インナーチャイルドを癒やすと幸せになる(2)~子ども時代の傷は蓋をせずに認めていきましょう~

子ども時代の心の傷とは、いったいどんなものでしょう?

虐待などがなくとも子ども時代に傷つくことはあるのです。
それは、あなたにも起こりうることなのです。
それに蓋をせずに認めることができれば、インナーチャイルドは癒やされます。
すると、あなたの人生は幸せになっていくでしょう。

***

●子ども時代の傷とは

子ども時代の心の傷とは、いったいどんなものでしょう?

『私は特に虐待もされていないし、
学校でいじめられたという経験もないし?』

そのような経験でなくても、
心は傷つくことはあります。

パパや、ママなどに欲しい形で愛してもらえなかった、パパや、ママなどに欲しい形で受け入れてもらえなかった時に、傷つくのです。

それは、
パパやママなどが、
その人なりに愛していたとしてでもです!

パパやママなどが、
その人なりに愛していたとしても、
それが欲しい形でない時に傷つくことがあります。

または、本当に欲しいものが入らなかった時に傷つきます。

本当に欲しいものとは・・・

やさしいパパ。
やさしいママ。
仲の良いパパとママです。

これらのいずれかひとつでも
手には入らないときに子どもは傷つくのです。

特に虐待もされていないし、
学校でいじめられた
という経験でなくても、
子どもは傷つくことがあるのですね。

そう考えると、
あなたにも思い当たることはありませんか?

●心の傷に蓋をするもの

良い人なんかは、
思い当たる心の傷に蓋をしてしまうことがあります。

「そう言えば、子どもの頃は一緒にいて欲しい時に、一緒にいてもらえなくてつらかったかも・・・。
いやいや、育ててくれる為に共働きしながら頑張ってくれたし、休みの日は必ずどこかに連れていってくれたし、つらかったとか不満を言っちゃいけない」

などと、
その人なりに愛してくれているからこそ、
つらかった、寂しかった、悲しかった、
など言ったら、
その人に申し訳ない気がしてしまう人がいます。

その為に、
つらかったと思ってはいけない。
寂しかったと思ってはいけない。
悲しかったと思ってはいけない。

と、
心の傷に蓋をしてしまうのです。

でも、
つらかったと思っていいのです。
寂しかったと思っていいのです。
悲しかったと思っていいのです。

大人の頭で、その人なり
(親なり、祖父母なり、兄弟なり)
に愛してくれていたのは理解しているのと、

子どもの心で、
あの時はつらかったと思ったこと、
あの時は寂しかったと思ったこと、
あの時は悲しかったと思ったこと、
は、

別ものでいいんです。

子どもの心で捉えた、その時の気持ちを認めることが大切なのです。

それはなぜかというと・・・、

認めないと処理できないからです。

つらかった、
寂しかった、
悲しかった
と、思ってはいけないと思って心に蓋をすると、処理されなくなり心に奥にずっと残ってしまいます。

すると、
傷ついたマインドのままになるので大人のあなたの物の見方、考え方、捉え方の傾向が傷ついた物の見方、考え方、捉え方の傾向がでてきます。
(前回の、私は無力な存在だと考えてしまう例のように)

感情は感じきることで癒やされます。

だから、
感じるという処理をして、
傷ついた感情を癒やしてさようならする為に、
認めるということがいるんですね。

子どもの心で捉えた、
その時の気持ちを認めることができると・・

あの時はつらかったんだなぁと感じることができます。
あの時は寂しかったんだなぁと感じることができます。
あの時は悲しかったんだなぁと感じることができます。

そうやって感じきっていくと、
インナーチャイルドが癒やされて、
物の見方、考え方、捉え方が変わってきますから。

>>>『インナーチャイルドを癒やすと幸せになる(3)~インナーチャイルドを癒やすと問題がなくなっていく~』へ続く

★あなたのリクエスト募集中!

いつもご覧いただいている「すぐに役立つ心理学講座・月曜リクエスト特集」では 「皆様からのリクエスト」を募集しています。読みたいテーマ、知りたいテーマがありましたら↓のフォームから投稿して下さいね。

>>>リクエスト投稿フォームはこちらから

※お手数ではございますが「お問い合わせジャンル」を「心理学講座のテーマ・リクエスト」とご選択下さい。
※なお、頂いたリクエスト全てはお答えできかねますのでご了承下さい。

この記事を書いたカウンセラー

About Author

原 裕輝

若年層から熟年層まで、幅広い層に支持されている、人気カウンセラー。
家族関係、恋愛、結婚、離婚、職場関係の問題などの対人関係の分野に高い支持を得る。
東京・名古屋・大阪・福岡の各地でカウンセリングや心理学ワークショップを開催。また、カウンセラー育成のトレーナーもしている。