◇みじん切りの思い出

先日久しぶりに、ミートソースを手作りで作りました。
人参も、玉ねぎも、ピーマンも・・・。
全ての野菜をみじん切りにするんですよね。
ハンバーグにしても、みじん切りにしいる時にはいつも思い出す出来事があり
ます。
それは、小学校の低学年の時の事です。
私が1人で、家族の夕飯の支度をした初めての事だったのではないかと思いま
す。
学校で何を作ったのかは、もう、忘れてしまったのですが調理実習をやってご
機嫌だったんですよ。楽しくて。
嬉しくなった私は、母に夕飯は私が一人で作るって言って台所に立ったんです
よね。
それが、我が家のミートソースを一人で作るきっかけになったのです。
市販の粉末のソースを最終的には使うのですが、ちょっと我が家流にアレンジ
されていてとっても美味しいんですよ!!
ところで!
みじん切りって、あらゆる切り方の中で一番手間かが、かりますよね(^^;
そうです。
ろくに家事などやったこのない子供が、玉ねぎのみじん切りをして
いるところを想像してください。。。。
当然私は、長時間、まな板の上で野菜たちと格闘していたのです!!
学校で教えてくれる「みじん切り」って短冊状に切って、それを細長く千切り
にして、さらに、細かく切っていきますよね。
四角に四角に切って行く、硬い感じの作業が向かなかったんでしょうね(笑)
悪戦苦闘しながら切っていたのです。
なんで、今日はみじん切りばかりなんだろうかと途方にくれながら・・・。
(確か調理実習では、こんなにみじん切りではなかったんですよ。それに、皆
でやりますからね:笑)
かなり、時間がたってからお湯を沸かそうとでも思ったのでしょうか。
母が台所に現れ、「まだ切ってたの(苦笑)」と一言。
そして、短冊状ではなく、斜めの細い輪切りにしてから、千切りにして細かく
していきました。
その後が当時の私には感動的だったんですよね。
良く、みじん切りにするときに、包丁の先をまな板に固定して、ざくざくと細
かくしていく作業ありますよね。
(メールでは伝わり難いかもしれませんね。
しみません)
あれをやったのです!!
子供ながらに、お〜!!すごい!。
と思いました。
今思えばどうってことないことなのですが、そんなこと知らない私は先生が教
えてくれるままに、一回一回切っていたのですから。
こうして、新しい技術を手に入れた私は、正味2時間くらいかかったのでしょう
か、それでも、なんとかソースが出来上がりました。
その日以来、みじん切りをするときには、この光景を思い浮かべて。
いや、勝手に出てくるのですが。
この思い出と共に、調理しています♪
渡辺晴美のプロフィールへ>>>

この記事を書いたカウンセラー

About Author

アバター

退会しました。