かつてのいじめが忘れられなくて苦しい

相談者名
みー
昔のいじめられた事が今でも忘れられず、ずっと苦しんでいます。
その傷のせいで私は他人もしくは親にさいも、心を開くことができません。
過去の掲示板で手紙に書くのもいい方法だと書いてありましたが、
私にはとても無理です。昔のことを思いだそうとすると、怖くなるんです。
手が震えてしまうんです。どうしたら昔のことを克服できるんですか?
良きアドバイスをお願いします。
カウンセラー
根本裕幸(退会)
根本です。みーさん、こんばんわ。> 昔のいじめられた事が今でも忘れられず、ずっと苦しんでいます。

それはしんどいですね。
きっととってもしんどく、辛い思いがたくさんあったのでしょう。
何か重たい荷物をずーっと背負っているような感じでしょうか。

> その傷のせいで私は他人もしくは親にさいも、心を開くことができません。

そんな自分をみーさんはどんな風に感じられていますか?
怒りを感じますか?
それとも悲しみでしょうか。
それとも・・・。

> 過去の掲示板で手紙に書くのもいい方法だと書いてありましたが、
> 私にはとても無理です。昔のことを思いだそうとすると、怖くなるんです。

それはみーさんにとってどんな恐れなのでしょうか。
どんな風にみーさんを苦しめてらっしゃいますか。

手紙を書くのはいい方法なんですが、その人それぞれの流れによるんですよね。
準備が出来て初めてできることです。
今のみーさんには、今のみーさんにぴったりの方法がきっとあると思うんです。
それを見つけていきましょうね。

> 手が震えてしまうんです。どうしたら昔のことを克服できるんですか?

その克服したい。みんなに心を開きたい、と思うところから始めましょう。
目標設定って言います。
目標なので、今すぐにできなくてもOK。
少しずつ少しずつそこに近づいていけるようになればいいんですね。

あまりに恐い経験をされたとしたら、まずは、その恐れを解放してあげるのがいいかもしれません。
そして、一人では無理なこともあります。
誰かの助けが必要な場合が、ね。

焦らず、ゆっくりやりましょうね。
必ずその気持ちは叶えられます。
今できること、を探してみましょう。

それではお返事お待ちしています。

相談者名
みー
ご相談に乗っていただきありがとうございます。
今だにずっと昔の辛いことが忘れられず、ずっと引きずってます。
なんで私だけがこんなめに遭わないといけないのか、もうずっと
嫌悪感があります。> そんな自分をみーさんはどんな風に感じられていますか?
> 怒りを感じますか?
怒りと悲しみ両方です。
じつは言うと、こんなこと書いていいものか・・・?
本当はいうと親を憎んでいるのです。
自分のことをやさしくかまってくれなかった親を憎んでいるのです。
小さい頃親の優しい顔を見たことことないのです。いつも怒った顔
しか覚えていません。
もう自分自身この心の中を誰にぶつけたらいいのかわからないのです。

こんなふうに思う自分も嫌になってきます。
今は親と同居してるんですが、家を出たくて出たくてたまりません。
お金がないです。

昔同級生達にいじめられたことは、劣等感となって苦しめてます。
そのときの恐怖心がよぎって、おかげで人と話すのが苦手になりました。
声が震えてしまうんです。

どうしたらその恐怖心を無くすことができるんですか?
どうしたら、恐れを開放することができるんですか?
教えてください。

カウンセラー
根本裕幸(退会)
根本です。お返事ありがとうございます。> 今だにずっと昔の辛いことが忘れられず、ずっと引きずってます。
> なんで私だけがこんなめに遭わないといけないのか、もうずっと
> 嫌悪感があります。

どこにもぶつけられない怒り、理不尽さ、悔しさ、悲しみ、いっぱいあるみたいですね。
本当に辛いんじゃないかな・・・。

> じつは言うと、こんなこと書いていいものか・・・?
> 本当はいうと親を憎んでいるのです。

みーさんは優しい方ですね。
親を憎んでるってことに罪悪感を感じているのかな?
いけないことって思ってらっしゃるのかな?

> 自分のことをやさしくかまってくれなかった親を憎んでいるのです。
> 小さい頃親の優しい顔を見たことことないのです。いつも怒った顔
> しか覚えていません。

それは辛い子ども時代でしたね。
子ども達にとって、親は世界そのものですよね。
そのご両親から優しくされなかった、怒りばかり見てきた、としたら、本当に楽しむことや解放感を味わうことは難しくなってしまうのかもしれません。
生きてる意味や目的を見つけられなくなる場合もあるかもしれませんね。

> もう自分自身この心の中を誰にぶつけたらいいのかわからないのです。

たくさんたくさんその思いが詰まっているんじゃないかな。

提案を一つさせてもらってもいいかな。
誰かにぶつけなきゃいけないって思うと、きっとみーさんの心に罪悪感が生まれるような気がするんです。
だから、その思いを今まで誰にもぶつけずに持ちつづけてきたんじゃないかな。

でも、ぶつけるんじゃなくて、ただ吐き出すのはどうでしょうか。
言葉にして、ただ聴いてもらう、受け入れてもらう、それだけですーっと心が楽になるかもしれません。

> 昔同級生達にいじめられたことは、劣等感となって苦しめてます。
> そのときの恐怖心がよぎって、おかげで人と話すのが苦手になりました。
> 声が震えてしまうんです。

いじめられたことで人を恐く感じ、信頼できなくなってしまいますね。
いつも自分を小さく、目立たないようにしてしまうかもしれません。
人の目が気になったり、恐くなったり。

> どうしたらその恐怖心を無くすことができるんですか?
> どうしたら、恐れを開放することができるんですか?

まずはその恐れを感じている自分を受け入れてあげるのがいいんじゃないでしょうか。
人が恐い、人が苦手、その思いをただ感じてみるんです。
目を背けずに、意識をその恐れに向けるんです。
がたがた震えがくるかもしれません。
僕たちは恐れを恐れてしまう事もあります。
でも、感情は向き合ってただ感じてあげることで抜けていきます。解放できます。
もちろん、一人でやるのはこれまた恐いでしょう。
たくさんの思いとともに、自分がどんどん沈んでいくような恐怖もあるかもしれません。

恐れから逃げないこと、それは自分の感情ですから、恐れを感じたそのときに乗り越え、解放してあげることができます。
一人では難しい・・・こわい・・・できない・・・と思うのであれば、僕たちを頼って見てください。
いつでも手を貸します。

みーさんがその恐れの向こう側にある笑顔を手に入れていけるように応援してます。

それでは。

この記事を書いたカウンセラー

About Author

アバター

退会しました。