片思いでフラれて、嫌な気持ちが残ってしまった

相談者名
好きになった人に告白してフラれました。
そのこと自体は仕方がないと割り切っています。
でも相手の私への関わり方に対して怒りが残っており、今もそのエネルギーに自分自身が振り回されることがあって困っています。

相手は思わせぶりでした。
遊びに誘えば出てきましたし、メールや電話を何時間も続けることもありました。
相手は私と友達でいたかったのかもしれませんし、私のことを見定めようとしていたのかもしれません。
それかただ暇だったのか。

最終的に相手は好かれているのが気分がいいだけなのだと思いました。
自分の気持ちを持て余し、終止符を打とうと告白。
結果フラれました。

フラれた私はもう離れようと思ったのですが、離れようとすると相手は電話をかけてきてまた遊ぼうと言います。
私がその言葉を真に受けて連絡すれば、それは断られます。
2回ほどそんなことがあった後に相手には恋人ができました。

なので私はもう連絡しないと伝え、そのようにしました。
しかしその二か月後に私に祝事があり、おめでとうと連絡がきました。
ありがとうと返して連絡は途切れたのですが、また二ヶ月もしないうちに連絡が来て、今度は頼みごとをされました。

私はその人のことが好きだから恋人ができてしまったのに連絡をとるのは辛いということを伝えた上で距離を置いています。
それなのに度々このようにして連絡をしてくる真意も測りかねますが、頼みごとを引き受けて嫌な思いをきちんとすれば私自身もう気持ちも吹っ切れるだろうと、頼みを引き受けました。

そして案の定、嫌な思いをしました。
私とは友達でいたいと言っていた相手でしたが、「友達とはどういう意味なのか」を訊ねてみると、向こうの言った内容はただの便利屋でした。

失礼なことを言ってる自覚はないのかなど疑問が湧き、問いを重ねたところ
「もういいよ」と言われてしまいました。

なんだそれ?
と不快感を禁じ得ずその言葉を受けて会話を終わらせたら、またすぐに「ごめん」と連絡が来ました。
ごめんとは書いているけど、形だけ謝っておいたという印象でした。

折角好きになった相手だったのに気持ち悪さと怒りが残ってしまいました。
悪感情を消したいです。

カウンセラー
帆南尚美
幸さん、こんにちは。ご相談ありがとうございます。
カウンセリングサービス カウンセラーの帆南尚美と申します。
今回の幸さんのご相談を担当させていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。

ご相談内容を読ませていただき、幸さんのむなしさが伝わってくるように思いました。
怒りやむなしさなど、嫌な思いが浮かんでは消えての繰り返しで、今はとても苦しいかもしれません。
私もできるだけお力になりたいと思い、お返事を書かせていただきますね。

◇いま起きていることを整理してみる

今回のお話には、2つのむなしさがあるようです。

>好きになった人に告白してフラれました。
>そのこと自体は仕方がないと割り切っています。

ひとつ目は、幸さんが失恋したことによって感じているむなしさです。
詳しくは後述しますね。

>折角好きになった相手だったのに気持ち悪さと怒りが残ってしまいました。

これは幸さんが、失恋しただけでなく、その彼に恋心をもてあそばれたようになってしまったことによる、むなしさです。

まず二つ目の、「もてあそばれたことによる、むなしさ」についてお話しさせてください。

「折角好きになった相手だったのに」と幸さんがおっしゃっているように、人は誰かを好きになって、たとえその人とお付き合いするまでには至らなかったとか、あるいはお別れすることになったなどの状況だったとしても、自分がその人を好きになったという事実を大切に扱いたいし、決して無駄ではなかったと思いたいものですよね。
好きになった相手が実は好きになる価値もない人だったとは思いたくないものです。

ですから、どうせ別れるならきれいに別れたい、という思いがあっても不思議ではないでしょう。

ところが、今回の彼はそういう気持ちを汲んでくれなかったようですね。
もし今回のことできれいに別れるとするならば、幸さんの告白を「好きになってくれて嬉しい」と受け止め、「でもお付き合いはできなくて、ごめんなさい。」と言うことで、それですっかり終わりにしてくれればよかったのではないかと私は思います。

そうすれば、フラれたのは悲しいけれど、ご縁がなかったのだとあきらめもつくものではないでしょうか。

>フラれた私はもう離れようと思ったのですが、離れようとすると相手は電話をかけてきてまた遊ぼうと言います。

幸さんとお付き合いはできないと言いながらも、幸さんとのつながりを続けていきたいという彼の誘い掛けに、好きになった弱みといいますか、そんな彼の言葉につい引き寄せられてしまうのも、仕方のないことだったのではないでしょうか。

>それなのに度々このようにして連絡をしてくる真意も測りかねますが、

それだけ幸さんが魅力的で、一緒にいたり話したりすると、彼が楽しい気持ちになったことの証明でもありますね。
これはとても大切なことなのですが、何はともあれ幸さんがとても素敵で心惹かれる女性でなければ、今回のようなことは起きないのですよ。
幸さんがそれだけ価値ある女性だということは、受け取っていただきたいと、強く私は思います。

とはいえ、幸さんが彼を好きだという気持ちを彼は受け入れることができないと言った(ふった)のですから、彼が誠実であるならば、幸さんに自分から連絡をしたり、誘ったりすることを控えようと思うものではないかと、私は思います。

もちろん、彼がそうやって、いつまでも幸さんに「ちょっかいをだす」ように連絡をしてくるには、彼の側にも理由があったのでしょう。
それはたとえば幸さんからのように純粋に好きな気持ちを表現してもらった経験があまりなかったとか、あるいは別のなにかの理由から、彼が持っていた劣等感のようなものを幸さんがうめてあげたのかもしれません。
すると、幸さんによって、今まで以上に自分が価値あるものに感じられる状態になるので、そういう一種の快感をできれば失いたくないという気持ちから、彼が思わせぶりな態度を取ったのかもしれません。

しかしそれはとても身勝手で、思いやりに欠けたことと考えることもできなくはないですよね。

でも、ここで一つ疑問に思うことがあります。
彼は彼のことを好きだと言う女性が出てきたら、誰にでも不誠実な態度を取るのだろうか、ということです。

これについては、上で述べたひとつ目の「失恋した痛みによる、むなしさ」と関係があります。

失恋すれば誰だって悲しいし、むなしいし、自分の価値が地に落ちたような気がするものですよね。
だから、失恋するなんて想像もしたくないわけです。

ところが幸さん、あなたはこうおっしゃっています。

>自分の気持ちを持て余し、終止符を打とうと告白。

なんだか、フラれることを前提として告白したかのようですよね。

恋をしている女性が告白をするときに、相手の方とお付き合いしたい、もっとラブラブになりたい、という明るい未来を思い描いて気持ちを伝えることもあれば、
そもそもうまくいくはずがない、だから自分の気持ちにケリをつけようと思い告白をすることもあるようです。

後者の方。
幸さんの今回の告白は、お話を読む限りこちらかもしれないと私は思ってしまいます。
そしてそのような告白をする場合は、その裏に、「私は(誰にも)好かれるはずがない。」という自己否定の思いが隠れていることがあるようです。
そうすると、失恋したときに「やっぱりね。」という大きなむなしさが襲ってくるのではないでしょうか。

実際には、いくら自己否定の気持ちがあったとしても、誰にも好かれるはずがないなどということは、あるはずがありません。
でも、今までの人生で経験した悲しい出来事や、自分を否定しなければ生き延びることもできなかったような辛い体験があると、そんなふうに自分を否定してしまったとしても、仕方のないことです。

そして自分は好かれるはずがない、そんな価値はない、と思っている人は、「私のことを好きになってくれるなら、誰でもいい。」とか「私に対する好意は、断れない。」という感覚を持つようになることがあります。
それは自分を安売りしているわけではないのです。
自分は天涯孤独であると思う一方で、孤独に対するものすごく大きな怖れがあるので、これ以上の孤独につながるような、「人を拒否すること」なんて怖くてできない、誰でも受け入れたいのだ、という感じかもしれません。

幸さんがそのような感覚をお持ちかどうかはわかりませんが、このように「自分は誰にも好かれるはずがない。」という自分に対する思い込みがある場合には、少しでも自分に興味を示してくれる人がいると、たとえその相手が不誠実であったとしても、そんな相手を拒否したり遠ざけたりすることがなかなかできなかったりするのです。
もうこれ以上傷つきたくないのですから、そうなっても仕方がないのです。

例えて言うならば、間違っているとは思いつつ不倫をずるずると続けてしまうとか、自分を大切にしてくれないパートナーとの関係をなかなか切れないというのも、同じような背景があったりするのです。

相手にとっては、拒否されないことはすなわち好意である、と勘違いすることもあるでしょうし、そのことから、いつまでもつかず離れずの都合の良い関係を求めてくるということも考えられるのです。

ですから、「自分は誰にも好かれるはずがない。」という思い込みが、相手に不誠実であることを許してしまうこともあり得るのだということなのでしょう。

◇誰かに受け止めてもらう

ここで少し息抜きといいますか、肩の力を抜いていただきたいのですが、幸さんはご自分のことを動物に例えるとしたら、何だと思いますか?

私には、幸さんはかわいいかわいい、子犬のようだと思えるのです。

好きな人がいれば、好きだという気持ちを体全体で表現し、なんの裏もない、しっぽをぶるんぶるんと振り回す子犬のイメージです。

大好きな人には、向かっていきます。
相手にはYesかNoしかないと思っています。
自分のことを好きならば愛してくれるだろうし、好きでなければ拒否してくるだろうと思っているのです。

ところが、YesなのかNoなのかわからない態度をしてくる人と出会ってしまいました。混乱しますよね。

でもその一方で、幸さんは多くのことを「ひとりでなんとかする。」ということを続けてきた方なのかなとも思います。
フラれても一人でその痛みを抱え、じっと癒えるのを待っていたり、好きな人に不誠実な態度を取られて混乱し怒りむなしく思っても、それを自分の中で処理しようと思っている、のかもしれません。

今までの人生で何があって、そのような「ひとり」を選ぶようになったのかはわかりません。
でも、それはとても静かではあるけれど、寂しくて、悲しくて、とてもやりきれない思いのように、私には感じます。

「ひとり」で解決できることもたくさんありますが、「ひと」を頼るともっと早く、もっとあたたかく、もっとスムーズに問題が解決することがあるのです。

その意味では、幸さんがこの相談コーナーに投稿くださったのは、本当に勇気がいったことなのではないかなと思います。
それだけあなたは今まで、我慢しじっと耐えることで多くの困難を乗り越えてきた方なのではないかなと思うのです。

ですから、その勇気を一歩進めることで、もっとご自分を癒し、次のステージに進むことができるようになるのではないかと私は思います。

そのためには、ぜひ信頼できる誰かと今の苦しい気持ちを分かち合い、理解してもらってください。
誰かに受け止めてもらうと、心がとても楽になります。

信頼できてあなたの味方になってくれる人を選んで話してみてくださいね。
もし適当だと思う方が近くにいない場合は、相性の良いカウンセラーでも良いでしょう。

上述したような、今なにが起きているのかという心の状態を理解することと、それとは別に誰かにあなたの今の苦しさを受け止めてもらうことで、混乱と怒りとむなしさから解放され、より良い心の状態に戻すための一歩をすすめることができるのだと私は思います。

参考にしていただけましたら、たいへん嬉しく思います。
幸さんのことを心から応援しています。
ありがとうございました。

この記事を書いたカウンセラー

About Author

帆南 尚美

職場の人間関係、夫婦・家族の問題を主に扱う。 「解決したい問題がある時に、悪いところを探して正そうとするのではなく、自分の魅力や才能を受け取れば物事を全く別の見方で捉えることができ、自分の枠から自由になり、のびのびと楽に毎日を送れるようになる」というスタンスでカウンセリングを行っている。