幸せになる許可のススメ(4)~心理的なブロックを壊す許可のエクササイズ~

なぜ、幸せになることへの心理的ブロックが作られたのか、そのできた理由は人それぞれ様々なのですが、この心理的ブロックに風穴をあけていく方法として共通して使えるやり方があります。
今回はこの風穴をあけていくための心のエクササイズをご紹介いたします。
幸せになるための許可をおろして幸せを手に入れていきましょう。

共通して使えるアプローチ

なぜ、幸せになることへの心理的ブロックが作られたのか、そのできた理由は人それぞれ様々なのですが、この心理的ブロックに風穴をあけていく方法として共通して使えるやり方があります。

心理的ブロックに風穴をあけて、幸せを手に入れる為のとっても簡単な方法があるのです。

それは「幸せになるために」と飛騨の山奥にこもって修行をするよりも、華厳の滝うたれて修行をするよりも、もっと簡単な方法です。

それは・・・抵抗になっている心理をみつけて、その上で改めて幸せを自分に許そう、成功を自分に許そうと心の中で唱えて許可するのです。
それだけです!

3ステップの心のエクササイズ

今回は、具体的な3ステップをご紹介します。

・具体的なプロセス

1st step:心にある心理ブロック(抵抗感)をみつけること

それには、もしもゲームというものを使います。

もしも、心のどこに○○で幸せになる(成功する)ことに恐れがあるとしたらどんな恐れがあるのだろう?
もしも、心のどこかに○○で幸せになりたくなかったとしたらなぜなのだろう?

という具合に、もしも恐れがあったら、もしも幸せになりたくなかったとしたらという仮定で考えてみるのです。
そう考えてみることで潜在意識に潜っている心理的ブロックが浮上してきやすくなります。

この○○には(結婚で)とか(仕事で)とかジャンルを入れていきます。

そうすることにより結婚に関する心理的ブロック、仕事に関する心理的ブロックなど、何に関しての心理的ブロックを見つけたいのか、より的をしぼりやすくなります。

 

2nd step:でてきた心理的ブロックを受けとめる

「そっか!心の奥に結婚を怖がって私がいたんだなぁ」
「心の奥に幸せになることに、私だけ幸せになるのは家族に申し訳ないと思っている私がいたんだなぁ」
という具合に見つけた心理的なブロックを改めて心の中でこんな心理があったのだと受け止めます。

 

3rd step:幸せになることを改めて許可をすること

その心理ブロックが心のどっかにあったのだと受け止めた上で、改めて幸せになることを許可します。

「結婚という幸せを許可しよう!」
「まずは私から幸せになっていくことを許可しよう」

これだけです!
抵抗になっている心理をみつけて、その上で幸せを自分に許そう、成功を自分に許そうと許可するのです。

改めて幸せを自分に許すそうと決めるだけです。

そうやっていくことで心理的なブロックがかかっていたところに風穴をあけていくのです。

そうするとその風穴から幸せや、成功、自由がより入ってきます。

これで心理的ブロックに風穴があかない場合はカウンセリングで要相談ください。
その時はよかったらカウンセリングをお使いください。
(ここは宣伝ですね(笑))

心理的なブロックに気づき観察するだけでもブロックが壊れていく場合もある

この心理的ブロックというものは、よくよく観察していくとなんとなくそう思ってしまっているだけで合理性がないもの、つじつまがあわないものも結構あるのです。

例えば、苦労をしているお母さんを持っている人がいたとします。
お母さんは祖父母の介護で自分のための時間がない、夫であるお父さんも世話がかかる人。
ぜんぜん自由がない生活をお母さんが送っているように見えていた人がいたとします。

その人は自分だけ楽をしていたり、楽しいことをしているのは苦労ばかりしているお母さんに悪い気がすると思い、だから楽をすることや楽しむことをするのに罪悪感を感じて幸せが入ってきにくくなるという心理ブロックを持っていたとします。

カウンセリングなどでその心理的なブロックに気づき、クライエントと一緒によくよく観察していったところ合理性がないことがわかったりするのです。

・なぜ自分だけ幸せになるのは悪いのか?
→なんとなくそう思うだけで特に理由はない。

・楽であること、楽しいことがたくさんのある幸せな人生を送ると母親はどう思うか?
→その状態を母親は見て喜ぶだけのような気がする

・その状態を見て喜んだ母親はどうなる?
→母は幸せな気分になる。

・総合して考えると?
→自分が楽であり、楽しいことをするのは母親を幸せにする手段であり、悪いことではないのかもしれないという結論に至る。

という具合に合理性がないものだということがわかることがあるのですね。

「こう考えていくと楽をしたり、楽しいことをしたりしてもいいかもしれないですねー」とクライエントも思われ、心理的なブロックが壊れていくのです。

心って合理性がないものって結構持っているものなんです。

だから心理ブロックがあることに気づいて『なんとなくそんなそう思っているだけで合理性がないなぁ、つじつまがあわないなぁ』と気づくだけで、その心理ブロックに風穴をあけられることもあるのです。

だから気づくということはとっても大切なことなのです。

またちょっと質問

第1回に続きまたあなたへの質問です。

ちょっとあなたの親しい人、あなたのことを大切に思ってくれている人の顔を思い浮かべてもらいませんか?

もし、あなたが今よりもよりもっと幸せになったとしたとしたら、その思い浮かべた人は今よりもっと幸せになったあなたのことを見てその人はどんな顔になるとおもいますか?

その人はどんな気持がすると思いますか?

たぶんその人達は嬉しそうな顔、嬉しい気持になるんじゃないかなぁと思います。ということは、あなたは幸せになるにふさわしくて、幸せになって良い人なんですね。
(その人のためにも幸せにならなきゃいけない人ともいえます。)

幸せになるのにふさわしくて幸せになって良いあなたは幸せの許可をしてください

あなたの幸せがはいってくることの邪魔をする心理的なブロック、それができた理由は、もしかしたらあなたの過去の我慢をいっぱいしなければいけない体験がそれを作ったのかもしれません。

もしかしたら過去の何かしてしまった罪悪感が心理的ブロックになっているのかもしれません。

本当にたいへんな経験をされ、それが心理的ブロックの原因になっている方もいると思います。

その理由は人それぞれ違います。

でも、それから解放されていきましょう。

幸せになるにふさわしくて、幸せになって良いあなたは、いろんな心理的なブロックに風穴をあけて、もっと幸せになっていきましょう。

その為に、幸せになること、成功すること、自由になるこなどなどの許可をいっぱいしてくださいね。

(完)

この記事を書いたカウンセラー

About Author

原 裕輝

若年層から熟年層まで、幅広い層に支持されている、人気カウンセラー。 家族関係、恋愛、結婚、離婚、職場関係の問題などの対人関係の分野に高い支持を得る。 東京・名古屋・大阪・福岡の各地でカウンセリングや心理学ワークショップを開催。また、カウンセラー育成のトレーナーもしている。