彼が鬱で入院してます

相談者名
きょうこ
はじめまして、きょうこといいます。
彼と付き合って5年になります。
彼は鬱病になって、入所しながら治療してます。
鬱になったのは初めてではなく2回目です。
今回は去年10月に働いてた職場で解雇になり就職活動していたのですが、仕事が決まらなくて、疲れからか今年になってから、だんだん鬱の症状が出てきました。
体もだるくなり、集中できなくなり就職活動もできなくなりました。
1月の半ばぐらいに、病院に診察に行った所、入院が必要という事になり、現在入所して治療中です。
入院と言っても、出入りができるらしく、辛くなったり落ち込んだりしたら、私の家に週に1日ぐらいのペースで来ます。
実家の方には軽く顔を出す軽度で、一日一緒に過ごしてます
彼の話だと私と一緒にいる時が一番心が落ち着いて安定するんだそうです。
彼が来るのは全然問題もないのですが、彼と接する時どう接したらいいのか分らなくなる時があります。
励ましや、こちらから病状を聞いたりは、けっしてしてません。
彼から病気の話や治療の話を言えば、じっくりと聞くようにしてます。
いつも、傍にいるからね・・・・と安心させてます。
此の頃は、夜も寝られなく夜中に苦痛を訴えるメールが来るようになり、彼の気持ちを受けとめ、メールを送り返してます。
家に来た時は、笑顔も少ないのですが帰る時は、すっきりしたと言って帰ります
笑顔で、何気ない話をしたりと、ゆったりと過ごすよう心掛けてますが、
これでいいのでしょうか?
私に出来ることは他にないのでしょうか?
彼は治って社会復帰できるのでしょうか?
彼を支えて病気を治してあげたいのです。
宜しくお願いします。
カウンセラー
原裕輝
はじめまして、原といいます。
ご相談ありがとうございます。
よろしくお願いします。

入院してるということは、彼もだいぶんしんどそうですね。
愛する人が苦しんでる姿を見るのはつらいですよね。
彼もつらいと思いますが、きょうこさんもつらいと思います。

ご相談を内容を読まさせていただいて、とってもいいサポートを彼にされてる
と思いました。
彼の言葉をじっくり聞いてあげて、受け止めて、傍にいるよっと安心させてあ
げて、すばらしいと思います。

僕たちは、愛する人が苦しんでるのを見るのは、自分が苦しむ以上に苦しい時
あります。
それゆえ何とかしたいと焦ってしまうこともあります。
でも、今は焦らず、きょうこさんが行われてるすばらしいサポートに自信を持
たれてください。

彼がきょうこさんと一緒にいる時が一番心が落ち着いて安定するという言葉を
受け取っていきましょう。
すばらしいサポートをなされている証拠ですから。

一番のサポートは彼を心から愛してあげること
それをしているご自身に自信を持ってくださいね。
その愛が彼を救いますから。

きょうこさん自身無理をしすぎないでくださね。
応援してます。
それでは、今回はこれで失礼します。

 

この記事を書いたカウンセラー

About Author

原 裕輝

若年層から熟年層まで、幅広い層に支持されている、人気カウンセラー。 家族関係、恋愛、結婚、離婚、職場関係の問題などの対人関係の分野に高い支持を得る。 東京・名古屋・大阪・福岡の各地でカウンセリングや心理学ワークショップを開催。また、カウンセラー育成のトレーナーもしている。