大いなる気晴らしのススメ

長い連休が始まりましたね。
みなさん、いかがお過ごしでしょうか。

疲れている、いつもの週末なら、あれこれ詰め込まずに、ゆっくり過ごそうかなぁって思いますが、いざ、長い連休だ!と思うと、なにやら特別なことができそうな、特別な連休にしたいような、しなくてはいけないような、そんな気がしてしまうこともあるかもしれませんね。

10日間、寝て過ごすのは、生産性がないだろー!!

なんて、自分にツッコミを入れてしまいそうです。
ほんとは、寝て過ごしたって、全然、全くもって問題ないんですけれど。

大人になってくると、私たちは、自分のふるまいや言動に気をつけるようになります。

なぜ??
それは、経験値を積んでいるからですね。
どんな経験かと言えば、傷ついたこともあり、傷つけちゃったなということもあったからです。

誰かとの関係の中で、嫌な思いをした経験です。

加害者だったり、被害者だったり。
ある時は、傍観していたことであっても、起こった出来事の責任の一端を、なぜか担っているような気持ちになることもあります。

その時感じた気持ちは、歓迎できるものではなかったはずです。
悲しかったり、悔やまれたり、腹が立ったり・・受け入れがたいものもあったにちがいありません。

そんな気持ちを、私たちは、もう感じたくないと思いますよね。
すると、それを回避する方法を考えるわけです。

言葉で、誰かを傷つけてしまったり、逆に、傷つけられた人は、言葉には気をつけようと思うでしょう。

ある人は、丁寧な優しい言葉を選ぶかもしれません。
ある人は、聞く側に回ろうとするかもしれません。
ある人は、なるべく話さないようにして、笑顔でいるようにするかもしれません。

一人でいるのが好きだったけど、チームワークがとれないと言われたら、一人でいるより、誰かといるように心がけるかもしれません。
もしくは、誰にもみつからないくらい、誰の声も届かないくらい、離れたところにいるようになるかもしれません。

傷ついた経験は、私たちを、自立的に、ひとりにさせていきます。
つながりを切ってしまうのですね。

誰かとの間に問題が起こるのなら、離れているのが一番いいじゃない。

そんなふうに思ってしまうところが、私たちには、あるんですね。

とてもわかりにくいことですが、心の奥の方には、もう傷つきたくないという思いがありますよね。
そして、さらにその下には、私がこんな思いをするのは、私が悪いせいだという「罪悪感」がくっついていることがあるのです。

傷つけられている場合でも、何故か自分が悪いのだと、何かの原因は、私にあるようだと思っているんです。
すると、私たちは、自分を責めます。
厳しく責めるのです。しかも、24時間体制です。

私が私を責めているのですから、
「もう遅いから明日にしましょう」
とはならないわけです。

「可哀想だし、反省しているようだから、このくらいにしてあげよう」
ともならないのです。とても厳しいのです。

そんなことを続けているうちに、とても疲れてきます。
24時間体制ですし、褒められているのではなく、批判されているわけですから、疲労するにきまっています。

疲れているから、あまり動けなくなるでしょう。
新しい風が入らないから、何かいいアイディアが浮かぶこともありません。

よろしくない考えや未来のプランしか、出てこなくなるのは言うまでもありませんね。

「気晴らし」

軽くて、簡単で、何にも考えていない響きですが、こんな流れの中にいる方に、大いにオススメしたいものです。

私たちが、ネガティブなものに投資する行為というのは、思っているよりしつこいものです。

何か嫌なことがあって、そのことについて考えているうちに、1時間経ってた、2時間経ってた、1日考えてた、なんていうご経験はないでしょうか。

これが、ネガティブへの投資です。
無意識に、膨大な時間とエネルギーを注ぎ込んでしまうんです。

放っておいたらいつまで続くのかわかりません。
ですから、注ぎ込むのを断ち切るものが要るんですね。

「気晴らし」

これは、最強の手法です。
しんどくなったら、『「気晴らし」することを思い出す』ことを、是非覚えておいてください。

いざ、あのループに入り込んだら、きっと忘れてしまう!という方は、「気晴らし」と書いて、どこかに貼っておいてください。冷蔵庫でも、トイレでも、洗面台でも、スマホでも。

「はっ!こんな時は、気晴らしするんだった!」

そして、「気晴らし」しましょう。

あたたかいお茶を、ゆっくり淹れて、ゆっくり飲む。
カーテンを開ける。窓を開ける。
ベランダに出てみる。
外に出て、お散歩してみる。
お掃除する。
ストレッチする。
誰かに連絡してみる。
映画観る。

なんでもいいんです。
まずは、その場から動く。

目線を上げ、浅くなっている呼吸を、深くちゃんとしてみるだけでも、ループは断ち切ることができていますよ。

実は、「はっ!」と気づいた時に、すでに流れは止まっているんです。
でも、動くことで、さらにループ再開を防げますから、「気晴らし」作戦、是非やってみてください。

ご自身を、誰か自分でない人のように扱ってあげるとしたら、

そんなに責めたら、可哀想って思いますよね。
もう十分わかったと思うから、そのくらいにしてあげましょうっていうはずです。

私たちがやることは、未来のための「ミスの訂正」だけです。
そもそも、ミスなんかなかったということも、結構あるものですよ。

それに、そんなに誰かの迷惑にならないように、傷つけたりしないようにと、強く思っている、心優しいあなたがいるということを、どうか忘れないでくださいね。

お役に立てれば嬉しいです。

この記事を書いたカウンセラー

About Author

池尾 千里

「自分らしく自分の人生を生きることに、もっとこだわってもいい。好きなことをもっとたくさんして、もっと幸せになっていい。」 そんな想いから恋愛・夫婦関係などのパートナーシッップを始め、職場、ママ友などの人間関係、子育てに関する問題など、経験に基づいたカウンセリングを提供している。