お問合せカウンセリングサービスって?サイトマップトップページに戻る
 
Lecture.888-3

様々な過ぎてしまう心理(3)〜働き過ぎてしまう心理〜

講師:大門昌代

働くことは、私たちにとって大切なことですし、必要なことです。
ですが、働き過ぎて身体を壊したり、家庭をかえりみないとなると、問題となってしまいます。
働き過ぎて、まったく休まないというとき、そこには働くことで、感じなくていい感情があるのかもしれません。
私たちは、自分のことを悪いと思っていたり、価値がないと思っていたりすると、それを償い補うために、補償行為として働き過ぎてしまうことがあるのです。

Keywords
補償行為 ハードワーク 休めない 働き過ぎる 罪悪感 
私たちは「過ぎてしまう」ことがあります。
過ぎてしまうと、もれなく「やってしまった・・・」と罪悪感を感じるものですね。

今回の心理学講座は、そんな「過ぎる」心理について、いくつかお話しさせていただこうと思います。

今回は、働き過ぎてしまう心理についてです。

働くことは、素晴らしいことですし、私たちには必要なことであり、大切なことでもあります。

ですが、いわゆるハードワーカーと呼ばれる人たちのように、働き過ぎてしまうことがあります。

熱があっても、骨が折れていても、病気になっても、苦しくても仕事を休まない。
趣味や遊びには、見向きもせず、ただひたすらに働く。

働き過ぎて、健康を害してしまったり、家族と関係が悪くなる人も少なくないので、働き過ぎるというのも、一つの問題なのかもしれません。

働き過ぎる人というのは、働いている間は、感じたくない感情を感じなくて済むということがあります。

例えば、「自分は役立たずだ」というあまり感じたくない感情があるとします。
そすると、働くことで、役立たずだという感情を感じなくて済みます。
ですが、病気や怪我などで働けない時間があると、途端に「自分は役立たずだ」という感情を感じるはめに陥ります。
本当は、何らかの事情で働けなくても、役立たずでもなんでもないのです。

でも、役立たずな自分を責める気持ちが強ければ強いほど、休むということができなくなって、働き過ぎてしまうのです。

「自分は役立たずだ」という感情だけでなく、「自分は悪い人間だ」「自分はダメな人間だ」など自分を否定するような感情を感じないで済むように、働き過ぎている人もいます。

補償行為と言われる、ダメな自分を償うために、価値のない自分を補うために仕事をしていると、働かないではいられなくなるのです。

そうしていないと、ダメな自分、価値のない自分を感じてしまいますからね。

また、自分の感情だけでなく、「働いているときだけ、家族の不仲を見なくて済む」などのように、働き過ぎることで、何かから目をそらすというのもあります。

本当は、解決しなくてはいけない問題があるのだけれど、そこから目をそらすために、働いていると、やはり休むとその問題に目を向けざるを得なくなりますから、働き過ぎるということになるのです。

働き過ぎてしまうとき、仕事が補償行為になっていないか?を確かめてみてください。

もし、補償行為だけで働いているのであれば、働く動機を見直していく必要があります。

また、解決が困難だと感じて、目をそらせている問題があるのであれば、誰かの力を借りて、じっくり向き合ってみる必要があります。
何かから目をそらせていたり、向き合わないでいると、そんな自分に罪悪感をもちます。

そして、罪悪感を償うために、また補償行為として働くという悪循環になってしまいますからね。

>>>『様々な過ぎてしまう心理(4)〜飲み過ぎてしまう心理〜』へ続く


関連する講座へのリンク集
13.『埋め合せで手に入れられるもの』 〜補償行為〜
225.ハードワークの心理
512.弱点を補うより価値をみよう〜行動動機と目的の心理学〜
531-1.ハードワークに嵌まる心理〜ハードワークのもたらす問題〜
531-2.ハードワークに嵌まる心理〜無価値感がもたらすハードワーク〜
740-1.補償行為(1)〜ミナミの帝王に学ぶ補償行為〜
740-2.補償行為(2)〜悪い物を隠したくなる心理〜
この心理学講座をメールマガジン『まぐまぐ』で購読しませんか? (マガジンID:0000100067) サンプルはこちら
◆購読
◆解除
Powered by
まぐまぐトップページへ

●すぐに役立つ心理学が「耳」で聴けます!>>>ダウンロードサービス きくまる
当社のカウンセラーが各種講座で話したレクチャーの内容を録音。
講座の臨場感そのままに、時には笑え、または、胸がじーんと熱くなり、なるほど!と目からうろこが落ちる話が満載!

ダウンロードサービス きくまる

●カウンセリングを使ってみませんか?(初回無料電話カウンセリング/面談カウンセリング/電話カウンセリング有料コース)

カウンセリング予約センター>>>
   06-6190-5131 (受付時間:12:00-20:30/月曜定休。月曜祝日の場合は翌火曜日)

無料カウンセリングのご案内・・・90名以上のプロカウンセラーとの初回無料電話カウンセリング!
面談カウンセリング、電話カウンセリングセットコースのご案内
カウンセリングルーム(東京/大阪/名古屋/福岡/高崎/前橋)のご案内










●心理学講座をライブで体験!!(心理学ワークショップ)
心理学ワークショップ(東京/大阪/名古屋/福岡)で毎月開催中!
心理学ワークショップ

●取材・執筆・講演・研修・企画などのご依頼・ご相談は・・・
TEL:06-6190-5611/ FAX:06-6190-5612 / E-Mail(お問合せフォーム) よりお願いします。
※過去の雑誌・テレビ・ラジオ・講演会などの実績につきましては「会社案内ページ」にて紹介しています。
私達がお役に立てることがございましたら、ぜひ、ご相談下さい!

 
●リンクフリーですが、記事の無断転載を禁止します。  

 

>心理学講座の目次へ戻る<

■ カウンセリングサービス ■
カウンセリング予約センターTEL:06-6190-5131 :: TEL 06-6190-5611 :: FAX 06-6190-5612
〒153-0041 東京都目黒区駒場4-6-8 : : 〒564-0063 大阪府吹田市江坂町1丁目23-17-602
電話>月曜定休12:00〜20:30 :: FAX / E-Mail>無休24時間受付  collaborated by 神戸メンタルサービス(資) & カウンセラー養成スクール