回避依存型?

相談者名
イヴ
こんにちは。32歳、女性です。
最近心理学の本をたくさん読んでいて、気になった点があったので相談させてください。
その本の中では、恋愛パターンを「恋愛依存型」と「回避依存型」に分けていました。私はいつも付き合い始めは依存型で、彼に尽くして、いうこと聞いて甘えさせて、それがとても居心地よくて、そのときの私が自分でも大好きなんです。 でも、付き合いが長くなると、私が彼を思う気持ちよりも彼が私を思う気持ちの方が大きくなって、そうなると「回避依存型」になるんです。 自分でも自分が嫌になるくらい意地悪をしたり、または彼をコントロールしようとしたりします。そしてキレて「別れる!」と宣言して彼を追い出して、でも1~2週間すると会いたくなって、謝って戻ってきてもらうのです。これを何度も繰り返し、終いには彼が本当に離れていってしまいました。
本当は愛しているのに、嫌になった気がするのはなぜでしょうか? 愛情を惜しみなく与えられると怖いんです。 過去の数々の失恋経験から、付き合い始めても、「どうせこの恋もいつかは終わるし。」とか、「彼もどうせ私を捨てるだろう。」といつも思っています。こんな恋愛の仕方とさよならしたいんです。 信じて信じられて、愛して愛される落ち着いた付き合いがしたいんです。
どうしたらいいでしょうか?
カウンセラー
吉原直人
イヴさん、こんにちは、吉原と申します。
よろしくお願いします。

誰かを好きになっても、その恋愛がいつか終ってしまうだろうって、
感じてしまったら、人を好きになることも恐くなってしまいますね。

「どうせ、いつかは終る」って感じてしまったら、いつもどこかで寂しいし、
彼がいなくなっても出来るだけ傷つかない様に身構えてしまいます。
好きな気持ちが大きくならない様に頑張ってしまうかもしれません。

人を好きになって、その関係がうまくいかず終ってしまったら、
誰しも傷ついてしまいます。そして、どこかで自分が悪かったり、
見捨てられる存在なんだと感じてしまうでしょう。

でもイヴさん、今までの失恋は悲しい事だったけれど、
そのすべての恋愛で、イブさんが精一杯人を愛したことを認めてあげてください。
イヴさんが、誰かを真剣に愛そうとしたことは間違いないです。

僕たちは人を好きになったり、恋愛をするたびに人を愛することを学んでいます。
今までの恋愛でも、すべて学んできたし、すべての関係に意味があったんです。
よく頑張ったんだと、まずは自分を認めてあげてください。

そしてその上で、次の恋ではどうしたら落ち着いた恋愛が出来るかを、
考えていきましょう。

ポイントは、イヴさんが気付いている様に、
「愛情を惜しみなく与えられると怖いんです」という、
イヴさんの心の中の恐いという感情です。

僕たちの心の中には、「与える」喜びと「受け取る」喜びを持っています。
「愛する」幸せと「愛される」幸せという言葉に置き換えても良いです。
そのふたつの欲求が僕たちの心の中にはあります。

例えば、出会ったとき彼が「受け取る」方で、私が「与える」方だったとしても、
それが逆転して、彼が「与える」方に、私が「受け取る」方になります。
そしていずれは、常にその両方を持ったり、求め合える関係になっていきます。

それが、恋愛だったりパートナーシップの成長のプロセスなのです。
僕たち個人が成長するように、二人の関係の変化し成長してくんですね。

ただこの過程で、人によると次のステップにどうしても進めなかったり、
行き詰まってしまう場合があります。
そうしたら、その関係が終ってしまったりもするのです。

ずっと彼に甘えている方だけに執着して、
彼に与える側になるのがどうしても寂しくて嫌なんです。って、
言う心境を抱えている人も居るし、

また、イヴさんのように、
彼に与える事には喜びを感じられるんだけど、
彼の愛を受け取ったり、甘えたりするのが恐くて恐くて・・
という心境もあるのです。

そう言ったイヴさんの心境が、
今までの恋のパターンになってしまっていたのです。

では、どうしてイヴさんのように「甘えたり」「受け取る」ことが、
恐いと感じてしまうのでしょう。

それは、過去のどこかの経験の中で、
「甘える」ことが悪い事だと思って禁止してしまったり、
誰かに「甘えたい」という気持ちを強く我慢したり、
そんな経験の中で、出来上がったものです。

僕たちは、子供の頃から色んな経験の中で、
数々の誤解を心の中に抱えて成長してきました。

例えば、お父さんに甘えたいと近づいた時、
お父さんが忙しくて、受け止められなかったとしても、
僕たちの心は、その甘えたいという気持が嫌われたと感じます。

また、厳しい両親のもとで早く自立をするように育てられても、
自分の中の、甘えたいという気持を強く禁止してしまうでしょう。

イヴさんの心の中の、そんな誤解を探して見てください。
そしてその誤解を解いたり、痛みを癒したとき、
相手の愛をそのまま「受け取る」ことが恐くなくなっていくと思います。

僕たちは心の中に色んな自分を持っています。

強い自分がいれば、弱い自分もいます。
しっかりした自分もいれば、甘えたな自分もいます。

その両方があって人間だし、その両方が愛される私たちなのです。
イヴさんも、次の恋には「受け取る」という気持を少し意識してみてください。
そして、あるがままのイヴさんで居てください。
そうすれば、必ず幸せな関係が築けます。

今日は、ご相談ありがとうございました。
何か解らないことがあればいつでもお電話ください。

吉 原 直 人

この記事を書いたカウンセラー

About Author

アバター

退会しました。