自分に自信がない

相談者名
こんにちは。現在大学3年生です。気持ちが落ち込んだときは、いつも相談コーナーをみて参考にさせていただいています。

私は自分という人間が分からず悩んでいます。
現在就職活動をはじめて、更に悩むようになりました。

私には大事な友達が数人と、3人の家族と、大好きな彼氏がいます。
しかしそれ以外の人と親密になることができません。
よく笑う、悩みごとがなさそう、と言われ第一印象が良いと良く言われるのですがその分自分の中身の薄っぺらさがバレるのが怖いです。
大学のあまり話したことのない女の子や、バイト先の女の子と2人きりになると
つまらない人間に思われないか、気まずいと思われないかと顔色を気にして薄っぺらい言葉しか出てこず、話すことがとても苦痛でとても疲れます。
昔から人からよく思われたい、嫌われたくないと思ってしまって、うまくしゃべれなくなるのです。初対面だと楽しく喋れても、2回目、3回目は何をしゃべればいいのか分からず、その人を避けるようになってしまいます。

もっとキラキラして仲良くなりたいと思ってもらえる素敵な女性になりたいのですが、どうすればいいのでしょうか?なにを変えれば良いのでしょうか?

彼は周りからの人望が厚く、初めてあった人ともすぐ仲良くなれる素敵な男性です。
しかし最近はそんな彼が羨ましく嫉妬してしまい、更に自己嫌悪に陥ってしまいます。

就職活動をする上でも自分をもっていないので、自信をもって話せません。

長くなってしまい申し訳ありません。。
宜しければお返事お願いします。

カウンセラー
なかつまともみ
はじめまして、ぺさん。
今回担当させていただきます、なかつまともみと申します。
どうぞよろしくお願いいたしますね。

ぺさんは、ご自分という人間がよくわからないと
悩んでいらっしゃるとのこと。
特に就職活動は一応試験はありますが、どちらかというと
「『私』という商品を買ってください!」という
営業活動みたいなものですので悩まれる気持ちもよくわかります。

良い営業さんというのは、
自分が売る物に付いて良い所も悪い所も知っており、
かつ、お客さんのニーズにも
精一杯応えられる人かなと思います。
ですので、まずはぺさん自身が「ぺさん」について
精通していく事が最初の一歩だと思います。
精通すれば、無理をしなくていいし、
そうすると余力ができますから、
いろんな事に目が配れる様になったり
興味のあることに気を向けられるようになったりと
良いことずくめです。
自分について精通する事…自分の良い所悪い所を魅力にして
キラキラ輝いていきましょうね。

では早速、ぺさんはご自分の良い所はどこか云えますか?
こういう時、「投影」を使うと上手くいきます。
例えば「優しさ」を知らない人は、
他人がやっているそれに対して「優しさ」だと気付けませんよね。
自分が見ているその人の素敵要素は、
自分の中にもその片鱗があるんです。

と云う訳で、
ぺさんの大事なお友達とご家族の素晴らしい所、
魅力的な所を思いつく限り全て挙げていってください。
それがぺさんの魅力です。
もし、自分に全くない要素だと思っても、
もしかしたらその要素はまだ眠っているだけかもしれません。
眠っている要素の中に特に欲しいものがあれば、
寝る前に10回、そっと唱えてみてください。
例えばお友達のオープンさが素敵で、
ぺさんも欲しいと思っているのなら、
「私はオープンです」と唱えます。
この方法をアファメーションと云います。
そうすると、言葉は眠っている間に心の奥底に浸透し、
眠っているぺさんのオープンさを呼び起こします。

こうやって少し自信を付けつつ、
ちょっと勇気を出して、お友達や彼氏に
ぺさんの良い所を聞いてみてください。
「え!?」と思われるかもしれませんが、
よく考えてみてくださいね。
ぺさんの大事なお友達が「私の良い所って何?」と
聞いて来たら、どうしますか?
精一杯、思いつく限りの良い所を伝えようとしませんか?
そうやって伝えてもらった良い所の中には
「この人、こんな風に私を見てくれていたんだ!」というものが
結構出てくるかと思います。
それもお友達や彼氏がみている「ぺさん」なんです。
大事に受け取ってみてくださいね。

さて、今度は悪い所です。
ご相談ではぺさんはご自分の事を「薄っぺらくてつまらない」と
思っていらっしゃるようですが、本当にそうでしょうか?
ご相談を拝見する限り、私にはペさんが
表情豊かで明るく、他人に対して思いやりを持ち、
でもちょっと恥ずかしがり屋な人だと感じました。
どこでそう感じたかというと、
1)表情豊かで明るい=よく笑う、悩み事がなさそう
2)他人に対して思いやりを持っている=
人からよく思われたい、嫌われたくない
3)恥ずかしがり屋=何を喋ったらいいかわからない
こんな所です。
そしてとっても大事なところ!
「大事なお友達が数人と、3人の家族と、大好きな彼氏」
これだけの人達と親密な関わりを持てていらっしゃるのです。
これが多いと思うか少ないと思うかは、
コップに入った半分の水を「まだこれだけある」と感じるか
「もうこれだけしかない」と感じるかの違いなのです。
また、自分が大事だと思っている人達と、
親密な関係を持てると云うことは、
当たり前のように見えますが、
本当に信頼していたり、
深い繋がり………絆を感じなければ、
難しかったりするんですよ。

また、彼が素敵に輝けば輝くほど、
ぺさんは自己嫌悪に陥っているとのこと。
でも、逆に考えてみてくださいね。
そんな素敵な彼はぺさんを選んでいるのです。
そのぺさんが素敵でないはずはないんですよ。
パートナーシップというものは、
お互いにないものに惹かれ合うともいいます。
彼の自己嫌悪はぺさんが補完し、
ぺさんの自己嫌悪は彼が補完してくれているのだと思います。

あと少しだけ。
嫉妬は「そんなこと考えちゃ駄目!」と
隠そうとすればするほど醜くなってしまいます。
「あなたの人望が厚いところ、凄く羨ましい!」などと
素直に表現すると、簡単に手に入ったり、
何か違う形で素敵な贈り物が届いたりしますよ♪

就職活動は「本当の自分とは何なのか」に向き合わされる、
ちょっと厳しい関門だと思います。
私は早々にドロップアウトした事があるのでよく分かります(苦笑
でも、だからこそぺさんにお伝え出来ることがあります。
かならず、ぺさんを必要としてくれる場所があります。
ご友人がぺさんを必要としてくれているように、
ご家族がぺさんを必要としてくれているように、
彼氏がぺさんを必要としてくれているように。
最初の方の提案を忘れても、
これだけは心にとめておいてくださいね☆

もし、難しいところや分かり難いところがありましたら、
遠慮なく初回無料などご利用くださいませ。

ぺさんがキラキラと輝けるよう、心よりお祈りいたしております。
最期までありがとうございます。

この記事を書いたカウンセラー

About Author

アバター

退会しました。