腹式呼吸で

緊張してしまう時、
不安に襲われる時、
なかなか寝付けない時、
気分転換をしたい時、
リラックスしたい時に。。。
私達人間にとって呼吸というのは、一番大事なものかな、と思います。
もちろんよい食べ物、水も欠かすことのできないもの。
でも、呼吸はそれ以上に大切なものではないでしょうか。
普段は無意識的にしている呼吸ですが、ほんの何分間か呼吸ができないだけで私達は死んでしまいます?
また、緊張したり、体調が悪かったり、心配事がある時、私達の呼吸は浅くなります。
それくらい、呼吸というのは心と体に密着しているものなんです。
1.
できれば横たわって、できない時は椅子に姿勢良く腰掛けてください。
2.
出来れば目を閉じて、下腹に手をあてて、鼻からゆっくり息を吸い込みます。
この時胸ではなく、おなかが膨らむように吸い込みます。
やりにくい人はおへそから息を吸い込むようなイメージで、息を吸ってみて下さい。
  
3.
一旦息を止めて、今自分に必要な言葉を心でつぶやいてみましょう。
体調が悪い時は「私は健康です」、
不安な人は「不安はもう消えた」、
リラックスしたい人は「リラックスして気持ちいい」など。
そして、その状況をイメージしてみましょう。
  
ここでポイントはできるだけポジティヴな言葉をつぶやくこと。
  
4.
しばらくイメージしたら、鼻からゆっくりと息を吐きます。
出来るだけ時間をかけて。
  
そうしたらまた1.に戻って息を吸います。
これを最低5回、時間があれば10回ほど繰り返してみて下さい。
  
私達はしんどい時や落ち込んでいる時、こんな事をする気もなかなかおきないものです。
でも、騙されたと思ってやってみて下さい。
心が弱っている時は、まず体から、呼吸をする事で起きる変化を試してみて下さいね。
 
from 根本 理加 , Counseling Service
 

この記事を書いたカウンセラー

About Author

アバター

退会しました。