私は自分の感情を感じることが怖いです。

相談者名
haru
私は自分の感情を感じることが怖いです。

小さい頃から、ずっとずっと自分の気持ちを抑えて生きてきたと思います。

カウンセリングを受けて楽になりたいのですが、
そのためには、自分の感情と向き合わなければいけないと思っています。

そのときに、自分の負の感情(怒りや憎しみ、恨み、妬みなど)を感じられるのか、
また、それを受け入れて、肯定したときにどうなってしまうのかが不安です。

例えば誰かを恨んでいることに気付いてしまって、それを肯定したら、
私はどうなってしまうんでしょうか?
今よりもっと苦しんで、前に進めなくなるのか、
それとも苦しんでいるのは感情を感じられた証拠だから前に進めているのか、
でも、そのことで恨みが強くなって、誰かを傷つけたりしないでしょうか?

カウンセラーさんはプロですが、結局他人だし、仕事だし、
私が暴走しても助けてくれるわけじゃないですよね?

長い間抑えてきた分、感じ方がわからず、感じてしまったときに、
今まで抑えてきた分の反動で暴走したりするのがすごく怖いです。

感情を感じきると癒される、と聞いたことがあるのですが、本当ですか?

楽になりたいです。

カウンセラー
工藤絢子
ご相談を拝見いたしました。
ずっと自分の気持ちを抑えてこられたんですね。とても苦しく辛かったことと思います。その抑えてこられた気持ちと向き合うと考えたときに、負の感情がどう感じられるのか、感じたらどうなってしまうのかがわからなくてとても不安なんですね。

まず、負の感情についてお話しますね。人は誰でも怒りを感じたり、恨んだりなどそう思ってしまうこともあります。
実は、どんな感情であっても良い悪いというものではないんです。感情というものは、勝手に感じてしまうものなんです。だから思ってしまうこと自体悪いことではないんです。では、自分の中の負の感情を受け入れて肯定するという事はどういうことなのか。怒ったりうらんだりといった気持ちがあるということを認めることなんです。私は怒ってるんだ、恨んでるんだ、良い悪いではなく、そんな気持ちがあるんだと思うだけでいいんです。
ですので、負の感情を肯定すると言う事は、そんな気持ちを持ってしまうことは仕方なかった、持ってることは悪いことではないんだとharuさん自身が思えるようになることです。

日ごろから、誰かを怒りたい、恨みたいと思っている人はいません。怒ったり、恨んだりしてしまうという事には必ず理由があるんです。
Haruさんはずっとずっと自分の気持ちを抑えてこられたんですよね。傷ついたり、辛い思いをいっぱいされてきて、その思いをずっと抑えてこられたのではないでしょうか。Haruさんの中に怒りや恨みがあったとしても、それ以上に辛い悲しい傷ついた気持ちがたくさんあるのではないですか。
負の感情を感じることで、誰かを傷つけてしまったら、自分が暴走したらと恐く感じていらっしゃいますが、それもharuさん自身が辛かったからこそ、傷ついてきたからこそ、誰かをそんな気持ちにさせてしまうことを恐がっていらっしゃるのではないかなって思います。
負の感情を肯定していくことは、haruさんの辛い悲しい気持ちにも向き合うことになりますが、今よりも苦しい気持ちが続くことはありません。

そうはいっても、抑えてこられて感じ方がわからないわけですから、感じられるか、暴走したらと不安な気持ちにはなってしまいますよね。
誰かに言ってみることもとても勇気がいるかと思いますが、今どんな風に辛いのか苦しいのか といったことから話してみませんか。赤の他人ではありますが、だからこそ話せることもあるのではないかと思います。時には誰かに話してみて気づく気持ちもあったりします。
感情というものの扱い方を知っているのがカウンセラーで、haruさんが抑えていた思いを、haruさんが無理せず暴走もしないようにサポートさせてもらうのがカウンセラーの仕事です。

感情を感じると癒されることは本当です。癒されるを違う言葉で言うと、気にならなくなる、忘れていくということです。
体の怪我と同じで、最初は痛くても治ってくると痛さがなくなり、傷をみると痛かったと思い出す。傷も消えれば怪我したことも忘れていくのと同じです。

本気で何かをしようと思った時、恐さも大きく感じるものです。それだけ楽になりたいんですよね。その気持ちがあれば必ず楽になっていけます。よろしければカウンセリングを使ってみてくださいね。
ご相談ありがとうございました。

この記事を書いたカウンセラー

About Author

アバター

誠実にクライアントと向き合い、感じていることを代弁できる為、「話を聞いてもらうだけで『大丈夫』と思わせてくれる」「元気になれる」と好評である。自身の経験をもとに、仕事やパートナーシップ等で戦いがちな人間関係を、もっと自由に自分らしく楽になる為に、「今」できることを提案している。