幸せなパートナーシップを手にする(4)~受け取るスキルをあげよう~

受け取る能力が高いとパートナーシップでの幸せ感が高まります。

自己価値が低いことが受け取ることを阻害することがあります。その場合は自己価値を高めることも受け取る能力を高くすることに役立つわけですね。

自己価値をあげるエクササイズを一つご紹介します。
受け取り損ねていた愛を見つけて受け取ることができればあなたの幸せ感は高まるでしょう。

受け取る能力をあげてになって幸せなパートナーシップを。

受け取る能力を磨くとパートナーシップで幸せ感を増やすことができます。

愛してくれた思いを100%受け取れるのと70パーセント受け取れるのでは、心にはいってくる愛の量は違ってきますよね?
受け取る能力が高いと心の満たされ具合が高くなります。

相手がしてくれたことが、ちょっとしたくれたことでも「そんだけしかしてくれないの」と「私のためにありがとう」と受け取るのでは心の満たされる具合、つまり幸せ度は違いますよね?
つまり受け取る能力が高いとパートナーシップで幸せをより感じるわけです。

能力というのをスキルという捉え方をしてみましょう。
スキルは訓練によって鍛えられ向上していくものです。

相手が向けてくれている愛情を受け取ろうと意識(訓練)していくと、そのスキルは向上していきます。
最初は上手くできなくてもいいんですよ。

「そんだけしかしてくれないの・・・あっ、こういう場面は受け取ろうと思うんだった」
と、その都度修正して受けとろうと意識していくことで、そのスキルは高められていきますから。

上手くできなくでも『ダメだなぁ』って思わなくてもいいんです。
あなたなりペースで良いので、持続して練習して行ければいいのですから。
そういった練習以外にも受け取る力の向上に役立つことを紹介しますね。

 

自己価値をあげる

自己価値をあげることが受け取る力をあげることに役立つことがあります。
逆に言うと自己価値が低いと相手が持ってくれている好きという気持を受け取り損ねることがあります。

例えば、仮に自己価値が低いA子さんといたとします。
相手がA子さんの魅力を感じて、その魅力に惚れているとします。

相手が「A子さんの〇〇というところってホント素敵だね。そこを好きになったんだよね」と言ったとします。
A子さんの彼氏は良いこと言ってくれていますよね?

ここはA子さんは『惚れられているなぁ~幸せ』と感じてもいいシーンですよね?
でも、自己価値が低いと「そんなことないよ」と彼が向けてくれている好きという思いを流してしまうんです。

ムーディ勝山さんのように右からきたものを左に受け流すがごとくに受け流しちゃいます。(ちょっと古いネタですが知っています?)

これは自分が思っている自己イメージと彼氏が言ってくれるイメージが一致しないので違和感を感じて受け取れなくなっちゃうんですね。

自己価値が低くて受け取れない場合は自己価値を高めることを目指すのも受け取ることが上手くなることに役立ちます。

このことを意識することは、自己価値も高まるし、受け取ることも上手になるし一石二鳥になるわけですね。

 

自己価値を高めるエクササイズ

自己価値を高める心のエクササイズを一つご紹介しますね。

このエクササイズはあなたの良いところを見つけるだけではなく、いかにその良いところが価値があるものかを掘り下げることであなたが持っている価値のすばらしさを認識する、もしくは感じるエクササイズです。

1・あなたの良いところを3つあげてください。
例:フットワークが軽い (あとの2つは省略)

2・その良いところは、どういう風にすばらしいのでしょう?
例:思い付いたら早い段階で行動に移せるところがすばらしい!
興味を持っただけで終わらせずに体験に移せるところがすばらしい。

3・その良いところは、どんな使い方ができるのでしょう?
例:パートナーや友達を色んなところにつれていってあげられることに使える。

4・項目1~項目3を踏まえて、あなたの良いところをなぜ素晴らしいか、いかに素晴らしいかプレゼンをするつもりで400文字以上の文章を作ってみてください。
(全世界にプレゼンするつもりで書いてみましょう。いけしゃあしゃあと書いてみると面白いですよ。実際には全世界に公開しませんのでご安心を)

5・書いてみたことを読み直していかにあながたが素晴らしいかを堪能ください。

 

感謝をする

感謝を心がけると受け取るスキルが高まります。
ありがたいと思っている時には人は何かを受け取っています。

感謝はありがたいと思う気持ちを現したり、感じたりする行為でもありますが、受け取る行為でもあるのですね。

パートナーシップで感謝をしようと心がけてみるんです。
感謝できるポイントは『何かないかな?』って。

1日3つは見つけようと数を決めてチャレンジしてもいいと思います。
すると『2つは見つかったけど、あと1つ感謝できるとこが見つからない。何かないもんだろか?』というような状況もでてくると思うんです。

いくら探してもあと一つが見つからない。
そうすると今までは感謝しなかったポイントから感謝を見つけるようにならないと、あと残り一つの感謝をみつからないようになるわけです。

このような時にあなたの感謝スキルはまた一段高まるのです。

「今まで疲れているからという理由で会えるのが土日休みの内の日曜日だけだったことがあまり会えなくて不満だったけど、疲れていても会おうと思ってくれている気持ちは感謝しよう」
と、今まで感謝してなかったポイントから感謝を見つけられるようになります。

あなたの感謝スキルは一段高まり、そしては取りこぼしてパートナーから愛を見つけられたりするんです。

カウンセリングをしていると、クライエントさんが今まで見つけられてなかった愛を見つけられて涙が溢れてきたり(愛を感じた涙)、パートナーのことをもっと好きになったり、パートナーとのつながりを感じると言われたりと、幸せな気持になられるというようなことが多々あります。

愛を見つけて受け取った時に幸せ感がはいってくるのですね。
そうやって受け取るものを増やしてパートナーシップで幸せ感を増やして見ませんか?

(完)

この記事を書いたカウンセラー

About Author

原 裕輝

若年層から熟年層まで、幅広い層に支持されている、人気カウンセラー。 家族関係、恋愛、結婚、離婚、職場関係の問題などの対人関係の分野に高い支持を得る。 東京・名古屋・大阪・福岡の各地でカウンセリングや心理学ワークショップを開催。また、カウンセラー育成のトレーナーもしている。