息子の内弁慶について

相談者名
ののこ
今年6年生になる息子がいます。
小さいときから内弁慶で外よりも家で遊ぶ方が好きな子でした。
新しい環境に馴染むのが苦手なようで、毎年新学期になると情緒不安定になります。
2年生くらいまでは夜泣きが酷く、ようやくなくなったと思ったら今度はチック症状が出始めました。
スクールカウンセラーに相談したり小児科で検査もしてもらいましたが、大した改善には至らず。酷いときはチック症状が3つほど出ていました。
今は目の症状が出たり出なかったりで、周りにも同じような症状の友達がいてたのでお母さんと相談したりしてきました。その子も内向的な性格らしいです。最近では本人も自分の性格を分かっていて、学校で頑張っている分放課後は誰とも遊ばず1人毎日ゲームばかり。
それがストレス発散だとは分かっていてもやはり心配になります。
来年は中学生。コミュニケーション能力もあまりない息子がやっていけるのか心配です。
私も同じような性格なので余計気になるのかも知れません。

内弁慶は生まれ持った性格だからどうしようもないのでしょうか?
逆に下の妹は社交的で、息子の方が努力家なのに報われないような気がして、可哀想に思えてなりません。
私が内向的で苦労してきただけに、なんとか少しでも改善させてあげたいです。

カウンセラー
三枝みき
ののこさん、こんにちは。初めまして。
今回、ののこさんのご相談を担当させていただきます、三枝みきと申します。
どうぞよろしくお願い致します。ののこさんは、小学校6年生の息子さんのことでお悩みなのですね。
小さいころの息子さんのご様子を書いて下さっていますが、息子さんはもちろんのこと、見守っているののこさんはどれほど辛かったことだろうと思います。
母親にとっては自分自身のことよりも、子どもが辛い思いをしているのを見る方が辛いものですものね。
本当に大変な中、息子さんもののこさんも頑張って来られましたね。
まずはご自身をたくさん褒めて、労わってあげて下さいね。

*

それではこれから、ののこさんと息子さんが少しでも楽になれるよう、ご一緒に考えていきましょうね。
まず、ご相談の最後に書かれていることですが…。

ののこさんが息子さんの状況を「なんとか少しでも改善させてあげたい」、と思われるのはもっともだと思います。
ですが、私からの提案はもしかしたら、ののこさんの想像していたものとはだいぶ違うかもしれません。

どういうことかと言いますと、まず「改善」という言葉は、もともとの状態が「悪い」とか「間違っている」からこそ使われる言葉ですよね。
たしかに夜泣きやチック症状は本人も家族も辛いわけですから、「改善」したいと思われても当然だと私も思います。
また、「内弁慶は生まれ持った性格だから変えられないのでしょうか?」とありますよね。

でも「変えなければならない」「変えたほうがいい」と思うようなものであれば、それは「悪いもの」「いけないもの」とののこさんご自身が判断し、「内弁慶な性格」を「否定」していることになるのではないかと思います。
つまり、「内弁慶な性格は変えなければいけない」とののこさんが思っていらっしゃるなら、それは「自己否定」であり、すなわちご自身によく似た息子さん自身をも、「否定」することになってしまうんです。

もちろん、私はそれが「悪い」と言っているのではありません。
そう感じてしまうのには、それだけののこさんがこのことでご苦労されてきたという事実がありますものね。

でも私自身、心理学を学び始めてよく思うのが、「自己肯定が出来ていれば、大概のことはうまく行くものだなあ」ということです。
逆に根底に「自己否定」があると、何をやってもうまく行きません。
私の心理学の先生の一人も、「自分を好きになればすべての問題は解決する」とよく言ってましたけど、本当にその通りなんです。

それに、子どもはいつだって親にありのままの自分を愛して欲しい、認めて欲しいと感じるもののようです。
ですからまずは、ののこさんご自身が今の息子さんのありのままを「否定」ではなく、「肯定」できるようになることが一番だと、私は思うんですね。

私事ですが、長女が小さいころ、私は長女の内向的なところが心配で、何とか友達を作って欲しくて、毎日のように彼女に言っていました。
「朝、学校に行ったら笑顔で「おはよう」って自分から挨拶しないとダメ」
でも、今だからわかるのですが、怖がりで繊細な彼女にとっては学校に行くのがやっとだったのに、そんなプレッシャーをかけられて辛くないはずがありません。
「おかあさんの期待に応えられない私はダメな子」「挨拶も出来ない私はダメ」そんな風に彼女はどんどん自分を追い込んでいき、ますます辛くなっていったのだと思います。

もちろん、ののこさんが昔の私みたいに、息子さんにプレッシャーをかけているとは私は思いません。
でも子どもって親をよく見ていますから、言わなくてもなんとなく伝わってしまっていることが結構あったりします。
それに親御さんが苦しんでいたりすると、まだ思考が未発達な子どもはそれを、「自分の所為だ」と思ってしまうことがあるんですね。
ただの誤解ではありますが、ののこさんも息子さんにそうなって欲しくは無いですよね?

つまり逆説的ではありますが、息子さんの状況を楽にしてあげたいのであれば、彼のありのままを肯定してあげること、彼の欠点ではなく長所を探してたくさん褒めてあげる、伸ばしてあげることが一番なのですね。
内向的であっても努力出来るという才能がある、優しくて思いやりがある、根気よく一つのことをやり続けることが出来る、などなど、たくさん見つけて褒めてあげて下さい。

褒めてあげるとだんだん自信がついてきますよね。
自信がつくと、得意なことはもっと頑張りたくなりますし、苦手なことにもチャレンジしやすくなります。
不安なところが減って、安心感を感じやすくなります。
人が怖い、という気持ちが小さくなっていきます。

コミュニケーションはそうなってからでも練習できますし、コツさえ覚えれば大人になってからでも練習次第で達人になれます。
私も内弁慶で人見知りでしたが、今ではたくさんの友人がいますし、知らないところで初めて会った人と会話を楽しむことも出来るようになりました。
ですからどうぞ、安心してくださいね。

最後になりますが、もしよかったらののこさんご自身がコミュニケーションを楽しめるようになってみるのはいかがでしょうか?
もちろん、人が好きでない、などの場合は必要ないと思いますが、そうでないのならご自身が得意になれば、息子さんに教えてあげることも出来ますし、息子さんをサポートしてあげることももっとできるようになると思います。
内向的だったお母さんが、自分の目の前で変わっていくのを見たら、息子さんもきっと興味や意欲が出て来ることと思います。
私自身の経験から言うのですが、無理に誰かを変えようと思うより、そのほうが断然、効果的ですよ(*^-^*)

それに、お母さんが元気で幸せそうだと、子どもはそれだけで幸せを感じるものなんです。
おかあさんの笑顔が子どもたちの元気の源なんです。
どうかそれを忘れないでいて下さいね。

*

以上、長文をお読みいただき、ありがとうございました。
この回答が少しでも、ののこさんのお役に立てれば幸いです。
大切なお子さんのことですから、もしかしたらこの先も不安になってしまうことがあるかもしれませんが、そんなときはひとりで抱え込まず、ぜひ、初回無料の電話カウンセリングをご利用くださいね。

ののこさんがご家族と、毎日を元気に楽しく過ごしていけますよう、心より応援していますね。

三枝 みき

この記事を書いたカウンセラー

About Author

三枝 みき

家族や親子の問題、子育て、友人との関係など対人関係の問題や、罪悪感、自己否定など心や性格についての問題を得意とする。 長女の自傷と強迫性障害がきっかけでカウンセラーとなる。特に母子関係については、自身が母との問題、娘との問題の両方を経験しており、ライフワークとして取り組んでいる。