人生を変えるシンプルな方法(4)〜環境を変える〜

環境を変えるという視点も人生を変える視点の一つ

今のあなたは、持って生まれた資質と、過去の経験と、環境から影響を受けた結果です。
資質や、過去の経験は変えることができませんが、人生を変えるためのシンプルな方法として、環境を変える事で、受ける影響を変えることができるのです。

自分が今いる環境を変えることは、私たちの内面に大きな影響を与えてくれます。

私たちは、持って生まれた資質というものと、その後の経験、そして環境から影響を受けて今の自分というものが出来上がっています。

資質や経験というものは、変えることができませんが、環境は今変えることができるのです。

もし今、うまくいかない状況にいるのだとしたら、今いる環境を変えてみることで、あなたが受ける影響も今とは違ってくることになります。

そうは言っても、いきなり引っ越しや、転職なんてことになると、勇気も必要ですし、リスクも伴います。
ですので、そこまで大掛かりでなくても、普段あまり話さない人と話してみたり、通勤する道順を変えてみたりから始めてもいいのではないかと思います。

普段あまり話さないような人と話してみると、新しい価値観に触れることにもなります。

人生を変えるというのは、視野を広げたり、自己イメージを変えたりすることで、自分の価値観を変えていくことが必要です。

今までの価値観が間違っていたわけでも、悪かったわけでもないのですが、人生を変えていこうとすると、今までと違う価値観を手に入れることが重要なのです。

住んでいる地域によって、方言というものがありますよね。
どうして方言が身につくのかというと、子供の頃から周りの人たちが話す方言を聞いていたからですよね。

これも影響を受けたということの一例ですが、何も影響を受けるのは方言だけではないのです。
知らず知らずのうちに、自分の周りにいる人たちや環境から、私たちは大きな影響を受けいているのです。

例えばのお話ですが、絵が好きな人たちがたくさん集まっている環境にあなたがいるとしましょう。
そこにいる人たちは、あの絵の色が素敵だとか、構図が素晴らしいとかの話をしています。

ところがあなたは、絵には全く興味がありませんし、絵のことがわからないとします。
「あなたは、どの絵が素晴らしいと思うの?」と聞かれても、何が良いのかわからないあなたは、「絵の素晴らしさがわからない自分はダメなんだ」と感じてしまう。

その環境に身を置いていると、自分はダメなんだと自分を責めることばかりが起こってしまいます。

自己イメージのお話を前回しましたが、自己イメージが「ダメな自分」になるのです。
そうすると、ダメな自分に相応しい言動をしてしまうことになります。

もし、環境を変えてみたらどうなるでしょうか?
絵に興味がない人たちがたくさん集まっている環境にあなたが移動したら?

「どの絵が素晴らしいと思う?」と質問してくる人もいません。
そうすると、「自分はダメなんだ」と感じることがなくなるのです。
自己イメージが随分変化すると思いませんか?

お互いを否定し合う環境にずっといれば、自己イメージはどんどん悪くなっていってしまいますが、お互いを認め合う環境にいると、自己イメージは良いものになっていきます。

今いる環境で、自分はダメだと感じたり、良い感情をもつことができないのであれば、自分を認められる環境や、良い感情をもつことができる環境に自分の身を置いてあげるといいのです。

引っ越しや転職をしたときに「心機一転頑張ろう!と思った」なんて話を聞いたことがあるかもしれませんが、これは、環境を変えることで、今までの自己イメージを変え、感じていた嫌な感情を良いものに変えていくきっかけに、引っ越しや転職を選択したということですよね。

環境を変えることで、関わる人たちが変わり、新しい価値観に出会えます。
また、環境を変えることで、今までの環境の中で感じていた嫌な感情や、今までの環境でできてしまった悪い自己イメージを変えることができます。

もちろん引っ越しや、転職など、大きく環境を変えることは、とても効果が多いキノですが、いきなりは難しいかと思いますので、冒頭に書かせていただいたように、関わる人をちょっと変えてみたり、歩く道順を変えてみたりから始めてみて、旅行など短期間でも、自分のいる環境を変えてみるといいかもしれません。

環境を変えれば、感じる感情が変わります。
慣れ親しんで、安心感はあるけれど、ドキドキワクワクしない日常も、環境を変えれば、知らないことだらけで、ドキドキワクワクがいっぱいになります。

資質や、経験したことは変えられなくても、自分に影響を与える環境は、自分の意思で変えることが可能なのです。

今あなたがいる環境は、あなたにどのような影響を与えていますか?

良い影響なら、今ある環境にほんの少しだけ違う環境を取り入れるといいかもしれません。
悪い影響なら、思いきって、大きく環境を変えるのも、一つの選択肢として持っておくといいかもしれませんね。

(完)

 

心理学講座4回シリーズ/同シリーズ記事はこちら

1.人生を変えるシンプルな方法(1)〜発する言葉を変える〜
2.人生を変えるシンプルな方法(2)〜目線を変える〜
3.人生を変えるシンプルな方法(3)〜服装を変える〜
4.人生を変えるシンプルな方法(4)〜環境を変える〜

この記事を書いたカウンセラー

About Author

恋愛や結婚、浮気や離婚など男女関係、対人関係やビジネス関係、家族関係や子育て、子供の反抗期、子離れ、親離れ問題など幅広いジャンルを得意とし、お客様からの支持が厚い。 女性ならではの視点と優しさ、母としての厳しさと懐の深さのあるカウンセリングが好評である。PHP研究所より2冊出版。