ココロを癒すと恋愛に強くなる!4つの癒しのプロセス(3)~私の生み出せる価値を見る~

やっぱりパートナーには「理解・肯定」してもらいたい

今回は「正しさより私の生み出せる価値を見る」がテーマです。
恋愛やご夫婦のご相談の中でも、なかなかパワフルなものが「ケンカ」にまつわるご相談です。つい言いたくもないことを伝えてしまい、関係が悪化したというお話はカウンセリングでもよく頂くご相談です。
ケンカには、お互いの正しさの対立が隠れています。そしてこの正しさは自分を守る鎧のようなものなのです。
この鎧を脱いだ自分を見つめ、「自分が想像できる価値」をじっくり見つめていくと、正しさの対立を超えて「相手を理解する」プロセスに入ることができるのです。

***

こんにちは。カウンセリングサービスの浅野寿和です。

今回は「恋愛力アップの心理学」の第3回目。今回は「私の生み出せる価値を見る」がテーマです。

恋愛やご夫婦のご相談の中でも、なかなかパワフルなものが「ケンカ」にまつわるご相談です。

彼と大げんかしちゃってそれから連絡がありません。
夫と言い合いになってそれからずっと冷戦状態です。
勢いで「もう別れる!」って言ってしまって、あとで後悔しているんですけど、相手は別れるつもりらしくて・・・。

これも確かに恋愛ではあまりいい関係に向かわない一つの要因になるでしょう。

ただまぁ、相手が憎くてケンカしているわけじゃないんだけど、つい一言言いたくなってしまう。そんな気持ちになることもあるかもしれませんね。

○ケンカの理由はいろいろあれど

ついつい相手と対立してまうには様々な理由がありますよね。

が、実際にカウンセリングでお話を伺うといくつかのパターンに分類できるものだと僕は感じています。

いくつか例を上げてみます。

・言いたいことが言えていない場合

普段から言いたいことが言えていない人ほど、ついケンカしてしまうもの。

今まで言いたいことを我慢していた分だけ、つい相手をチクッと刺したくなるんですよね。

本来言えていないことが「愛してる」であっても、言いたいことを我慢しているとついチクッと一撃加えたくなるものです。

・自分の意見が正しいと思っている場合

自分の価値観や意見が正しいと思い込みすぎていると、ついケンカになってしまいます。

そもそも私達は「自分の意見・価値観」を疑うことなどしません。

それに気づかないので、相手の意見を受け入れる前に潰してしまうんですね。「それは違うわ」「それはおかしいだろ」と。これはケンカになりますよね・・・。

多くの場合、自分の価値観や意見を否定する必要はないですが、であれば、それは相手も同じ気持ちのはず。ここをつい見落としてしまい、たとえ善意でも相手の意見を否定するとケンカになるのです。

・本当に受け入れてくれているのか試す

これぐらいのことを言っても受け入れてくれるの?と相手を試すように相手をチクっと刺すパターン。

これは女性に多いでしょうか。特に付き合う前と、付き合いが深くなっていくと出てくる「不安」によるものですね。

もちろん試したくなるその気持ちをネガティヴに見る必要はないですが、これが相手の好意を叩き潰していたというケースも多いもの。

○鍵は相手の気持ちに気づけるかどうか

どのケースにも共通しているのは「自分を見ている状態」であること。

「自分を見ている」とは、自分の内面に意識が向いている状態のこと。相手を見ているわけではありません。

そう、多くのケンカや対立構造は、相手を見ているようで、見ているのは自分の感情なのです。

怒り、疑い、不満などの感情。

そして自分の正しさ。

この状態は相手を見ているわけではありませんから、相手の気持ちに反応することは難しいのです。

どんな人もパートナーには「理解・肯定」してもらいたいもの。

その上での意見なら多くの人は聞く耳を持つのですが、のっけからチクっと刺されると聞く耳を持ちませんよね。

これがいわゆる恋愛力を削ぎ落とす要因になっていることも多いのです。

○「自分が創造できる価値」を探し出す

幸せな恋愛とは、お互いを認めあい、二人で「どうしていけばいいんだろうね?」と考えていくことで大きな歓びを感じられるもの。

ここでいう恋愛力とは「互いを尊重する力」と言えます。

言い換えれば「相手を見る力」です。

実は、自分の価値観・正しさは「自分を守る鎧」のようなものなんです。この鎧を脱ぐことで初めて、相手を見る力が養えます。

つまり、自分の価値観・正しさの鎧を脱いだ状態の「自分の価値」を見つめていくプロセスが有効なのです。

例えば、「自分はこれだけ要求に応じられる」は、実は人の評価基準に基づく自己評価ですから、それは正しさに取り込まれてしまいます。

ここでは「自分は大切な人のためにどんな価値が創造できるか」を認めていくのです。

自分は相手のために〇〇ができる。
こんな歓びを提供できる。

こういった自分本来が持つ「真に人に与えられる価値」を紙に書き出すなどしながら、100個ぐらい探し出しましょう。

これが自覚できると更にココロが穏やかになり、自分を今よりももっと信頼できます。もちろん心にも余裕が生まれます。

ここで「相手のことを見る目」を持つことができるのです。

一体相手はどんな気持ちなんだろう。
相手は今、何を持っているんだろう。

そうか、相手は今こんな気分なのかな。
相手は今こんな事情を抱えているのかな。

そういった目を持てば、相手を喜ばせる次の一手が打てる。

これはものすごい恋愛力につながりますよ。

>>>『ココロを癒すと恋愛に強くなる!4つの癒しのプロセス(4)~天国の扉は二人でひらく~』へ続く

この記事を書いたカウンセラー

About Author

浅野 寿和

年間400件以上の面談カウンセリングを行う実践派。「男女関係向上・男性心理分析」「自信・自己価値向上」に独特の強みをもち、ビジネス・ライフワーク発見なども対応。明快・明晰かつ、ユーモアと温かさを忘れない屈託のないカウンセリングは「一度利用するとクセになる」と評され、お客様の笑顔が絶えない。