心に新緑のパワーをとりいれる

オープニングでもふれましたが、5月病に代表されるように、
心に元気がなくなってしまいがちな時期でもありますので、
今回は、心に元気をとりもどすための、エクササイズです。
日常的に使っていただいてもよいですし、
元気がなくなったときに使っていただいてもよいでしょう。
○準備
まず、楽な姿勢になってみてください。
ソファーにかけるよりは、姿勢よく、かけられるイスの方が、
いいかもしれません。また、空気清浄機のある部屋や、
緑の多い公園など、空気のきれいなところで、行えれば、
さらによいですね。
もし、お気に入りのヒーリング系の音楽などあれば、それもBGMに
用意してみてください。新緑のイメージをしていただきますので、
それに、あったものがよいですね。
○エクササイズ
準備ができたら、早速、エクササイズです。
次の順番どおりにおこなって、くださいね。
1)青空と、木々の新緑の眺めが美しい、丘に立っていると思って、
ください。丘もグリーンの草がきれいに生えそろっています。
イメージしにくい方はウィンドウズXPに出てくる、緑の丘と青空や
アルプスの少女はハイジの家の近所?をイメージして
いただければOKです。(^^)
心地よい気温で、新鮮なきれいな空気に包まれています。
正面から、心地よい風が吹いてきます。体全体を、優しく、
包み込むように、流れていきます。
その風によって、心や体にある、ネガティブなものが、洗い流されて、
いきますので、それをしばらく感じていてください。
2)ゆっくりと、大きく、深呼吸をしてみてください。そこにある、
新鮮できれいな空気が吸い込まれ、心や、体に、染み込んでいくと、
思ってください。
そして、息を吐き出すと、心や体にあった、ネガティブなものが、
吐き出されます。
空気は、その丘、一帯で、木々の緑たちが、新鮮な酸素を、常に
つくりだしてくれていますから、新鮮さが絶えることはありません。
新鮮な空気を吸い込んで、心や体のネガティブなものを吐き出す。
これをしばらく繰り返していてください。
3 1と同様に、新鮮な空気に包まれているのを感じてください。
心が静かに落ちついてきたら、終了です。
シンプルですが、とても効果的で、私もよく使っています。
1から3までに移るタイミングは、自分で、満足したな、
移ってもいいなと感じたときでOKです。自分の心の声に、
耳を傾けてあげてくださいね。
これから、梅雨に入り、それが明けると、夏です。上手に、
心のバランスをとりながら、倦怠や不安定になりがちなこの時期を、
乗り切って、いただければと思います。
from 清水 三季央

この記事を書いたカウンセラー

About Author

恋愛・夫婦などの男女関係、家族の問題、アダルトチャイルド、仕事や対人関係、メンタルヘルスなど幅広いジャンルでカウンセリングとセラピー(イメージ療法とコラージュ療法)を行う。1万5千件以上の臨床実績と、高等学校教諭一種免許・産業カウンセラー・キャリアコンサルタントの資格を持つ。