夫とやり直したい

1年前夫から突然、好きな人が出来てその人が妊娠したから離婚して欲しいと言われました。
真面目で優しくて心から信頼していた夫に、2年間騙されていました。
結局相手の人は流産しました。
そんなこともあったので、時間をかけて話し合えば夫も考えが変わるのではないかと思っていたのですが、夫は首を横に振るばかり。
・自分はずっと我慢してきた
・こうなったのは自分にも責任があるけど悪いのは全部お前だ
・人が見て間違っていても自分が正しいと思えば正しいんだ
・お前のことが大嫌いだ
等々、優しかった主人の言葉とは思えないないような暴言が返ってきました。
今年の春、私の制止を振り切り勝手に家のお金を持ち出してマンションを借り、彼女との同棲を始めました。
彼女も『奥さんに悪いとは思うけど、別れるつもりはない』と言っているそうです。1度会って話し合いを、と言いましたが断られました。
こんな状態になっても、私は主人とやり直したいと思っています。
自分でももう無理かもしれないと思う気持ちもあるのですが、出来るならやり直したい。先生方のお話を聞かせていただけたらと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。
カウンセラー
吉村ひろえ
敬さん、はじめまして。
担当させて頂く、吉村ひろえと申します。
どうぞよろしくお願いします。

ご主人から離婚話があったのが、1年前。
相手の女性が流産し、ご主人の考えが変わると思ったら意志は固く、それどころか真面目で優しく、心から信頼していたご主人からは暴言しか返ってこない。
挙句、家のお金を持ち出して、彼女と同棲を始める。

自分でももう無理かもしれないと思う気持ちがあっても、敬さんはご主人とやり直したいと思われるのですね。
敬さんとご主人が結婚して何年になるかは書かれていませんが、敬さんとご主人の歴史があり、そう簡単にご主人の言う離婚に同意は出来ないと思います。
心はそんなにあっさり割り切れないですよね。

敬さんのご相談文を拝読していると、敬さんの心の状態はほぼ書かれていませんが、この1年間で悲しみや寂しさ、怒り、悔しさ、屈辱、色んな感情が湧き上がって来たのではないでしょうか?
相当辛かったのではないかと思うのですが敬さんは、とても冷静に状況を把握して、対応されて来られた様に感じます。
しかし、この状況を続けてゆくのは辛すぎますよね。

敬さんがご主人とやり直したい理由ってなんでしょう?
・ご主人をまだ好きだから
・経済的に困るから
・ご主人を手放すと自分はもう幸せにはなれないと思っているから
・世間体が悪いから
・ご主人に対して、やり残したことがあるから
・嫁としての意地
ひとつとは限らないし、ここには無い理由があるかもしれませんね。

ご主人との修復を望まれるなら、一旦、敬さんの想いを手放してゆく必要があります。

> そんなこともあったので、時間をかけて話し合えば夫も考えが変わるのではないかと思っていたのですが

離婚問題に直面し、修復しようとする時に相手の考えを変えようとしたり、変わることに期待することは、逆効果になってしまいます。
「時間をかけて話し合えば夫の考えが変わる」 ということは、ご主人からすると「話し合い」 ではなく 「説得」 になってしまいます。

> ・自分はずっと我慢してきた
> ・こうなったのは自分にも責任があるけど悪いのは全部お前だ
> ・人が見て間違っていても自分が正しいと思えば正しいんだ
> ・お前のことが大嫌いだ

敬さんはこれを言われた時、どう感じましたか?
真面目で優しいご主人がこんなことを言うなんて、びっくりされたのではないでしょうか?

しかし、ご主人は、このように感じておられたのですね。

> ・自分はずっと我慢してきた → いつも抑えつけられてきた
> ・こうなったのは自分にも責任があるけど悪いのは全部お前だ → 自分のの罪悪感を抱えきれずに、全て敬さんに押しつけようとしている
> ・人が見て間違っていても自分が正しいと思えば正しいんだ → もう我慢は嫌なので誰が何と言おうがやりたいようにやる
> ・お前のことが大嫌いだ → わざわざこれを言わなければいけないくらい敬さんにエネルギーを使っている

と言えることが出来ます。
やり直すことにチャレンジされるのであれば、ご主人の考えを変えるのではなく、このご主人の心情を理解する必要があります。

敬さんと婚姻関係にありながら、不貞を働いているのはご主人ですから敬さんの
「時間を掛ければ夫の考えが変わる」 と思うのはある意味当然ですし、寧ろ 「夫が変わって当然」 と思ったとしても不思議ではありません。

しかし、ご主人との修復に当たり敬さんに求められることは、“敬さんが変わること” ですので、ご主人が変わってくれる、変わって欲しい、と言う想いは手放さないと、ご主人との修復は難しくなってゆくと考えられます。

“敬さんが変わる” のは、ご主人との修復のためでもありますが、敬さんを成長させてくれるものでもあります。
敬さんが敬さんのために、変化へのチャレンジをお勧めします。
良ければ、私共にお話しをお聞かせくださいね。

敬さんの幸せをお祈りしています。
ご相談ありがとうございました。

この記事を書いたカウンセラー

About Author

吉村 ひろえ

恋愛や夫婦、浮気、離婚などのパートナーシップから対人関係、子育て、また、死や自己受容のテーマなど幅広いジャンルを得意とする。 女性的で包容力があり、安心して頼れる姉貴的な存在。クライアントからは「話しをすると元気になる」「いつも安心させてくれる」などの絶大なる支持を得ている。