彼との別れから自分を取り戻せない

相談者名
あこ
今年の1月に2年付き合った彼と別れました。彼とは毎日のように会い、何をするにもいつも一緒でした。お互い非があって別れたのですが、最後に(所詮他人だろ)と言われた言葉にはとてもショックを受けました。築きあげたつながりはこんな言葉で簡単に終わってしまうモノなんだと理解に苦しみました。
別れた後、一切つながりを切りました。それから三ヶ月間私は心療内科の薬にお世話になり、とりあえず今は仕事だけは通えている日々を送っています。
色んな影響を受けて、彼と付き合っていた頃、私はこの人と生きて行くのだろうというすごく強い思いをもっていました。私にとっては家族よりも大きな存在でした。
そのせいか今は以前のように自分の将来や成すべき事、したい事、見たい物、食べたい物、欲しい物等さえまったく定まりません。
未練や期待する気持ちはまだあります。ただ時間がたつにつれて、彼が居ないという実感はあります。同時に自分の時間、自分さえもうまく取り戻せず思い出しては涙が出てきます。色んなサイトを見て、依存的なものから卒業や手放すこと、どうにか努力したいと思います。もう戻れないという現実を受け入れたいです。
笑う事も、怒る事もなく、生きている実感も、自分が誰なのかもよくわからなくて途方にくれています。
私はこんな状態ですが、前に進んでいるでしょうか?
カウンセラー
原裕輝
こんにちは、あこさん
原といいます。
ご相談ありがとうございます。
よろしくお願いします。

お別れは本当につらいものですね。
2年という歴史があるだけに色んな思いがでてくると思います。
ご相談内容を読んで、僕なりにですが、
あこさんの悲しみが伝わってくるような気がします。

僕はあこさんは前に進んでいると思うんですね。
本当に苦しい時期だと思うんです。そんな中、
依存的なものから卒業や手放すこと、どうにか努力したいと思うこと、
もう戻れないという現実を受け入れたいと思っていることが
前に進めている証拠だと思うんです。
そう思うから、これは本当に手放せて楽になっていけると思います。

今は苦しいでしょうが頑張ってくださいね。
来るし時は誰かの一人で踏ん張らずに誰かのサポートを借りてくださいね。
応援しています。

ご相談ありがとうございました。
失礼します。

この記事を書いたカウンセラー

About Author

原 裕輝

若年層から熟年層まで、幅広い層に支持されている、人気カウンセラー。 家族関係、恋愛、結婚、離婚、職場関係の問題などの対人関係の分野に高い支持を得る。 東京・名古屋・大阪・福岡の各地でカウンセリングや心理学ワークショップを開催。また、カウンセラー育成のトレーナーもしている。