクワクするもの。楽しんでやっていこうと思ってみてください。

◇最も大切なのは「自分が尊い存在である」ことを思い出すこと

こうしたやり方で出てきた自分の価値をずらっとリストにまとめてみましょう。
そして、こんな風に考えてみます。

これが自分の価値だとしたら。これは誰からもらったものだろう、と。
親、兄弟姉妹、家族、先輩後輩、友達仲間、先生、上司など。
具体的につながらなくても結構です。

そう思って自分の価値を見ていると、たくさんの応援者がいたことを感じられます。
もともと、自分には価値があり、それを支え応援してくれる人たちがいる。

こう感じた時、自分の価値をしっかりと受け取ることができるようになります。

一言で言えば「感謝」なのですが、それを感じてみることにチャレンジしてみてください。この思いがあなたの魅力を大きく後押ししてくれ、理想のパートナーを得ることに大きく役立ちます。

(完)

 

この記事を書いたカウンセラー

About Author

池尾 昌紀

名古屋を軸に東京・大阪・福岡でカウンセリング・講座講師を担当。男女関係の修復を中心に、仕事、自己価値UP等幅広いジャンルを扱う。 「親しみやすさ・安心感」と「心理分析の鋭さ・問題解決の提案力」を兼ね備えると評され、年間300件以上、10年以上で5千件超のカウンセリング実績持つ実践派。