癌の義理母に遠慮して主人と一緒に暮らせない寂しさ

相談者名
かめきち
私は母を癌で亡くし寂しくて、家族もばらばら一人暮らしが寂しくてなりません。主人も義理母が癌で心配ですので私の寂しさをずっと言えませんでした。いろんな事を試みて寂しさを癒そうとしましたが駄目で、結果病気になり外出も出来なくなりました。義理母は次男や娘がそばに居るのですが主人がとても好きみたいで私と仲良く一緒に居るのを嫌がり、泊まると別の部屋に寝かされます。義理母は義理父が亡くなって寂しい折に主人が転勤で同居でき幸せに感じているし癌のことも忘れるほど元気です。一方私は主人や義理母の事を考えると寂しいことや主人と暮らしたい事を実現できず悶々としています。主人が帰宅するとたちまち元気に安定します。私は主人と暮らして、癌の義理母から引き離すのは罪なのですか?義理母も私との同居は望まないと思いますし、私も嫌です。期限のない我慢が限界です。時々主人に会いに行きましたがそれではもう満足いかないです。
カウンセラー
下村ひろみ
かめきちさん、ご相談いただきましてありがとうございます。
担当させていただきます 下村ひろみ と申します。
かめきちさんにとってどうすればこの問題が解決するのかを考えていきたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

まずかめきちさんご自身もお母様を癌で亡くされたのですね。それに加えて家族がバラバラだとしたらものすごく寂しいですよね。
ひとりでその寂しさにずっと耐えとても辛い思いをされているのですね。

病気になられる位の寂しさだからどれだけ気持ちを抑え込んで耐えてこられたのだろうかと思います。
本当に今までよく頑張ってこられましたね。

それ程までにご主人を愛してらっしゃるからこそ出来たことではないでしょうか。
耐えることでご主人を支えてあげたいと考えられたのかも知れませんね。

かめきちさんのご相談内容を読みますと、ご主人のためにも遠慮されているのがわかります。
なぜならば、愛するご主人を生み育ててくれたお義母様のためだし、ご主人が愛する母親ですからね。
かめきちさんだって同じように愛してあげたい、いたわってあげたいと心の底では望んでいらっしゃるのでしょうね。

一方で義理のお母様はだんな様を亡くされたとはいえ、3人の子供がそばにいることでとても恵まれていらっしゃるようにも感じました。子供3人の愛とサポートのお陰もあり元気になられているのかも知れませんね。

しかしながらかめきちさんはご結婚されているにも関わらずご主人と一緒に暮らすことができない。
実家では別々の部屋に寝かされ、今はご主人と離れ離れに暮らして、いつまで続くかわらないこの辛い想いを感じ続けるというのは本当にきついことだと思います。

義理のお母様が癌であるとするならば、かめきちさん自身のことよりも義理のお母様のことを優先しなければという気持ちも出てくるでしょう。
しかしご主人と一緒に暮らせない理由が全て義母様に繋がっているとすると少し別の問題も絡んでいるように感じます。

まずは我慢する理由についてです。

かめきちさんは、ご主人との関係でたくさん我慢をしてしまっている、そしてご主人に対しても、そして病気である義母様に対しての遠慮があるのですね。

義母様に遠慮して寂しさを我慢していること、ひとりぼっちでいつもさびしいこと等、かめきちさんの気持ちをご主人はどれくらいご存知なのでしょうか?

気持ちをご主人にどう表現したらいいのかわからないという気持ちが我慢や遠慮を倍増させているようにも感じられます。

だとしたらこの我慢や遠慮はいつ頃から始まったことなのでしょうか?
どうして我慢や遠慮をしてしまうようになってしまったのでしょうか?

もしかしたら結婚する前から、ご両親との関係で我慢や遠慮をするという癖がついていたのかも知れません。
まずはこの答えを捜してみてもらえますか?

次に何のために我慢や遠慮をするのでしょうか?
その目的とは一体何なのでしょうか?

もしかしたら自分の本当の気持ちを言うことがわがままだと感じられるのかも知れません。
もしかしたら自分は夫からそんなに愛されていないという気持ちがあるのかも知れません。
もしかしたらかめきちさんの中に我慢することが愛情表現なんだと感じられているのかも知れません。

その答えも捜してみてくださいね。
その答こそがかめきちさんの本当の気持ちです。

その本当の気持ちをご主人にお話ししてみること。
我慢や遠慮ではなくコミュニケーションという形で表現することが出来たらいいですよね。

その気持ちを伝えてご主人に理解してもらえること。
それはかめきちさんが本当に求めていることなんだと思うんです。

そしてコミュニケーションをする目的はもうひとつあります。
それはご主人の本当の気持ちを知ることなんです。

かめきちさんも遠慮や我慢をしているとしたらそれと同じようにご主人もかめきちさんに対して遠慮や我慢をしてしまっている可能性が高いです。

そしてかめきちさんが寂しさを感じているように、ご主人も寂しい気持ちを感じていらっしゃるように私は感じるのです。

ご主人にとってみたら、
母親を失ってしまうかも知れないという恐れ
母親に頼られても助けてあげられない無力感
長男だからと気丈に振る舞いつつも感じる弱さ、等

表から見える行動の裏側にご主人の本当の辛さや寂しさが隠れているように思います。
それはかつてかめきちさんが感じていたものだろうし、だれよりもかめきちさんだからわかってあげられる気持ちですよね。
ご主人を受けとめてあげられるのは奥様であるかめきちさんだけなのですよ。

そしてご主人はなぜ遠慮や我慢をするのか?
その目的は何ののか?

もしかしたらかめきちさんに出来るだけ負担をかけたくない、迷惑を掛けたくないという気持ちかも知れません。
そこにご主人のかめきちさんに対する本当の気持ちが隠れていると思います。
それを知ることが2人の繋がりを取り戻すきっかけになると思います。

もうひとつ我慢や遠慮をする理由が考えられます。
それはお母様を癌で亡くされたかめきちさん、家族がバラバラになったかめきちさんから感じられる寂しさなんです。

もしかしたらお母様に対して何らかの罪悪感を持ち続けておられるのかも知れませんね。
家族がバラバラになってしまった事やお母様に十分与えること出来なかったと感じるとしたら、何かかめきちさんの中に自分を責める気持ちが出てくるかも知れません。

かめきちさんはそれ位優しくて、家族想いの方なんだと思うんです。

そして義母様とそれを囲む子供たちというのはかめきちさんにとって目を向けることの辛さがあるかも知れません。
自分はこの家族の一員ではないと感じるとしたら、なおさら寂しい感じ、疎外感を感じるかも知れません。

お義母様が決して嫌いなのではなく、お義母様といるときに感じる感情が嫌なんだと思うんです。
そばに行けばいくほど、寂しさやひとりぼっちの孤独を感じてしまうのかも知れません。

かめきちさんはご主人といると元気になると書いておられるように、ご主人もかめきちさんのその嬉しそうな笑顔を見て元気になられるのではないでしょうか。

かめきちさんとご主人は夫婦であり家族なんですよね。
お互いが家族なんだという意識とそれに対しての自信を持てるようになっていただけたらと思います。
そうすれば今ほどご主人の家に行くことに遠慮がなくなると思うんですね。

そしてかめきちさんはご主人や癌である義母様を思いやれる優しい方だと感じました。
そんなかめきちさんだからこそ今のご主人のお気持ちを理解し、その辛さを支えてあげらえると思うのです。
そして2人でもっとコミュニケーションしていただけたらいいなと思います。

そしてかめきちさんがご主人をもっと必要とすることでお互いの寂しさを埋められると思います。
そして義母様の癌ということをどうか夫婦一緒に乗り越えられる関係を作っていただけたらと思います。

お二人がより良い関係になるよう、私たちカウンセラーはお手伝いさせていただきたいと思いますし、応援させていただきたいと思います。

今自分が一杯一杯で限界だとしたら、誰かを頼ることも必要だと思います。
無料の電話カウンセリンもありますから、ご自分の心をケアすることも大切になさってくださいね。
まずは心に少し余裕を作ってあげましょうね。

ご参考になりましたら幸いです。

下村ひろみ

この記事を書いたカウンセラー

About Author

夫婦問題(復縁・離婚・倦怠期・浮気 等)を得意とし、恋愛、家族問題、人間関係の問題を扱う。カウンセリング実績は2700件以上。 お客様の心に寄り添い、常に味方でいることを心がけている。「夫婦関係が修復できた」「彼と和解できた」「人付き合いが楽になった」と高い評価を得ている。