自傷癖(リストカット)があります

相談者名
いにん
はじめまして、初めて書き込みします。いにんです。
私は自傷癖があります。
具体的には感情が高ぶった時に腕(長袖を着て隠れる位置です)
にカッターやカミソリで傷をつけるような感じです。
小さな頃から噛み癖があり、この事は絶対に人には言えませんが
自分なりのストレス解消方法として考えていました。
他の解消方法を探して、見つけたら自然と収まるかなーと
いった感じです。なので、自分で解決できると思っていたのです。
カウンセリングとかは受けないでも自分は普通の人だ~と。えっと、そんな感じで考えていたのですが、最近久々に
会った友達がリストカットをしていて、その事について
HPを書いているという話を聞きまして、見てみたのです。
その内容がとても酷くて・・・具体的には書かないように
しますが、小さい頃に聞いた母親の失言を今でも責めている
ようでした。その子はカウンセリングを受けていて、その事も
HPに書いてありました。
昔からリストカッターのHPを沢山見たことがあったのですが、
その、色々な方のHPは自分の病気自慢とか、薬自慢とか、
そういう風にとれて、怖い人達だなぁ、自分とは違う人種だ
と思っていました。あっ!この文章でむっとした方、ごめんなさい。
正直な気持ち、そう感じたのです。
ですが、前述の友達も一緒のようなHPを作っていた事で
私の気持ちも変わったのです。すごく元気で明るかった子
なので、その変わり方にショックを受け私もいつか怖い感情に
飲み込まれていくのかなと心配になったのです。

それでリストカットや自傷癖について勉強をしました。
リストカットは主に母親と娘の関係がうまくいっていない
事により起こる事だと書いてありました。
私の家はすごく幸せで家族みんな仲が良いので家族間での
問題はありません。なのでそれは原因ではないと思いました。
なら何か他に原因があるのかな・・・といろいろ考えて
いました。今までで特別な経験といったら、小学校の低学年
の頃にレイプされた事、同じく小学校の低学年の頃に同性愛者
と思われる男性に体を触られた事、中学の時に先輩に体を
触られた事、高校で同じような経験をした事、このくらい
だと思います。自分の中ではこれらの出来事は自分の中で
消化できていると思っています。
もし自分自身に問題があるのなら、自分自身のどの部分に
原因があるのかを調べたいです。

と、ここまで悩んで、最近感情のコントロールが難しい
ことに気付きました。ちょっとした失敗などを夜寝るとき
に思い出しては悩んだり、半年も前に別れた恋人の人の
事を思い出してはどうしようもない気持ちになったりです。
恋人の人の事はもう思い出になっていたと思っていたので
とても嫌な気持ちになりました。
私はもうすぐ大学生になります。些細な事で怒ったり
問題行動を起こすような大人になりたくありません。
クラスの友達などと比べて、私は感情の起伏が激しい方
だと思っています。友達と喧嘩をする事は絶対にありませんが
後で「さっきの○○ちゃんはなんだ…むかつく…」と1人で
誰にも気付かれないように怒っているような感じです。
あ、こんな時に自傷をします。

カウンセリングを受ける事によって感情のコントロール
の仕方などを学べるのなら、カウンセリングを受けて
みたいです。しかし、病院に行って、薬をもらったら
自分もHP上で「病気自慢」「薬自慢」をするのでは
ないかととても不安です。
それ以前に家族には私が自傷をしていたり、心に問題が
あるかもしれないという事は絶対に知られたくないので
今は病院へはいけないのですが・・・ジレンマです。

ここがおかしい、や、ここに問題があるんじゃないかとか
こんな病気なんじゃないかとか、憶測でも結構です。
教えて下さい。
自分の問題にちゃんと目を向けて考えたいのです。
長々と書いてしまってごめんなさい。
失礼致します。

カウンセラー
根本理加
> はじめまして、初めて書き込みします。いにんです。はじめまして、いにんさん。
書き込みありがとう。
根本理加です。

> 私は自傷癖があります。

自傷癖というのは一般的に自己嫌悪からきます。
いにんさんは自己嫌悪が強いんでしょうか?

> 他の解消方法を探して、見つけたら自然と収まるかなーと
> いった感じです。なので、自分で解決できると思っていたのです。
> カウンセリングとかは受けないでも自分は普通の人だ~と。

タイトルの「心の病気なんでしょうか」ということなんですが
心が病気かそうでないか?ということに境目はないと思うんです。
いにんさんが、自分は普通の人だ。と感じているなら、それでいいですよ。
安心してください。

誰でもいたって健康な人でも、心がダークになってしまうこともありますよね?
(程度の差はありますが)
心のしんどさが日常生活に支障をきたすようなら、カウンセリングを
使うということも一つの方法だと思います。

現在日本では、カウンセリングを使うというと、まるで病気なってしまった
かのイメージがありますが、わたしはいつもカウンセリングをもっともっと
気軽に使って欲しいなと思っています。
ちょっとしんどくて誰かに聞いて欲しいなと思う時や、失恋した時など。。
実際、わたし達のカウンセリングを利用される方で一番多いのが恋愛の相談なんですね。
もっと彼とうまくいく方法をアドバイスして欲しい。とか、別れた彼が忘れられないんです。とか。。どんなことでもいいんです。
ちょっと聞いて欲しいの。という時に
利用してもらえたらな、と考えています。

> その子はカウンセリングを受けていて、その事も
> HPに書いてありました。
> 前述の友達も一緒のようなHPを作っていた事で
> 私の気持ちも変わったのです。すごく元気で明るかった子
> なので、その変わり方にショックを受け私もいつか怖い感情に
> 飲み込まれていくのかなと心配になったのです。

友達の知らない一面を知った時はびっくりしてしまいますよね。

> 私の家はすごく幸せで家族みんな仲が良いので家族間での
> 問題はありません。なのでそれは原因ではないと思いました。

ご家族みんな仲がいいのはとても幸せなことですよね。

> なら何か他に原因があるのかな・・・といろいろ考えて
> いました。今までで特別な経験といったら、小学校の低学年
> の頃にレイプされた事、同じく小学校の低学年の頃に同性愛者
> と思われる男性に体を触られた事、中学の時に先輩に体を
> 触られた事、高校で同じような経験をした事、このくらい
> だと思います。自分の中ではこれらの出来事は自分の中で
> 消化できていると思っています。

それは、辛い経験をされましたね。。。
もしかしたら、いにんさんが思っている以上に
心に引っかかっている経験だったのかもしれませんね。

> もし自分自身に問題があるのなら、自分自身のどの部分に
> 原因があるのかを調べたいです。

私が心理学に出会った時は、父親をガンで亡くした直後だったのですが
自分では別にそれほど大したことはないと思っていました。
でも何故か普通に生活することが辛かったんですね。
それで自分の心を探っていくうちに、私の中ですごく大きなことだったんだと
後で気がつきました。

今いにんさんが自分でなんとも思っていないなら、敢えてキズや原因探しを
する必要はないのですが、もしかしたら、いにんさんが今までされてきた
経験の中でご自分でそれほど大したことは無いと思っていることでも
無意識ではすごく引っかかりがある事があるのかもしれません。

というのも、私達は今大人になった自分では全然なんともないことが
子供の時にはすごいショックだった、という事があるからです。
例えば、子供の時母親に「あそんで、あそんでー」と言った時に
母親が忙しくてちょっとイライラしていて「ダメ!!」と
言われただけで傷ついてしまったりするもんなんですね。
これは、いにんさんだけじゃなく私達全員が持つ傷ついた経験なんです。

なので原因を探ろうとすれば、言ったらなんぼでもあると思うんです。
でも私は原因を探すことというのは、余り重要ではないと思います。
いにんさんにとっての”今現在”が一番大切です。
今現在のいにんさんが日常で苦しいなとか辛いなと感じる事があれば
それに繋がっている原因をさぐって解決してみてもいいと思います。

> クラスの友達などと比べて、私は感情の起伏が激しい方
> だと思っています。友達と喧嘩をする事は絶対にありませんが
> 後で「さっきの○○ちゃんはなんだ…むかつく…」と1人で
> 誰にも気付かれないように怒っているような感じです。
> あ、こんな時に自傷をします。

友達に対して怒っている自分にすごく嫌悪感があるようですね。
でも人間なんだから、例え友達でもむかつくときがあっても
いいと思いますよ。ケンカをする必要はないですが、心の中で
むかつく!って思っても全然オッケーですよ。

> カウンセリングを受ける事によって感情のコントロール
> の仕方などを学べるのなら、カウンセリングを受けて
> みたいです。

これは意外なことかもしれませんが、感情はコントロールできないもんなんです。
どちらかというと、カウンセリングとかを受けて学べることは、自分にとって
嫌な感情を、いかに楽に解放してやれるようになるか?付き合えるようになるか?
ということなんです。
私達の中に感情って、自分ではどうしようもなくて何だか恐ろしい物。
という感覚があると思うんですが、実は感情っていうものは
感じてやると、自然になくなってしまうものなんですね。
全然怖いものではないですよ!

> しかし、病院に行って、薬をもらったら
> 自分もHP上で「病気自慢」「薬自慢」をするのでは
> ないかととても不安です。

私は医者ではないので診断などはできないのですが、個人的な意見を言わせてもらうと
たぶんいにんさんの場合は、病院にいって薬をもらう必要はないと思います。
でももし必要で病院へ行ったとしても、いにんさんは
薬自慢とか病気自慢をしたりしないと思いますよ。

> 自分の問題にちゃんと目を向けて考えたいのです。

それはすばらしいことですね。
今いにんさんが自分で一番問題だと思うことは何ですか?
また教えてくださいね。

相談者名
いにん
こんにちは、いにんです。
お返事ありがとうございました。
本当に、相談してよかったです。自分でもわからなかった
事が沢山見えてきました。
自己嫌悪については、自分自身全く気付いていませんでした。
確かに、今考えると、怒っているときは「今怒ってるのは私
じゃなくて他の人間だ」みたいな感じで誤魔化していた所も
あったような気がします。
後、過去の事について、過去の辛い出来事などは自分で大丈夫と
言い聞かせていた部分もあったかもしれません。
もう一度しっかり考えて消化していこうと思います。今、一番問題としている事は、特定の人に対してすぐに怒って
しまう事です。ずっと考えていて気付いたのですが、それは
元彼や付き合っている人に対して起こるようです。
これだけはどうしても理由が分かりません。
どういう事が理由になって私は彼らに酷い暴言を吐いて
しまうのでしょう。
友達とかだったら普通に受け流せる事も、付き合っている人に
対しては絶対許せなくなってしまいます。
具体的に・・・2人とも金欠なのにアイスを買おうとする彼氏に
怒ったり??そんな感じかも・・・。それが可愛らしい感じに
怒るのならまだいいんだけど、本当に醜い大喧嘩に・・・。
本当に些細なことが多いのです。それで、後で後悔して
謝っての繰り返しです。
私は付き合っている人と別れても、ずっと友達でいたいと思う
タイプなんです。なので、これからも良い友達でいたいのですが、
小さないさかいが起こると、自分でも驚くくらい頭に血が上って
しまいます。
前に付き合った時には、自分自身がまた相手に怒ってしまうのではと
怖くて自分から別れてしまいました。
昔の日記を読み返してみたのですが、このことの原因だけは
つかめなくて・・・。

あ、根本先生が下さった助言にあった「今の問題に繋がる原因を
過去から探し出す」という事を実行しています。思いつかない事は
日記を読み返したりして、色々な自分と出会う事ができました。
「感情はコントロールするものではなく、上手く付き合っていくもの」
という事葉にはとても驚きました。コントロールと付き合っていく
というのはニュアンスは似ていますが全然違うものですね。
自分の中にある感情をひとつずつ認めて付き合っていこうと思います。

また長くなってしまいました。ごめんなさい。
また辛くなってどうしようもならない時が出てくると思います。
その時は正規の方法でカウンセリングを受けに行きますのでよろしく
お願いします。

それでは失礼します。本当にありがとうございました。

カウンセラー
根本理加
こんにちわ、いにんさん。
お返事遅くなってしまい申し訳ありません。。> 本当に、相談してよかったです。自分でもわからなかった
> 事が沢山見えてきました。

そういって頂けると本当にうれしいです!

> 自己嫌悪については、自分自身全く気付いていませんでした。

いにんさんにとって、自己嫌悪とか、自己攻撃が日常で
知らず知らずのうちにやってしまって、習慣になってしまっている
のかもしれませんね。
でも変えていくことはもちろん、可能ですよ。

> 確かに、今考えると、怒っているときは「今怒ってるのは私
> じゃなくて他の人間だ」みたいな感じで誤魔化していた所も
> あったような気がします。

逆にそれくらい、自分に怒りを感じることを禁止してしまっているので
感情が抑圧されて、自分を傷つけてしまう行動にでてしまうのかも
しれませんね。

感情っていうのは不思議なもので、自分の中に自然に湧き上がってくる
感情をその都度感じずに、嫌だから押し込めてしまうと、それが積もりつもって爆発
したり、体に症状がでてきてしまったりする時があります。
ちょっと汚い例えですが、便秘と同じですね。
なので、その都度、腹が立っているときは心の中で「怒る」ことも大事です。
そんなことしたら、自分はすごく怒りっぽくなってしまう!と思うかも
しれませんが、大丈夫なんです。心底、怒りを感じてやると感情は
消えてなくなるので、あとは気分もすっきりするんです。

> 今、一番問題としている事は、特定の人に対してすぐに怒って
> しまう事です。ずっと考えていて気付いたのですが、それは
> 元彼や付き合っている人に対して起こるようです。
> これだけはどうしても理由が分かりません。
> どういう事が理由になって私は彼らに酷い暴言を吐いて
> しまうのでしょう。
> 友達とかだったら普通に受け流せる事も、付き合っている人に
> 対しては絶対許せなくなってしまいます。

いにんさん、これは実はみんなそうなんですよ。
いにんさんだけじゃありません。安心してください。
何故、友達なら受け流せることが彼や元彼に対しては
暴言を吐いてしまうのか?
それは、いにんさんにとって友達以上に彼らに親近感を
抱いているからなんです。いにんさんにとって、かけがえの
ない人程、感情は湧きあがってきます。
関わりのない他人に対しては、あまり感情的になること
はないですよね?

人間関係でもっとも悩みが起きやすいのは、親子間、夫婦間、恋人間ですよね?
それ位自分が愛している人達だから、感情がかき乱される訳です。

> 具体的に・・・2人とも金欠なのにアイスを買おうとする彼氏に
> 怒ったり??そんな感じかも・・・。それが可愛らしい感じに
> 怒るのならまだいいんだけど、本当に醜い大喧嘩に・・・。
> 本当に些細なことが多いのです。それで、後で後悔して
> 謝っての繰り返しです。

どうして金欠でアイスを買う彼らにそんなにも怒ってしまうんでしょう?
それ位、いにんさんが彼らを心配して気にかけているからですよね。
それだけ、大切な人だからです。
でも、後でちゃんと誤れるいにんさんはすごいですよ。
謝る時に怒ってしまった理由をコミュニケーションできると
もっといいかもしれませんね。
「金欠で困ってそうだから、そんな無駄遣いしてしまって大丈夫なのかな?って
心配だったからつい怒ってしまったの。ごめんね。」とかいう風に。

> 「感情はコントロールするものではなく、上手く付き合っていくもの」
> という事葉にはとても驚きました。コントロールと付き合っていく
> というのはニュアンスは似ていますが全然違うものですね。

私の言葉を受け止めてくれて、ありがとう。うれしいです。
そうなんですよね、ニュアンスは似ているんですが全然違う事なんです。

私も心理学を学び始めた時、これには驚きました。
コントロールには無理があるんですよね。無理やり、自分の思うとおりに
しないと!みたいな。
感情は生理的欲求と同じで、自然に湧き上がってくるものなんで
止めない方がいいです。
「怒り」にしても、自分が心の中でどんなに怒っても、それを人に八つ当たり
したりしなければ、どんなに怒ってもいいんです。
感じることと、行動に移すことは全然別個ですから。

> 自分の中にある感情をひとつずつ認めて付き合っていこうと思います。

それは、とてもいい事です。
感情は感じてもらうためにある訳ですから、認めてあげればあげる程
自分自身がどんどん楽になりますよ。
始めはうまくいかないですが、いつも心がけていると上手にできるように
なりますよ。

私も昔は「怒り」と付き合うのが下手で、怒りを長時間引きずってしまいがちでしたが
今では夫婦喧嘩をして怒りまくってもたいてい、1時間後には
もう気分が変わっています。

> また辛くなってどうしようもならない時が出てくると思います。
> その時は正規の方法でカウンセリングを受けに行きますのでよろしく
> お願いします。

ありがとうございます。
いにんさんがカウンセリングを使うことで、より楽に自然体で、より幸せな
毎日を過ごすことができるようになれたら、いいですね。
そのお手伝いを喜んでさせて頂きたいです!
私達はいつでもお待ちしていますので、是非来て下さいね。

いつかお会いできるのを楽しみにしています。
ありがとうございました。

この記事を書いたカウンセラー

About Author

アバター

退会しました。