初恋は不倫!?~エディプスコンプレックス Part 1~

私達の初恋は不倫!?自分の恋愛パターンのルーツがこんな所にあったなんて!!

「お前は自分の子供に殺される。」と神からお告げを受けたテーベ国(エジプト)のライオス国王は妻イオカステの生んだ男の子を殺すように家来に命令しました。
しかし家来は、その男の子を殺さずに遠くの国に捨ててきました。

遠くの国に捨てられた男は、羊飼いに拾われその国の王様の子供として育てられました。その国の王様は、男の子にエディプスという名前をつけたいそう可愛がりました。

やがて大きくなったエディプスはある日、知り合いから、捨て子であり小さいころ王様に拾われたことを知らされます。

それを聞いて驚いた彼は神様に真実を聞ききました。
すると、神様はエディプスに、お前は父を殺し母と結婚する運命にあるとお告げをします。

ショックを受けたエディプスは国を捨て放浪の旅にでました。
放浪暮らしをしている途中で、ある男を殺してしまいます。エディプスはしりませんでしたが、その男は実の父親ライオスでした。

やがて旅を続けている内に、王亡き後怪物スフィンクスに苦しめられているテバイ国の人々をエディプスがすぐれた知力により怪物スフィンクスを倒します。英雄となりテーベ国の人々に歓迎され、その国の王の未亡人イオカステと結婚しました。

知らぬ間に神様の予言どおり父親を殺し母親と結婚した事実を知ったエディプスは自分を罰し両目をつぶし再び放浪の旅に出て、やがて悲惨な死をとげました。

これはギリシア神話の中にあるエディプスの神話の内容です。みなさんも1度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

エジプトにあるスフィンクス像もこの物語にでてきます。
私たちは、このエディプスの神話のような経験を小さい子供の頃に経験してきます。この経験がすべての恋愛のパターンの基本になっているといってもいいくらいの経験です。

この経験を通してできるコンプレックスをエディプスコンプレックスといいます。

エディプスコンプレックスについて説明させていただきますと私たちは、小さい頃異性の親に愛されたいと思います。

男の子の場合はお母さん(女の子の場合はお父さん)に溺愛されたいと思います。好きで好きでたまらないわけです。息子を持たれているお母さんなら子供から、「僕、大きくなったらお母さんと結婚してあげる。」と言われたことがあるのではないでしょうか?それほど好きで付きでたまらない時期があります。

でも、大好きなお母さんをゲットするのには、恋敵がるのです。その恋敵というのは、お父さんになります。

ということは、私たちの初恋は人妻、不倫ということになります。
三角関係、ドラマのような響きですね~でも、本当なんです。

お母さんのハートをゲットする為には、お父さんが邪魔者になってしまう
ので、お母さんを取ってしまうお父さんに憎しみを抱くのですが、同時に、
大好きなお父さんに憎しみなんていだいてはいけない、お父さんにも愛されたいという思いも抱きます。
この葛藤がエディプスコンプレックスの始まりになります。

エディプスコンプレックスとはお母さんをめぐる私とお父さんとの三角関係です。それに勝利するか、敗北するかの葛藤の中で成長や、人間関係のパターンが作られていきます。

もちろん恋愛のパターンもここで作られます。
一般的にエディプスコンプレックスの勝者、お母さんをお父さんから取ってしまった、お父さんより自分の方をお母さんが愛してくれたと思っているほうは、大好きなお父さんからお母さんを取ってしまったという罪の意識、罪悪感を覚えます。

お父さんから取ってしまったという罪悪感、罪の意識から取り返されるんじゃないかという恐れが恋愛においてでてきます。

反対にお父さんにお母さんを取られてしまった方は、自分が愛される価値がないんだと無価値感を覚えます。
敗者の自分は愛されないんだという無価値感や、取られたという経験から、恋愛において取られてしまうんじゃないかという恐れができます。
このことから相手を遠い存在、距離をおきたがる傾向もあります。

今回、エディプスコンプレックスのさわりを紹介させていただきました。
私たちは日本語を日本語学校に通って覚えたわけではありません、お父さんお母さんがしゃべっているのを見て覚えていきました。立ち居振る舞い、癖いろんなことをお父さん、お母さんとの関係で学んできました。
学ぼうと思って学んだ訳では無く、無意識的に男女関係、立ち居振る舞い、癖などを真似てきたものも山ほどあります。

人間関係の距離のとり方、男女関係のパターンもその一つです。
その中でもエディプスコンプレックスは強烈なものです。
遠距離恋愛や、三角関係の恋をカウンセリングしていくと、行き着く先がエディプスコンプレックスに行き着くことが多いです。

それほど強烈な影響力を持っています。
恋愛のパターンを改善したい、変えて行きたいと思うとき、このエディプスコンプレックスを見ていくことで、どんなパターンがあるのか
、じゃあどうすればいいのかということを見つけていくことができます。

恋愛で彼と距離を置いてしまう、不倫の恋ばかりを選んでしまう、助けたいと思うようなパートナーをいつも選んでしまう、年上ばかり選んでしまう、ラブラブなのだけどこれ以上ラブラブになるのが怖い、浮気癖がある、夫婦関係が、恋愛に自信が・・・、などがあった時、よりよい恋がしたいと思うとき、以外かもしれませんが、お父さん、お母さんとの関係であるエディプスコンプレックスを見ていくことで、よりよい恋愛をすることができるのです。

恋愛って奥が深いです!!!

この記事を書いたカウンセラー

About Author

原 裕輝

若年層から熟年層まで、幅広い層に支持されている、人気カウンセラー。 家族関係、恋愛、結婚、離婚、職場関係の問題などの対人関係の分野に高い支持を得る。 東京・名古屋・大阪・福岡の各地でカウンセリングや心理学ワークショップを開催。また、カウンセラー育成のトレーナーもしている。