男性恐怖症

相談者名
ヨナ
私は今高校2年生で、高校1年生の時2回痴漢被害にあって、今年ナンパをされたりしてとても男性が怖いです。被害に遭う前からの友達とは喋れるのですが触られると吐き気や頭痛などがします。大人の男の人や初対面の人とは話すことを意識するだけで吐き気や頭痛に加え顔が赤くなったり、息が詰まったり、手足が震えたりします。目も合わせられません。
また、小学生の時にいじめにあっていて、少し人と話すことが怖くて、話していても単語が出てこなくて途切れ途切れになってしまうことがあります。
将来比較的女の人より男の人が多めのシステムエンジニアという職業につきたいし、友達や周りの人に不快な思いをさせているかもしれないということがすごく申し訳ないのでこの症状を治したいです。
でも治し方がわからないのでここに相談をさせていただきました。カウンセリングお願いします。
カウンセラー
三枝みき
ヨナさん、こんにちは。初めまして。
今回、ヨナさんのご相談を担当させていただきます、三枝みきと申します。
どうぞよろしくお願い致します。

ヨナさんは今、高校2年生なのですね。
ご相談の文章を読ませていただいて、私はヨナさんはお若いけれど、とても聡明で、機転の利く方なのだなと思いました。
また、周りの方への気遣いも出来る、とっても優しくて繊細な方なのだなとも思います。

ヨナさんの「優しさ」や「繊細さ」「聡明さ」などといった「感受性の豊かさ」は、とっても素晴らしい「才能」ですが、そうった才能をお持ちの方の中には、時にはその才能こそがご本人をひどく疲れさせたり、消耗させてしまったりすることもあるようです。

例えばですが、感受性の豊かな方は「喜び」や「楽しさ」などのポジティブな感情もよりたくさん、より強く感じられますが、その分、「寂しさ」や「悲しみ」あるいは「怖れ」などという感じるのが辛い、ネガティブな感情もより強く、激しく感じてしまわれるようなのですね。
だからといって、感じるのが辛い感情を感じないように抑えつけてしまうと、私たちはポジティブな感情まで感じられなくなってしまいます。
感情を無理やり抑えつけることを心理学では「抑圧」と言いますが、その抑圧が余りに強かったり、長く続いてしまうと、時には心の健康を損なってしまうとか、何をしていても感情が感じられなくなってしまって、自分が何をしたいのかすらもわからなくなってしまうこともあるようです。

繊細な感覚をお持ちの方は、その感覚を活かして、周りの人を気遣って居心地のいい場所を作ってあげたり、辛い思いをしている人に寄り添ってあげたり、などということが上手です。
人の痛みが分かる心の優しい方だったり、愛情深い方が多いので、誰からも好かれますし、人からも信頼されます。
それは本当に素晴らしいことです。

少し話が逸れたかもしれませんが、じつは、長所と短所は表裏一体です。
つまり私は、ヨナさんは「感受性が豊か」な方なので、人一倍、「怖れ」も強く感じられるのかもしれないと思ったのですね。
ですから私はまず、ヨナさんに、ご自分が「男性に対して怖く感じてしまっていること」については、「私はとても感受性が豊かで、繊細なので、男性を怖く感じてしまったとしても、それは仕方ない」と思ってあげて欲しいなと思ったのです。

もちろん、ヨナさんほど繊細な方でなくても、どんな方であっても、痴漢の被害に遭われたらとても嫌な思いをされるでしょうし、怖さも感じて当然です。
たとえ私が男性だったとして、ヨナさんのような経験をされた方が私(男性)と目を合わせてくれなかったり、怖がっているような様子だったとしても、それは当然だなって思いますよ。
「気の毒だな」「なんとかしてあげたいな」と思いこそすれ、不愉快だなんて思いません。
世の中の男性全てがそんな風に思っているわけではないかもしれませんが、私のように感じる人も、きっと世の中にはたくさんいらっしゃることと思います。
だから、男性を怖がってしまうご自分を、どうか責めないであげて下さいね。

また、ヨナさんはご友人や、周りの男性に嫌な想いや不快な思いをさせてしまうかもしれないということに、とても「罪悪感」を感じていらっしゃるようです。
「罪悪感」というのは、「私の所為で嫌な思いをさせて申し訳ない」という気持ちです。

でも、「罪悪感」があると私たちは、ますます「自分を責めざるを得ない状況」というのを引き寄せてしまいます。
ヨナさんが「男性を怖がることで、嫌な思いをさせる自分が本当に申し訳ない」と感じていると、逆にもっとその気持ちを強く感じさせるような状況になってしまうのです。
この場合で言うなら、さらに「男性が怖くなってしまう」という悪循環のような状況を引き寄せてしまう可能性も無いとは言えません。
「罪悪感」はどんどん手放していくことが必要なのですね。

では、どうしたらいいかというと、まずは今、「男の人が怖くて仕方ない自分」や「人と話すのが怖い自分」をいったん受け入れてあげることから初めてみて欲しいと思います。
具体的にはこんな風に、自分自身に声をかけてあげてみてください。

「小学生の時にいじめにあったのだから、人が怖いのは当然だよね」
「それなのにちゃんと学校に行ったり、毎日頑張ってるのは本当に偉いよね」
「痴漢に遭ったりしたら、男の人が怖くなっても仕方ないよね」
「そんなに怖いのに、ずっと一人で頑張ってきたあなたはとっても強くて優しい子だよね」
「あなたはちっとも悪くないよ」

そんなふうに、今まで頑張ってきた自分を褒めてあげたり、受け入れてあげる言葉をたくさんかけてあげて下さい。
そのとき、もしも泣きたくなったりしたら、その気持ちを抑え込まないであげて下さいね。
どんな気持ちが出てきても、「そうだよね、そう感じて当然だよね」って受け入れてあげることが大切なんです。

もし、どうしても言葉が出て来なかったときには、こんな風に考えてみてください。

ヨナさんの大切なお友達が、ヨナさんと全く同じ悩みを抱えていらしたら、ヨナさんはどんなふうに声をかけてあげたいですか?
そう考えたときに浮かんでくる言葉を、自分自身にかけてあげるのが、たぶん一番いいと思います。
ちょっと難しいかもしれませんが、ぜひやってみてくださいね。

ただ、どうしてもやり方が分からなかったり、やってみてもしあまりに辛くなってしまうようでしたら、私たちカウンセラーに直にご相談いただきたいと思います。
心の問題は、じっくりゆっくり取り組むことと、一人でやらないことが大切です。
面談カウンセリングでは心の深いところに働きかけるセラピーなどの心理療法も出来ますし、きっとお役に立てることと思います。
まずは、初回無料の電話カウンセリングでお試しくださいね。

以上、お読みいただき、ありがとうございました。
この回答が少しでも、ヨナさんのお役に立てれば幸いです。
ヨナさんが少しでも早く楽になって、毎日楽しく学生生活を送れるように、心から願っていますね。

三枝 みき

この記事を書いたカウンセラー

About Author

三枝 みき

家族や親子の問題、子育て、友人との関係など対人関係の問題や、罪悪感、自己否定など心や性格についての問題を得意とする。 長女の自傷と強迫性障害がきっかけでカウンセラーとなる。特に母子関係については、自身が母との問題、娘との問題の両方を経験しており、ライフワークとして取り組んでいる。