彼と結婚したいが葛藤の日々

相談者名
moon
日頃からご相談事例集や心理学講座を読ませて頂いており、よく助けられています。いつもありがとうございます。
今私は、気分が晴れる事なく、鬱々とした日々を過ごしています。
気分が重たい原因は、彼氏との事です。
彼氏とは4年半付き合っており、私は年齢的なものもあり、結婚をしたいと思っています。
彼はそんな私の気持ちを受け入れ、「正社員の仕事が見つかったら結婚しよう」と言ってくれました。
でも、それから半年近くたった今でも仕事を探す素振りを見せません。私がその事に少しでも触れると、険悪な雰囲気になります。
私も逆の立場なら同じように嫌な思いをすると思うので、仕方無いのかな、とも思います。
でもそう思う反面、どんどん気持ちが落ち込んでしまいます。今は悪い所ばかり目についてしまい、こんな人と一生一緒にやっていくなんて嫌だと思ったり、別れたいと思ったりしてしまいます。
彼は愛情深く、気が利く人で、そういう面は尊敬しています。今まで色んなケンカをしてきましたが、2人で向き合って絆を強めて来たと思います。
そして、私自身もバイトの身で、実家で両親にお世話になっている為、彼にとやかくいう資格が無いような気がします。彼は私の事を責めたりしませんし…。
なので、結婚を手放した方が良いのでは、と思い、自分磨きや、好きな事を楽しんだりするように心がけています。
それでもやはり将来の事を考えると、落ち込む時の方が多くなってしまいます。
とにかく、彼の事・結婚の事・自分の事で毎日葛藤しています。
今は重たい気分で日々を過ごし、辛いです。
まとまらない文章ですいませんが、何かお言葉頂けたら、幸いです。
カウンセラー
ながのひろみ
moonさん、はじめまして。担当させていただくながのひろみです。
よろしくお願いいたします。

当社で提供している読み物が、お役に立てて何よりです。
いつもご覧いただき有難うございます。
結婚は女性にとっての人生の最大の関心事ですよね。
結婚に至るまでも、結婚が決まってからも、何かと悩みが多いところではあります。

moonさんの場合、双方に結婚の意思があるのに、彼の事情で結婚が延びているようですね。
moonさんとしては、お付き合いしてきた年数や年齢的なものから結婚に少し焦って
あるようですし、一方、彼としては「正社員の仕事が見つかったら結婚しよう」
の言葉通り、経済的な基盤を整えて落ち着いたあとに結婚を望んであるようです。

moonさんの目には、彼が具体的に行動に移していないように映っているので、
いろいろと不安な気持ちになると思いますが、決して彼に結婚する意思が
ないわけではないと思います。

動けないのは何か理由があるのでしょう。
男性は、自分が稼いで家族を養っていかなければならないという思いを大なり小なり
持っているようです。責任感が強い男性ほど、この思いが強いため、決断をするときは
躊躇して時間がかかるものです。彼の場合も、幸せにしたいと思う気持ちが強いあまり、
逆に彼女を幸せにできるんだろうかと自信をなくしているのかもしれませんし、
より安定した仕事を選ぶことに慎重になりすぎているのかもしれません。

話に触れると険悪な雰囲気になるというのも、彼がそれだけ早く仕事を見つけなければと
思っているので、責められた気持ちになってしまうからなのでしょう。
もちろん、決してmoonさんが責めるつもりがなくても、彼が自分自身を責めているので、
他人から言われたときにそのように感じてしまうんですね。

このような状況の中で、moonさんが出来ることは、文面にありますように結婚への手放し
ということになります。とはいえ、すでに自分でできることは実践はして
いらっしゃいますので、自分が何を望んでいるのか、今一度ご自身の心と向き合って
みてはいかがでしょうか。

もし周りの目が気になったり、自分のこだわりがあって、すぐにでも結婚を
考えているのであれば、結婚候補に挙がるような違う人との結婚もありだと思います。
彼と別れることは辛いかもしれませんが、結婚のタイミングが合わないことは
よくあることです。

彼と過ごした4年半をケンカも含めて絆を深めることができたと振り返りができている
moonさんなら、次に新しく知り合う方ともきっとうまくいくと思います。

ですが、もし彼と共に人生を歩んでいきたいのであれば、今のこの問題を
乗り越えることで絆を深める出来事に変えることはできます
パートナーとはどこか感情で共鳴しています。
片方が感じている感情は、少なからず相手方も感じているものなのです。
このように考えてみてください。moonさんが迷っている度合いだけ、
彼にも迷いがあります。つまり、彼や彼との将来を信頼できないのと同じくらい、
彼も自分が彼女を幸せにできるかどうかは信頼できていないということです。

こういうときは、お互いが相手が先に変わってくれたら、先に安心させてくれたら、
とつい思ってしまうものです。そちらのほうが楽だからです。
でも、お互いに待っていても、そのままでは一向に変わらない状況が続くだけです。
どちらかがリーダーシップを取って、この問題を乗り越えて幸せに向かうという決意が
必要になってきます。

moonさんがリーダーシップを取るならば、この状況を変える鍵は、
彼に対する信頼がキーワードになると思います。
彼が愛してくれていることを信頼して受け取り、彼の力を信じて、
彼にベストな仕事が見つかることを応援してあげてください。

moonさんが幸せに向かう迷いがなくなったときに、彼の中からも迷いは消えていると
思います。自分のことを心から応援してくれる一番の味方になってくれる好きな人を、
生涯共にしたくないとは思わないと想いませんか?

もちろん、自分と向き合う作業はどうぞ私たちカウンセラーにお手伝いさせてくださいね。
一人でやると煮詰まったり、わからなくなったりしますので、
誰かの手を借りてやるほうがよいかと思います。

moonさんが、幸せな方向に進まれますように応援しています。
今回のご相談、ありがとうございました。

この記事を書いたカウンセラー

About Author

ながの ひろみ

恋愛、人間関係、自己啓発、ビジネスなどのジャンルで、わかりやすい理論と感覚的なセンスを用いてアプローチしながら、優しく柔らかな雰囲気で包み込むカウンセラー。 ブレない安定感となごませる会話で「あるべき姿に気付かせてくれる」「いつもセンターに戻してくれる」と高い評価を得ている。