◇ワンちゃんに学ぶ貢献

 先日、『盲導犬についてもっと知ろう』という公演を見させてもらう機会が
 あり見てまいりました。
 盲導犬を育てるまでのビデオを見させていただいたり、盲導犬の飼い主の
 お話しを聞かせてもらったりしました。
 その公演の中に盲導犬と飼い主が一緒に歩いてる様子を見せてくれるコー
 ナーがあったんですね。
 
 飼い主と一緒に歩く盲導犬は、ずっと尻尾を大きく横に振りながら歩いて
 いました。
 僕はそれを見て、あのワンちゃんは飼い主の役にたててるのが嬉しいんだ
 ろうなと思いました。
 
 誰かの役に立ちたい
 誰でも1回くらいは思ったことがあるんじゃないでしょうか?
 たとえ、実際に実行できた、実行していないは別にしても。
 
 何か機会あって、なにかに貢献したり、誰かの為に役に立つということが
 できた時、あのワンちゃんが尻尾を大きく横に振って喜んでいたように、
 僕たちも満足感や充実感や、喜びというものが得られるんじゃないかなと
 “ふ”と思いました。
 
 嫌々仕事をしているのではなく、喜んでお仕事をしているワンちゃんの 
 姿はすばらしいと思いました。
 僕も、このカウンセリングサービス情報便の原稿を書く時、締め切りに追
 われて焦りながら書くのではなく、読んでくださる方のお役に少しでもた
 てることができればということに原稿を書く喜びを感じながら原稿を仕上
 げようと思いました。
 
 ホント、ワンちゃんに頭が下がります。
(笑)
 by 原裕輝

この記事を書いたカウンセラー

About Author

原 裕輝

若年層から熟年層まで、幅広い層に支持されている、人気カウンセラー。 家族関係、恋愛、結婚、離婚、職場関係の問題などの対人関係の分野に高い支持を得る。 東京・名古屋・大阪・福岡の各地でカウンセリングや心理学ワークショップを開催。また、カウンセラー育成のトレーナーもしている。